俳句添削道場(投句と批評)
ダックさんのランク: 師匠5段 合計点: 132

ダックさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

大晦日佳きことをのみ残しけり

回答数 : 3

投稿日時:

波だけを描く人のあり冬の海

回答数 : 3

投稿日時:

大掃除ゴミは持ち越す大晦日

回答数 : 5

投稿日時:

ワンカップ転がる部屋やメリークリスマス

回答数 : 3

投稿日時:

冬の山鹿の声さへちかしけれ

回答数 : 3

投稿日時:

ダックさんの添削

「黒猫の目立ちて雪の駐車場」の批評

添削した俳句: 黒猫の目立ちて雪の駐車場

イサク様
こんばんは。いつも拙句にコメント頂き有り難うございます。特に「冬の山・・」に頂いたコメントは、全くその通りで、気分も言葉使い(文法)も見透かされてしまい絶句してしまいました。
御句。とても面白く、わたしも大きな嘘で(川柳を)作ってみました。
「白と黒喧嘩する猫雪の夜」
白猫は雪に紛れて、黒猫は闇に紛れて、見ている私には声しか聞こえない。漫画の一画面です。これはスルーしてください。

点数: 0

「客間より漏るる喃語や大晦日」の批評

添削した俳句: 客間より漏るる喃語や大晦日

げばげば様
こんばんは。「波だけを・・」「冬の海・・」「冬の山・・」等へいつも丁寧なコメントを頂き有り難うございます。自分としてはまだ初心者ですので文法/季語については間違いがたくさんあろうかと思います。特に季重なりについては、季語がありすぎてどれかひとつにするのは無理だろうとまで思うことがしばしばです。
ただここに投稿してご指摘頂く事はやはり有り難いことだと思います。
げばげば様の今年の私のなかのベストは
「新しき瘡蓋を剥ぐ八月尽」と「みのむしに好かれて部活行けません」です。すごいスピードで進んでおらるのを感じます。次のベストを楽しみにさせて頂いています。(私のレベルから言ったら失礼でしょうが、そこはお許しください。)

点数: 1

「大晦日今日も早寝の老夫婦」の批評

添削した俳句: 大晦日今日も早寝の老夫婦

なおじい様
こんばんは。「波だけを・・」にご提案句頂き有り難うございました。頂いた方がよいと思います。いつものことですが見直しするときに思い込みがあるのか全く気がつきいませんでした。
夏井先生の「俳句ポスト」「俳句生活」「一句一遊」、その他サイトに少し投稿して楽しんでいます。俳句人口の裾野の裾で、何時消えるかもわかりませんが。
御句。究極のわがまま生活の一端。無理に回りに合わさない生活。それが普通じゃないでしょうか。それでよいと思います。私の実感/希望そのものです。

点数: 1

「箒目を庭に残せり大晦日」の批評

添削した俳句: 箒目を庭に残せり大晦日

よし造様
こんばんは。「箒目を残す」なんて有名な庭しかないかと思ってましたが、ご自宅の庭で出来るなんて憧れます。
「箒目」がきれいなので私なりの類想句を作ってみました。
窓明かり箒目照らす大晦日  
箒目を立てて迎えるお正月
箒目の灯りに揺らぐ大晦日 

点数: 0

「仕事する時間変わらぬ冬至かな」の批評

添削した俳句: 仕事する時間変わらぬ冬至かな

なおじい様
こんにちは。「ワンカップ、、」にコメント頂き有り難うございました。
お礼をどのように書こうかと考えていましたら、「メリークリスマス」というのは全てに優先して響く言葉なのではないかと思えてきました。飲み会なんかで手当たり次第に「~に乾杯」とやる「~に乾杯」と同じ感じです。私はこれを下にいれたのですが、そうすると上にどの様な表現が来ても全て受けいれてしまう言葉だと思いました。8文字もあるので使いこなすことを考えなければ(字余りになっても気にしなければ)まるで「それにつけてもかねのほしさよ」に相当するのではないでしょうか。
ま、俳句とはならないかもしれませんが。
御句。句意は変わると思いますが、私なりに作って見ました。
残業に日暮れも知らぬ冬至かな

点数: 0

ダックさんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ