小説のプロット相談掲示板

月桂樹の悪魔の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信

元記事を読む

月桂樹の悪魔の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信(元記事)

①月桂樹の悪魔の復活・・・の阻止。ですね。
この場合「月桂樹の悪魔」に覚醒したシュンを如何(いか)に暴走させないかとかになるのでは?
そうなるとシュンが主人公ポジ(もしくはラスボス)、正ヒロインはアヤカあたりにした方がいい気がしてきます。

それか『月桂樹の悪魔』の素質を持つ人間を複数人にするとかで
・『月桂樹の素質』を持つ人間を探し、場合によっては殺害
というクエストも組めます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3部作くらいにすると仮定しても、ざっくりエンディングまでのシナリオ・ラインを組んだ上で、ストーリ上必要な要素を含んだ③クエストと、
④あったらいいな程度のネタクエスト。
を選別したがいいかと。

・学校の闇(いじめ)の部分とかは④くらいの重要度だと思う。
====================
ちなみに、私もネタで考えたー(;´∀`)

②災害の真相をみつける
A、災害は「闇市」「政府」「テロ」の三勢力が合同で起こした人災だった。
目的は『月桂樹の悪魔』という能力者をどうにか生み出すため。

能力者の中に【予言者】が時系列⓪に覚醒していて、その【予言者】は不吉な予言をする。
1、世界が「太陽神(アポロ)の祝福」によって滅亡する
2、だが「月桂樹の悪魔」という能力者によって滅亡は回避される
3、「月桂樹の悪魔」の素質を持つ人間はいるが、まだ一人も覚醒しておらず、このままでは覚醒する前に世界は滅びる。

三勢力は世界を救う救世主『月桂樹の悪魔』を覚醒させるために災害を起こしたのだった。

そして『月桂樹の悪魔』の能力者は―————

==========================
こういうキミセカイ系なら三角関係ものーーー和樹とタクヤ二人に惚れられているヒロインが『月桂樹の悪魔』で、軍部側から「和樹」が。能力者(テロか闇市)側から「タクヤ」が情報を集め、二人がそれに到達する。
【ダブル主人公】モノって展開もありですけどねー。

それなら①世界を救い、ヒロインを救え!!ってできるんですが。

月桂樹の悪魔の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信

スレ主 アサヒ 投稿日時: : 0

月桂樹の悪魔を複数人にするのは盲点でした。
色々なアイデアありがとうございます!
ひとまずシュンをメイン主人公、アヤカをメインヒロインにしようと思います。

まだ、考えはまとまらない状況ですが…

『月桂樹の悪魔』は、全体三章からなる第一章の前編として考えています。
全体の話では、悪神であるリナを倒す話です。
一章は、第三次世界大戦に日本が入るまでの話。きっかけは都市直下型地震のテロによって。(月桂樹の悪魔が目覚めた事でのリバウンド)
二章は、前編が第三次世界大戦の各国の話
後編は突如現れた悪神リナの討伐
三章は、再度現れた悪神リナの討伐

話が飛躍してて意味が分からないと思いますが、どこまで書いていいのか、分からず…

これは、全ての話の最後に分かる事なのですが、一章に出てきているリナ(善神リナ)は人間ではなく、神です。リナの目的は悪神リナを倒す事です。カズキは善神リナが無意識に作り出したものです。

スレッド: 月桂樹の悪魔

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「月桂樹の悪魔」の返信一覧

他の相談依頼

たすけて想い屋さん。

投稿者 紫村果汁 返信数 : 4

投稿日時:

無感情者の悩みのレパートリーがすごく少ないです。無感情者は染谷香織の歌を聴いたあと、徐々に歌を聞く前の一番強かった感情が消えます。笑... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

マリーゴールド

投稿者 たかはる 返信数 : 5

投稿日時:

内容としては、生命倫理などの世界の諸問題を取り上げた、主人公成長系の作品にしたいです。 小説は読んだことも書いたこともないです。な... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

タイトル未定 ダークヒーロー誕生話

投稿者 そらまめ 返信数 : 2

投稿日時:

自分で読み返した際にどこか陳腐に感じてしまいました。 敵である「先生」の扱いはまだ具体案はない状況です。 趣味ではありますが厳し... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

小説のプロット相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ