俳句添削道場(投句と批評)
そうりさんのランク: 師匠312段 合計点: 1,055

そうりさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

手袋で受け取る部屋のカードキー

回答数 : 5

投稿日時:

参拝の願ひに太る氷柱かな

回答数 : 6

投稿日時:

雪女無人駅より乗車せり

回答数 : 6

投稿日時:

寒椿地に落ちてなほ呼吸せり

回答数 : 8

投稿日時:

昨日の靴跡光る霜の庭

回答数 : 5

投稿日時:

そうりさんの添削

「ストーブの上でくつくつ昆布巻きや」の批評

添削した俳句: ストーブの上でくつくつ昆布巻きや

イサクさま
御句、、、景が立ちます。、、、、、が、、下五の「や」は不要かと。「昆布巻(こんぶまき)」でよろしいかと思いますが。

点数: 1

「人の気も知らず葉牡丹よう咲いた」の批評

添削した俳句: 人の気も知らず葉牡丹よう咲いた

秋沙美 洋さま
「手袋の句」、、、ご鑑賞ありがとうございます。
御句、、、坊主にくけりゃ、、、咲いた葉牡丹にまであたってしまう心情、、、でしょうか?「人の気も知らず・よう咲いた」、、、詠者の主観心情が句に出すぎていて「季語」を薄めているような、、、、。添削ではありません、、、。参考句を捻ってみました。「人の気を知らぬ葉牡丹茎立てり」、、、できる限り客観的にしてみましたが、、、。句意を損ねましたらご容赦ください。

点数: 0

「風花の頑張らないでと清く柔く」の批評

添削した俳句: 風花の頑張らないでと清く柔く

月野しづく様
こんにちわ。豊かな感性を感じさせる一句と存じます。しかしながら、中七、下五が字余りなので、声を出して読むとわかりますが、リズムが窮屈な感じです。
切れを入れ、字余りを解消した参考句を、、、、「風花や力抜いてと囁けり」、、、少しでも参考になれば幸いです。

点数: 0

「清き山白いうさぎと雪遊び」の批評

添削した俳句: 清き山白いうさぎと雪遊び

堀籠美雪さま
お孫様とのスキー、、、楽しみですね!「うさぎ」「雪遊び」とも季語で、季重りとなりますね。「山清し白いうさぎの戯れり」、、、として季重りを解消してみましたが、、。

点数: 1

そうりさんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ