俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

横丁のもんじや焼き屋へ秋時雨

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつも通る道なので横丁というか住宅の並びにあるもんじゃ焼き屋さんです。
ご意見お願い致します。

最新の添削

「横丁のもんじや焼き屋へ秋時雨」の批評

回答者 おかえさき

こんにちは、すみません、ぬ の変換ミスです😓分かって貰えるとそのままにしました。
入選句は、実話です😅昔、中学の同窓会をやった後で、同級生で一緒に幹事をやった男性が夜中に非通知で何度も(家電だったかな~?)電話して来て…怖かったです!(下心があったのかも😫)
ちゃあきさんも高尾山登るんですか?こちらは信仰の山と言えば、おやひこ様です、昔登りましたよ!
また、よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「横丁のもんじや焼き屋へ秋時雨」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、おはようございます😐
お世話になります。
やはりこの句の是非は「へ」ですかね…
作者が、実際にお店に入ったことを、当然、思わせますね。
作者の行動が、"見えてしまう"のは、この場合、どうなのかなと…。常連客であることを、匂わせますね。
定型の「や」切れにしたら…
「横丁のもんじゃ焼き屋や秋時雨」
この方が素直に、ああいいね…もんじゃ焼き、食べていこうかな…という、雰囲気に誘われた感が出るのでは…?
「てにをは」の使い方、考えると面白いですね😉

また宜しくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「横丁のもんじや焼き屋へ秋時雨」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

ちゃあき様 こんにちは
お世話になります。
いつも通る道にもんじゃ焼きいいですね。
ちょっと寄ってみたくなりそうですね。
御句
切れを入れた方が良いかなと初心者の感想です。
提案句です。
横丁のもんじゃ飛び込む秋しぐれ
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「横丁のもんじや焼き屋へ秋時雨」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさんこんにちは。
貴句読ませていただきました。秋時雨の中のもんじゃ焼き屋さん!
風情のあるいい句ですね。
私は、ふた通り読めました。
ひとつは、作者自身がもんじゃ焼き屋に向かう途中に時雨に降られた場面。もうひとつは、もんじゃ焼き屋の屋根や看板にさああっと秋時雨がかかっている場面。どちらも風情を感じます。「もんじゃ焼き屋の秋時雨」もいいかなと思いました。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「横丁のもんじや焼き屋へ秋時雨」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

中七で切れが入る取り合わせの句と解釈します。となると季語が動くのかもしれません。そこで切れが入らない形に次のように。
”横丁の秋の時雨れるてもんじゃ焼き”

よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「横丁のもんじや焼き屋へ秋時雨」の批評

回答者 春野ぷりん

句の評価:
★★★★★

こんばんは😊ちゃあきさん♪
お世話になっております。よろしくお願いします😊御句、秋時雨の中、もんじゃ焼き屋さん行ったという句ですね。ひとり淋しく行かれたのかな?お友達と御一緒だったけれど、さびれたお店だったかな?など、想像しました。もう少し詩情を持ってこれると、などど提案句を私なりに考えてみました。上五を「横丁」ともんじゃ焼きのある場所にするのではなく
(ひとけないと読んで頂けると)
・人気ないもんじゃ焼き屋へ秋時雨
季語の意味と近過ぎたかもしれませんが、、、
またよろしくお願いします😊

点数: 1

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

「横丁のもんじや焼き屋へ秋時雨」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、こんにちは。
御句拝読しました。いいなぁ、もんじゃ焼き!
先の方々からいいご提案が出ていますが、私も置かせてください。

・秋時雨飛び込む角のもんじや焼き

ただこれだと、「秋時雨にあったので、雨宿りがてらもんじゃの店に飛び込んだ」と因果関係になりますね…。

飛び込まなくていいか。

・もんじゃ焼き店に入るや秋時雨

この「や」は切れではなく、「入るやいなや」の「や」です。

御句の中七の「へ」をどう捉えるか、それが問題!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「横丁のもんじや焼き屋へ秋時雨」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

今晩は、いつもお世話になります。
横丁いいですね!つい寄りたくなりますね~👍(一度だけ昔行った事が)
色んな意見が出てますが…私はこのままの「へ」が含みがあっていいと思います!寄るつもりじゃなかったけど、寄ってみようかとか…当然自分にも雨は降ってるけど、もんじゃ焼き屋さんの所がアップされてるようにも取れるし…ドラマを感じます✴
ポスト拝見しました、日常の些細な事を切り取るのがお上手だな~と思いました、私もぎりぎり…😅
高尾山って八王子だったんですね!
よくテレビで拝見していますよ、いい所ですね、
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋分と言ったその日の三十度

作者名 もるまみれ 回答数 : 2

投稿日時:

雪明り通夜の灯を弔へり

作者名 佐渡 回答数 : 2

投稿日時:

はらはらとふれゆく花野はるかなり

作者名 竜子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『横丁のもんじや焼き屋へ秋時雨』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ