俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

薄氷踏みて久女の句碑仰ぐ

作者 ひろせならありす  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

杉田久女は、結婚により私の住む街へ移り住んだ方です。
恵まれた子ども時代を過ごしお茶の水を卒業した才媛にとり、田舎町での教師妻としての暮らしは思い通りにゆかないことも多かったかもしれません。 しかし久女は妻として母として、そして社会に関わりながら 俳句に情熱を傾けて生き、自らの情熱に翻弄されるように体を、そして心を病んでしまいました。
私が俳句を始めたきっかけは久女です。
毎年句碑のある寺で行われる久女忌には多くの人々が集います。

最新の添削

「薄氷踏みて久女の句碑仰ぐ」の批評

回答者 南風の記憶

ひろせならありす様、こんにちは。拙句の批評ありがとうございます。

この句は、実験的な意味合いで詠みました。普通なら、何かの始まりを詠む時は、「梅」より「さくら」の方が合っているのですが、あえて「梅」で詠んだ時にどのような変化があるのか、試そうと思ったのです。

私としては、「梅」とすることで、もっと奥深さが出せるのではないかと期待したのですが、他の方の批評を読み比べていただけると分かるように、開花時期はバラバラ。ここで読み手を混乱させてしまうということは、この取り合わせは良くなかったのかなと思います。

もう少し勉強する必要があるようです。ご意見、参考とさせていただきました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「薄氷踏みて久女の句碑仰ぐ」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

ひろせならありす様
こんにちわ。「久女忌」、今年も命日の1月21日盛大に、厳かに行われたのですね。お茶の水を卒業し、地元に戻ってからは、「女として、妻として、職業婦人として、母として」波乱万丈と一言ではかたずけられない壮絶な人生、、、。そんな中、格調高く、近代俳句の魁となり、今も受け継がれている、、。小説、テレビドラマにもなっているのですね。
*聖地の「気」を乱さぬ様、「薄氷を踏む」が如く、神殿を歩くように厳かに句碑に近づく。心静かに句碑を仰ぎ、振り返る、誓う、決意する、報告する、、、、。このような映像を浮かべ詠みました。素晴らしい句ですね。

点数: 2

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

うすごほり踏みて久女の句碑の赤

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

ひろせならありす様、はじめまして。拙句へのコメントありがとうございました。
御句ですが、「薄氷」と「久女の句碑」の取り合わせに、どこか危ういような儚いような繊細さを感じました。好句だと思います。

気になるのは一点だけ、最後の「仰ぐ」です。仰ぐは書かなくても良いということと、この三音分で何かできるのではないかと。

私も久女の句碑の写真を見てみたのですが、句が赤い文字で書かれているものがあり、印象に残りましたので、「句碑の赤」と添削してみました。

他にも、仰ぐほど高いことに驚いたのでしたら「句碑高し」、周囲の静けさを言いたいのでしたら「句碑しづか」等、まだまだやれることはあるかと存じます。いかがでしょうか。少しでも参考になりましたら、幸いです。

点数: 2

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「薄氷踏みて久女の句碑仰ぐ」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

ひろせならありす様

公魚の拙句、添削ありがとうございます。
傷むにしますと、即「劣化」と読まれてしまうと思いまして、痛むとしました。😅
鰓は、俳句っぽく「あぎと」と読んでいただけますと幸いです。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「薄氷踏みて久女の句碑仰ぐ」の批評

回答者 世良日守

句の評価:
★★★★★

ひろせならありす様

稚句に句評ありがとうございました😊
もう一年も前の蕗味噌の句ですが、確かにテレビで特集されていたのをみて作ったものです。

点数: 1

添削のお礼として、世良日守さんの俳句の感想を書いてください >>

「薄氷踏みて久女の句碑仰ぐ」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

ひろせならありす様

悲しい思いをさせてしまい、申し訳ございません。😅

共有された俳句は、読み手が自身のレベルで好きに解釈すべきものと思っております。
作者の意図と全く違う読みをされることもあり、それはそれでありだと思います。
そのことに対し、批判めいたコメントをする必要もないと思います。

ひろせ様の添削も同様かと思います。
作者は、イイねボタンを押し、お礼のコメントを送るのは、あってしかるべきかと思いますが、さらに添削に対しての批評を作者はするべきというのは、如何なものでしょうか。
共有された添削に対し、皆が批評してイイねボタンを押し合うのが、本来のあるべき姿かと私は思っております。

勿論、気持ちよく利用したいと思う気持ちは、皆様同様かと思いますので、私自身考えるところはごさいます。🙇

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「薄氷踏みて久女の句碑仰ぐ」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

ひろせならありす様

確認いたしました。
春一番の添削に始まり、襁褓の句で私に対する印象を決定されたかと拝察申し上げます。或いは、私を過去に遡り、私の人としての評価を決定されたかと存じます。
そんなに暇ではないですよね。😅

さて、お礼だけを述べたいこともあり、そのような場合、どうしても投稿されたどれかを選ぶ必要があります。
投稿もなければ、お礼すらできませんが。

御句の批評とのことですが、前後しまして申し訳ございません。
御句、事実をご報告されている感じで、私は詩を感じませんでした。
添削案はございません。
これが私のレベルですので、仕方ありません。

だったら、久女について調べてからコメントすべきと仰るのかも知れませんが、頓珍漢な批評をするより、黙っている方がよいと判断することもございます。
適当に、雛文(褒め言葉)張り付けることは好みませんので、悪しからず。

ひろせ様の「お礼コーナー」がございますと、そんな言われ方をせずに済むなかと思う次第です。

「添削道場」ですので、作者の意図を考えながら、私なりに添削やご提案をしておるつもりです。
自分自身の句力向上が、主たる目的です。
これは、自分勝手だとのことですね。

また、せっかく投稿されたのに、手付かずの句があることも一抹の寂しさを感じますので、できるだけコメントさせていただくようにしています。全てではありません。

また、ひろせ様が、どれ程の人格者でいらっしゃるかは存じませんが、例え私がご指摘の通りの「人間」だとしましても、他人を断じるような物言いは、如何なものかと思います。最近のSNSの風潮ですが。

また、御意に寄り添ったコメントになっていないとのご批判をいただくことを覚悟して申し上げます。
今後も利用なさるのなら、本サイトの機能を有効活用されては如何でしょうか。

私は、今後も投稿句を拝読し、もっと良くしたいと思えば、ご提案申し上げます。
頻度は、考えますが。😄

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

薄氷を踏みて久女の句碑のこゑ

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

ひろせならありす様
よろしくお願いいたします。

俳句を愛する者、俳句に対しての批評に遠慮は無用かと存じます。
どう感じたのか、何がたりないのか、其々のレベルで語り、他の人の批評に学ぶ。
そんな場でありたいものです。
私自身、俳句以外のことを申し上げましたこと、大変大人げなかったと反省しております。

さて御句、やはり仰ぐが説明的かと存じます。体言止めが詩を生み易いです。
うすらいと4音で読み、その音と聞こえないはずの声(が聞こえるようだ)を呼応させました。

添削案、参考になれば幸いです。🙇

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「薄氷踏みて久女の句碑仰ぐ」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

ひろせならありす様

アプリから「添削道場」を選択されたのなら、没句とか、余り句とか、皆さんに投げてみて、批評を仰がれたら如何でしょうか。

原作者は、 ひろせ様ですので、それを基にどこまで句を磨き上げられるかを皆で
寄って集って意見交換して、折角の句を生まれ変わらせてあげましょう!

いいね!だけ欲しい方や、批評を受けたくない方は、他の窓口へ投稿されているかと存じますので。

参考になれば幸いです。🙇

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

午前中に見舞ってくれし秋深き

作者名 田中喜美子 回答数 : 1

投稿日時:

お雛様皆で選びし良き楽し

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

初競りや三千万の握り喰ふ

作者名 めでかや 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『薄氷踏みて久女の句碑仰ぐ』 作者: ひろせならありす
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ