リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜第3話 全4話で完結

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜の第3話

作者 うっぴー 得点 : 0 投稿日時:


 ヒトミの身体から黒いモヤが見えた。見間違いだと思いたかったが、何度、目を凝らせても見えた。
 ヒトミはあと七日間で死ぬ。
「……エスパーさん、私、実は七日後に手術なの」
 その手術はおそらく失敗に終わるだろう。それが運命だ。
「私の手術。成功するかな。エスパーさん?」
「……成功するさ。ヒトミは助かる。僕が保証する」
 本当のことを告げても彼女の気持ちを落胆させるだけで、何の意味もない。僕は嘘を付いた。
 その日、僕はヒトミの病気について、こっそりカルテを持ち出して調べた。犯罪行為だが、どうしても彼女の病気について知りたかった。
 そこでわかったのは、どうやら彼女の治療には莫大なお金がかかるらしいこと。お金が足らないために、ワンランク下に手術しか受けられないことだ。
 黒いモヤを消すことができるのか、試したことはない。だが、お金が手に入れば、もっと高度な医療が受けられ、彼女の命は助かる可能性がある。
 僕の命はあと6日間。僕は、この生命を彼女を救うために使うことにした。ヒトミは助かる。この予言を本物にするのだ。
 どうすれば、大金が手に入るのか? 人生経験の乏しい僕が考えられるのは、現金輸送車を襲撃することだった。確か、昭和の時代に三億円事件という現金輸送車襲撃事件が起き、未解決のままだったはずだ。あれと同じことをするのだ。
 その日、僕は病院を抜け出した。僕の命が終わるまで後、5日間。

他の小説の第1話

他人の男を盗った事は無いし他人の物を盗った事も無い~風評被害についての駄文~

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「聞いてみようか?泥棒したん?って」心なしか少し嬉しそうだ。どうやらこの国の人々にとっては《泥棒》と言うワードはとんでもなく心に響くらしい。
「お母さんが500円とったん?」お年玉の使い込み?そんなの判るわけないじゃない。そんな風評... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 345 投稿数 : 11 全話数 : 10話完結

お前は「どこへ」いく。

作者 Yu 総得点 : 0

投稿日時:

信号が青に切り替わる。
横断歩道をすたすたと歩く青年がもう一人のぼろぼろな服を着た青年の方を見て言った。
『なぁお前はさ、将来どうするん?』
そう告げると。聞かれる事を見透かしていたかのように
『知らん。とりあえず卒業するわ。... 続きを読む >>

文字数 : 1,311 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

作者 冷えピタ丸 総得点 : 0

投稿日時:

出会ったあの日も雨が降っていた。

もうすぐ小学校も卒業という冬の時期。時計の針が16時を過ぎていた頃、家に帰宅した僕はランドセルをひっくり返していた。ランドセルにも無い。筆箱の中にも無い。体操着入れにも無い。どこで鍵を無くしたん... 続きを読む >>

文字数 : 1,990 投稿数 : 1 全話数 : 4話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜の『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ