俳句添削道場(投句と批評)
南風の記憶さんのランク: 師匠63段 合計点: 307

南風の記憶さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

赤い羽根地雷は一個五百円

回答数 : 6

投稿日時:

鷹の目の煌々ネオン褪せた街

回答数 : 4

投稿日時:

嚔して薄給の吾の愛国論

回答数 : 7

投稿日時:

ポインセチア色鉛筆のサンタかな

回答数 : 5

投稿日時:

白菜を剥ぐ古障子剥がすやう

回答数 : 3

投稿日時:

南風の記憶さんの添削

「少年の黙なり鮫の餌付けショー」の批評

添削した俳句: 少年の黙なり鮫の餌付けショー

そうり様、コメントありがとうございます。

そうり様も俳句生活「赤い羽根」複数人選でしたね。着々と力を付けられているようで、私もウカウカしてられません。

没句に関しては、私との比較というより、そうり様の他の句がより良かったのではないかと思います。また例の方については、あまり学ぶことに真摯ではない方だと判断し、受け流しています。俳句の良し悪しよりも、キャリアの長い短いよりも、何より学ぶことに真摯でいられるか。これを私は大事にしたいですね。

点数: 1

「柿落葉なほ鮮やかな色残し」の批評

添削した俳句: 柿落葉なほ鮮やかな色残し

 素一様、拙句へのコメントありがとうございます。

 単刀直入に申し上げます。少しでも俳句が上手くなりたい気持ちがおありでしたら、このサイトに句や添削コメントを投稿するばかりでなく、もっとご自身で勉強された方が良いかと存じます。
 今では「プレバト!!」の夏井いつき先生を始め、初心者向けに分かりやすく書かれた俳句の本がいくつも出版されています。読む時間がなければ、「プレバト!!」の俳句コーナーを数回分視聴するだけでも、勉強になると思います。

 ご自身で学んでからでないと、他の方から批評コメントをもらっても、たぶん腑に落ちない気がします。老婆心が過ぎるかもしれませんが、ご検討下さい。

点数: 1

「がたごとと空風さわぐ麺すする」の批評

添削した俳句: がたごとと空風さわぐ麺すする

 イサク様、お世話になります。
 オノマトペは本当に難しくて、よほど表現を工夫しなければ、その部分だけが悪目立ちしてしまいますよね。

 御句の場合、風が「がたごとと騒ぐ」という言い方はありふれているので、あえて書く必要はないように感じます。それよりも”どんな音だろう”と、読者に想像させた方が面白いと思います。

例1)空風の街揺らしけり味噌ラーメン
例2)空風の揺らす人波ラーメン屋

 いかがでしょうか。よろしければ、参考になさって下さい。

点数: 1

「石段を上るほど冬深まれり」の批評

添削した俳句: 石段を上るほど冬深まれり

そうり様、投句場所を間違えてしまいました。申し訳ありません💦

点数: 1

鷹の目の煌々ネオン褪せた街

添削した俳句: 石段を上るほど冬深まれり

俳句ポスト兼題「鷹」の練習として一句。小さいながらも煌々と鋭い鷹の目と、あれほど輝いていたネオンが褪せた街。人間と自然の対比を忍ばせたが……作為が過ぎるように感じる。もっと考えます(汗)。

点数: 1

南風の記憶さんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ