リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜第3話 全4話で完結

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜の第3話

作者 玉子 得点 : 0 投稿日時:


 二人、庭のベンチに座って。
「それで、誰のことについて訊きたいんだい?」
 渡したココアを、くぴくぴ飲むヒトミへ聞き直す。

 実際問題、それはとても重要な事だ。
 彼女が特別な部類なだけで、病院中に『死神』の名前は知れ渡っている。入院患者だろうが、看護師だろうが。それが僕を知ってる人ならば、近づく事すら難しいかもしれない。

 すると、ヒトミは飲み口から顔を離し、からからと笑いながら、
「それを言ったら、エスパーにならないじゃない」
「いや……だから僕には、名前なんて言い当てられないよ」
 それだけは、きっぱり否定しておく。
「……ただ、『命のこと』なら。少しは出来る、かも」
 普段から僕を苦しめる病気だけど、肯定できそうなのはそれぐらいしか無かった。

「そう……面倒臭いエスパーなんだね」
「本当だ」
 それは心の底から同意した。何なら、笑い飛ばしてしまったぐらいだ。

 しかし、
「……ホント、本当に。面倒臭い『エスパー』だよ」
 そんなヒトミの強調するような言葉が、妙に心に引っかかる。

「エスパーさん。エスパーさんは、いつもどういう気持ちで『命のこと』について話してるの?」
「どういう気持ちって……」
 意味が解らず、思わず茶化し気味になる返答に、
「いつも誰かに、誰にでも言っている時。それは『役立ててほしい』って思って、ずっと言い続けてきたんじゃないの?」
 それに対し、何かしら言い返そうとしたところで、ハタと止まる。
 ……何で入院したばかりのヒトミが、僕の普段の行動を知ってるんだ?

「『エスパーさん』、悔いを残さないで」
 しつこいぐらいに、僕を『エスパー』と呼び続ける。
 ヒトミは一度だって、『死神』とは呼ばなかった。

 ――翌日。「逆識さかしき運命さだめ」は、病院の庭で倒れているのを発見された。
 その傍らには、飲みかけの缶が二つ落ちていた、らしい。

作者コメント

どうしてこうなった、どうしてこうなった

他の小説の第1話

あなたの、本当に、欲しいもの。

作者 家節アヲイ 総得点 : 8

投稿日時:

 二択。

 行くか行かないか、食べるか食べないか、右か左か。
 人生において直面する、シンプルで、もっとも悩みやすい問題。

 大抵は、取るに足らないような二択をぼんやりと選択することが多いけれど、シンプルだからこそ、重要... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,042 投稿数 : 4 全話数 : 5話完結

わちゃわちゃお泊まり会

作者 ミナト川 総得点 : 0

投稿日時:

 とても気持ちのいい晴れた朝。
 一匹のウサギが、机つくえに向かってハガキをせっせと書いています。
 しかし、次の瞬間しゅんかん、書く手が止まりました。

 「う〜ん…… これでいいのかなぁ……」

 難(むずか)... 続きを読む >>

文字数 : 882 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

黒の箱庭

作者 羊色 総得点 : 0

投稿日時:

俺は如月陽介、今を輝く高校2年生だ。そして今幼なじみの新島翔かけるとともに古い洋館の謎を解かなくちゃいけない状況に陥っている。
明日までに解かなくちゃ依頼人に誘拐されてしまった友人の春川雅也が殺されてしまうらしい。
「翔、何か... 続きを読む >>

文字数 : 910 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜の『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ