リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜第3話 全4話で完結

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜の第3話

作者 mee(雨霧) 得点 : 0 投稿日時:



「命のことなら、分かる、と思う」

 命、あるいは死期のこと。寿命のこと。
 そのことに限っていえば、僕はどんな医者にも研究者にも負けない。

「ほっ、ほんとに? あっ、ココアありがとう」
「うん。分かると思う……なにを知りたいの?」

「運命」

「うん?」

 呼ばれたと思って返事をすると、あわてたようにヒトミは両手をぶんぶんと振った。

「あっ、違う違う! エスパーさんのことじゃなくてね。とある人の、運命を知りたいの」
「ああ、そういうことね。で、運命って?」
「死期のこと」

「……それなら、簡単だ」

 死期なら。いつ死ぬのか、そういうことなら。
 ”エスパー”するまでもなく、僕はいつでも見えている。
 ただ。

「死期なんて、伝えたっていいことないよ。長く生きられます、ならいいけどさ」
「そう? 近く死ぬかもしれないなら、教えてほしいって、そう思わない?」
「それは元気な人の思想だ。いざ自分が『死ぬ』なんて言われたら――それはただ、死神に出会った時みたいに、気持ち悪いだけさ」
「もーっ、やったこともないのに、そんなこと言わないでよね!」

 やったことあるよ。
 と大人気もなく言いそうになったけれど、僕は溜息一つで抑えた。

「じゃあ、わたしの死期は分かる?」

 ヒトミの不安げな表情が僕を覗き込んだ。
 けれどその顔の周りには、真白な髪の毛が揺れるだけで、黒いモヤは一点もない。
 なんて答えやすい問題だろう。

「本当に簡単。君は死なない。死ぬ気配も全くない。ここにいるってことは、いまは病気かもしれないけど、まったく命に別状はない」
「……ほんとうに?」
「本当。絶対に」
「でも私、黄金の光がなくなっちゃったの」
「黄金の光?」

 僕は眉をひそめて彼女を見た。彼女は、あっ、と口元をおさえる。

「……なんでもないんだけど……」

 ヒトミの髪の毛は、上から下まで真っ白だった。
 しかし瞳の色は赤くないので、アルビノというやつではない……と思う。
 当然カツラにも見えないし、この年でこの色に染めているということもないだろう。

「ほら、死なないって言われるのは嬉しいだろ」
「そりゃ、死ぬって言われるよりはね。でも、死ぬって言われたらそれはそれで、やりたいことってあるじゃない?」
「僕はない」
「嘘」
「君は何かある?」
「やっぱり、幸せになりたいかな! 逆にね、幸せでいられるのなら死ぬのなんて怖くないし、幸せでいられないのなら死ななくても怖いと思う」
「――なるほど」

 彼女の言葉はいまの僕の感情に分かりやすく響いた。
 たしかに――僕はそもそも幸せでいられないのだから――死ぬのなんて――・

「幸せね」
「……エスパーさん?」
「幸せになりたかったな」
「いま、そうじゃないみたいな言い方だね」
「その通りなんだ」
「うーん……あのね。絶対にね、そんなことないよ。ひょっとしたら今のこの一瞬はそうじゃないかもしれないけど、少なくともこれから先一週間は、幸せだと思う」

 これから先一週間?

「あっ、一週間先以上は保証しないんだけど」

 ――しかし、僕にはそこから先がない。

「……」
「あのね、これは分かるの。本当のことなの。私を信じてくれる?」
「分かるって?」

 ――あなたは絶対に幸せになれるってこと。

「……そう、ありがとう」

 どうしてか、ヒトミのその言葉を、ただの気休めだけの言葉とは受け取れなかった。
 力のある言葉だと思った。

「――じゃ、本番ね」
「本番って?」
「本当に診て欲しい人がいるの。ついてきて」

 そう言って、ヒトミはふわりと立ち上がりまっすぐに進んでいく。
 まったく勝手なことだ、と呟いて僕もその後を追う。
 一般の病棟に入るのは、実に十年ぶりだった。

 *

 ひそひそとかけられる声。不気味がるような声。驚くようなナースの表情。
 あまり気分のいいものではなかったけれど、ヒトミがときたま僕に声をかけながら進んでいってくれるので、あまり嫌な気持ちもしなかった。

 そして、一つの病室に辿り着く。

 ――似鳥 愛――

 個室らしい。
 ドアをあけ、ヒトミが入っていく。
 同じようについていこうとして、僕はちらりと見えた病室のなかの光景に、思わず目を見開いた。

「――えっと」

「ごめんね、驚いたでしょう?」
「あら、次はどんなお医者さんを連れてきたの?」
「ううん、今回はお医者さんじゃなくて――えすぱーさんなの! 運命が見えるんだって」

 そこには、ヒトミと全く同じ顔をした少女が座っていた。

「……えっと」

 少女は、ヒトミと同じ顔をしていながらも、それでも大人しそうな顔ダチだった。

「あら。青い帯が見えるわ」
「青い帯?」
「そう。あなたお父さん似でしょう」
「…………そうです」

 僕は不思議な気持ちになる。
 人の周囲に、他の人には見えないものが見える。
 それは――。

「――あのね、私を診てほしいの」

 そういわれるだろう、と僕は分かっていた。

 彼女の周囲には、今にも彼女を取って食らいそうなほどの、巨大な霧が蛇のようにとぐろまいていた。

「あなたの帯が紫色になったわ。すっごく不安そう。ということは」

 彼女はそこで一拍置いた。

「やっぱり私は死ぬのね」

他の小説の第1話

儀式(あの日から彼女は上履きを履かなくなった)

作者 ロミオ 総得点 : 2

投稿日時:

高三の時,僕はクラスのA子さんと仲良くなった。
僕とA子さんはよく一緒に帰った。
A子さんは僕にとって生まれて初めて出来たガールフレンドだった。

四月の下旬の風が涼しい夕方学校が終わって僕はA子さんと一緒に帰っていた。
帰... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,072 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

ボクの転生物語

作者 あすく 総得点 : 8

投稿日時:

 暗かった。
 一寸先も見えぬ闇の中だ。
 最初、ボクが感じることができたのはそこだけだ。
 少しだけ時間が経ち、目が慣れてきたと思ったころに、変化があった。
 暗い空間の奥の方に、何かが見えた。視線を集中すると、空間に負けな... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 4,408 投稿数 : 15 全話数 : 4話完結

初めまして、目鏡コノミです。好物はメガネ男子です!

作者 百模モモ 総得点 : 0

投稿日時:

「初めまして、目鏡コノミです。好物はメガネ男子です、よろしくお願いします!」

高校デビュー、大失敗しました。

遡ること、数時間前。

新しい制服に腕を通し、昨日切りに行ったばかりの髪を念入りにブラシでとかす。スタイリン... 続きを読む >>

文字数 : 917 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜の『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ