リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜第2話 全4話で完結

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜の第2話

作者 mee(雨霧) 得点 : 0 投稿日時:



 薄く膜が張られたような、天幕を被った薄灰の天球が、まるで作り物みたいに見えた。
空の向こうを想像したことはない。自分の属する領域の外のことについて、興味を持ったことがいままでなかった。海の向こうの異国、知らない川の名前、この病棟の外のこと。

――あるいは、この病院の中のことですらも。
 
とても青くは見えない灰色の空の下、ヒトミと名乗る少女は白いガウンで立ち尽くしていた。笑顔だった。

「ねえ、エスパーさんはさ、どこの病棟にいるの?」

「……向こう。周りの人に、何かあの棟について聞いたことはない?」

「ない、けど」

 ヒトミは僕の指さす方を向き、わずかに頭を傾けた。
 真っ白いあの棟に、本当に覚えはないらしかった。
彼女の周囲に、あの黒いモヤは見えない。
――つまり、彼女はこの時点で、僕よりも長生きする人間だということだ。

「あんまり誰にでも声掛けないほうがいいよ」
「あっ、もー、そんな意地悪言わずにさ! どこの病棟なの?」

 ため口で話しかけてくる彼女を無視して、僕はそのまま中庭を直線に突っ切る。
色々なものを見ておきたいと思った。空や、海や、あおあおと茂る緑の葉、その香りまですべて。

「ねえってば!」

 答えようとは思わなかった。初めて会った少女と長話をしているほどの時間はもうないし――いや、でも、そもそも別に、誰か話したい人間がいるわけでもないんだったか。と僕は思いなおす。
 何がしたい――何を成して、自分は死にたいのだろう。死に際して、これから生きるために、僕に必要なものは何か。
 一通りそんなことに思いを巡らせて、ようやく僕は自分のしてきたことの意味を悟った。

 七日後に死ぬと告げた時の、同室の老女の顔。年近かった、たまに遊ぶこともあったタイチの浮かべた涙。お前は死神だと僕を罵った女性。そして、母親の顔。

 ――後悔しない過ごし方など、あるわけがないのだ。

 百年近くを生きた老人であっても、子供であっても、大人であっても、十九年しか生きていない僕自身でも。
 七日後に死ぬ。それが分かったところで、出来ることなど一つもないし、どう過ごそうと後悔はする。

「…………なに?」

 僕は振り返り、ヒトミに向き直った。
 何をしても後悔するし、どこへ行っても楽しくないなら。

「あっ、やっとこっち向いてくれた! いまね、ものすっごーく暇なの。この病院のこと、教えてくれない?」

「……僕もあまり知らないんだ」

「えー、だってエスパーさんなんだから、いろんなことが分かるでしょ?」

 ねっ、エスパーさん!
 と、ヒトミはもう一度笑った。十四歳の少女というのは、こんなに無邪気で誰にでも笑いかける人間だっただろうか。

 僕が十四歳のころはそうではなかった。小説の中の主人公たちも――あまり、そういう人間はいなかった、ような気がする。

「僕が本当にエスパーに見える?」
「見える! なんだかね、変な風なのが見えるの。あなたの周りに」
「…………それは、ひょっとしてくろいもや?」

 自分の手のひらを見る。その周囲には、ぼんやりとした煙が広がっていた。僕にまとわりつく死の臭い。ひょっとしてこれが――彼女にも見えているのだとしたら。

「……え?」

 ヒトミはきょとんとした顔でそう言ってから、大きく口をあけて笑った。

「な、なにそれー! 全然違うよ。なんだかね、金色っていうかふわふわっていうか……そういうのがみえた、ようなきがしたの」
「ような……気がした?」
「そう。本当に見えたわけじゃなくて、感じたっていうか……。あれっ、ひょっとしてエスパーさん、そういうの本当に見えちゃう方?!」
「いっ、いや、そういうわけじゃないけど……」

 僕は言葉を濁らせた。……だよな。そうそういるもんじゃないよな、こんな体質の人。

「ねえ、でもエスパーさんには、そういうのが本当に見えちゃうんだね?」

 ヒトミが、僕の瞳を覗く。
 白いガウン。大きな瞳。
 久しぶりに人と話をしたからだろうか、なんとなく……ふしぎなきもちだった。
 彼女の言う『エスパー』という言葉の響き。『死神』ではない。

「もしね、もし、あなたが本当にエスパーさんなら――わたし、知りたいことがあるの」
「知りたいこと?」

 自分に見えるのは、ただ人の死期――それも、のこり一週間で、死ぬか、死なないか。それだけだ。
 それだけだけど、でも大事な情報ではある。まあ、病院にいる重篤患者以外に、「少なくともあなたはあと一週間は生きられます」なんてわざわざ言われて、嬉しい人なんていないだろうけれど。

「ねえ、エスパーしてほしい人がいるの。その人の名前とか、考え方とか、あと……」

 ヒトミが考えるように首を捻る。

 ・・・・
「命のこととか、分かる?」

「……」

「名前は分からない。考えていることも分からない、でも」

 答えをする前に、僕は深呼吸して、考えた。いったい……どうするべきだろう?

 息を吸う。秋の香りが肺いっぱいに入る。

「喉乾かないか?」

 このわずかな時間のうちに、僕はヒトミの道楽に付き合ってやる気になっていた。
 いいじゃないか、彼女の望みをかなえてやれば、少しは満足な気持ちで死ねるかもしれないぞ?

 自動販売機に手を伸ばし、手持ちの硬貨をいくつか入れる。ココアと、緑茶。

「……ねえ、エスパーさん。お名前は?」
「運命」
「え?」
「運命。そういう名前なんだ」

 今更、僕は自分の名前を気に入った。まるで一目ぼれするみたいに。隕石が落ちるみたいに。
 ――さだめ。
 いい名前じゃないか、と笑って、僕はヒトミにココアを渡した。
この物語の目次へ

他の小説の第1話

初めまして、目鏡コノミです。好物はメガネ男子です!

作者 百模モモ 総得点 : 0

投稿日時:

「初めまして、目鏡コノミです。好物はメガネ男子です、よろしくお願いします!」

高校デビュー、大失敗しました。

遡ること、数時間前。

新しい制服に腕を通し、昨日切りに行ったばかりの髪を念入りにブラシでとかす。スタイリン... 続きを読む >>

文字数 : 917 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

深緑

作者 あすく 総得点 : 25

投稿日時:

「暑い……」
三国文月は、駅のベンチでぐだっていた。薄いTシャツ1枚に、ハーフジーンズというラフな姿。頭の帽子は海外の野球チームのイニシャルが縫い込まれている。
文月の座るベンチから見えるのは、むき出しの改札口とホーム。そ... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,499 投稿数 : 18 全話数 : 4話完結

魔王様はお困りです

作者 通り猫 総得点 : 6

投稿日時:

ここは魔王城。暗雲立ち込める魔界を統べる王の居城にして魔界を支える柱とも言うべき存在だ。魔界の空に浮かぶ浮島に堂々と建っていた。空に常時走る稲妻に負けぬくらい大きなため息がその謁見の間に響く。
音の主は魔王。かれこれ千年は魔界を... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,394 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ