俳句添削道場(投句と批評)

お題『秋時雨』の俳句を作りませんか?(添削を依頼する)

添削依頼 更新順。添削・感想を書いた人の最新句が一番上に移動します。

不快なコメントを書かれたら?

コメント下に「この人をブロック」という赤いボタンがあります。このボタンを押すと、対象の人の書き込みがすべて表示されなくなりますので、ご活用ください。また管理者までご連絡ください。

秋風に雪降るごときボタンヅル

作者名 大浦美津子 回答数 : 1

更新日時:

プロポーズノーしか言えず扇風機

作者名 恵寿 回答数 : 4

更新日時:

扇風機季寄せ一気に冬と為す

作者名 新米 回答数 : 3

更新日時:

彼岸花母の笑顔が揺れている

作者名 恵寿 回答数 : 3

更新日時:

彼岸花母に手向けて風に揺れ

作者名 恵寿 回答数 : 2

更新日時:

扇風機君との恋を見守りて

作者名 恵寿 回答数 : 3

更新日時:

秋晴れの陸に置かれて廃れ船

作者名 大浦美津子 回答数 : 1

更新日時:

耳朶に触れマリオネットとなる夏夜の添削お礼

作者名 酔いどれ防人 回答数 : 1

更新日時:

鍬の柄にとんぼや羽を下向けて

作者名 輝久 回答数 : 2

更新日時:

蔓草の中に集いてすがれ虫

作者名 大浦美津子 回答数 : 2

更新日時:

未添削の俳句 添削をお願いします!

風鈴に乳呑児のうつ寝返りよ

作者名 いなだはまち

投稿日時:

駅の喧騒あの微笑あの笑声も春の夢

作者名 nico

投稿日時:

要望:厳しくしてください

扇風機の強に撃たれし徹夜の吾

作者名 IZMIN

投稿日時:

最新の添削 良い添削だと感じたら「いいね!」ボタンを押してください

孫平然祖母はそわそわ七五三

回答者 いなだはまち

添削した俳句: 孫娘もうすぐ可愛七五三

堀籠美雪さん
まだ、孫がおりませんので、可愛さの実感はないのですが、たぶん無責任にかわいいのだろうと想像し、ニンマリしています。

「孫平然祖母はそわそわ七五三」
上五、字余りですが、、。笑

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「ポロックのごとき野分の後の田よ」の批評

回答者 秋沙美 洋

添削した俳句: ポロックのごとき野分の後の田よ

根津さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

まず、「ポロックって何だ?」という疑問が。野分の後の田んぼを例えるのに使っていますので、荒れた・しっちゃかめっちゃか、そんな雰囲気をイメージしました。
一応グーグルで調べましたが、アメリカの画家が出てきました。
台風にやられた田んぼがポロックの絵画のようだなあ、という意味なんでしょうか。僕には分かりません。分かる人は分かるのでしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「新米を炊きて初心に帰らふか」の批評

回答者 秋沙美 洋

添削した俳句: 新米を炊きて初心に帰らふか

猫山竹さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

あーこれはいいですね。
どうやらこの人物には、初心に帰らなければなあと思った何かしらの事情がある。我々読者からすれば、一体どのような事情か分かりませんが、そこを想像したくなる魅力がありますね。
新米という季語を通して、この読み手の中にかつてあった初心を読者は想像する。何だかんだ不思議な句です。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「五連敗帰路に追い打つ秋時雨」の批評

回答者 秋沙美 洋

添削した俳句: 五連敗帰路に追い打つ秋時雨

カイさん、こんにちは。
先日頂いた質問の返事を書かせて頂きます。

>麻雀が分かる人にはハコテンでも意味が通じると思いますが、齧ってない人にはハコテンって何?みたいな事になるんではないかな?と感じましたが、秋沙美さんはどう感じますか?

これは、その人が何の為に、誰の為に俳句を詠むかで答えが大きく変わってくる質問だと思います。

そもそも俳句は散文、説明文ではないたった17音の詩です。その性質上、伝わらない人には絶対に伝わらないんですよ。誰にでも分かるように17音に収めようだなんて、無理な話なんですね。
ハコテンというワード、確かに麻雀を知っている人以外にはまず伝わらないでしょう。もしこれを俳句のコンクールに出して、選者が麻雀を全く知らなかったら、まあ目も当てられません。
けど賞に出すとかそういうのでなければ、伝わる人に伝わったら別にそれでいいじゃない。って思うんですよね。

麻雀を知らない多くの人にも共感して欲しいと思って詠むなら、「負け越しの」など平易な言葉で。ただその場合、平易な俳句にしかならないと思います。
「ハコテン」という固有のワードを使えば、麻雀を知らない人にはチンプンカンプンでしょう。が、麻雀を嗜む人だったら「あーそれは悔しかったね」と、きっと感じ取ってくれるのではないしょうか。
万人の共感を得られなくとも、誰かにグッと伝わる俳句が読めたら、それはそれで幸せな事だと思いますよ。

>「みなしご」は「孤児」と漢字があるのですが、なぜひらがなにしたのですか?

身も蓋もない言い方をしますと、「なんとなく」です。
「孤児」という漢字を読んだ100人の内、おそらく99人は「こじ」と読むと思うんですよ。もちろん「こじ」でも句を詠む事は可能です。
「逃げ足の孤児の猫をり冬あはれ」
「逃げ足の速きて猫の孤児や冬」
もしかしたら、こっちの方が句として整っているかもしれません。
でも僕は「こじ」よりも「みなしご」という語句により一層の哀れさを感じたんですよね。理由ですが…………何となく、です(笑
とにかく、なんとなーく「みなしご」という語句の持つ哀れさが、僕が見た光景にピッタリだと思ったんですね。

>この句の季語が分からないので教えてください。
「冬あはれ」がこの句の季語となります。ネットの歳時記には載っていませんでしたが…。
冬といえば動物たちが冬眠に入ったり、色鮮やかだった木々がその葉を落としたり、昔だったら十分な食べ物を得られずお腹を空かせたり…と、
冬って、色々なところにあはれが転がっている季節だと思いませんか。
そうした、「冬に抱くあはれの感情」といった意味を、逃げ足の猫と重ねた次第です。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「ポケットの手のいる時間冬隣」の批評

回答者 猫山竹

添削した俳句: ポケットの手のいる時間冬隣

鳥越暁様 いつも元気の出るコメントありがとうございます。感謝しております✨
ポケットという言葉、夢と想像が膨らむ、大好きな言葉です。ドラえもんの4次元ポケット、まどみちおさんの不思議なポケット、BUMP OF CHICKENの歌の中では彼女の左手をお招きするための幸せなアイテムになったり。冬隣の季語とポケットの組み合わせで来たる冬をポジティブに迎えられる事ができる、ほっこりできる素晴らしい句で大好きです。

点数: 0

添削のお礼として、猫山竹さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧2ページ目(最新の順)

添削依頼をする!(投句)

現在のお題『秋時雨』または自由。

コメントは3000文字以内に収めてください。
添削通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ