俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

紫陽花のぐにやり赤子の首のごと

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。
いつまでもUVとか日向ぼこの句のままでは申し訳ないので、お題で投句しようと。久々の投句なので緊張して考えすぎているうちにお題が更新されてしまい、あたふたしていました。
ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「紫陽花のぐにやり赤子の首のごと」の批評

回答者 ちゃあき

なおじいさん、こんばんは。紫陽花の拙句にご意見ありがとうございました。確かにハイヒール靴とは言わないですよね。(そこまで考えていませんでした)投句してから「竹垣に干す」が説明的かなとも思ったのですが、今の所ご指摘がないのでほっとしています。
なおじいさんのコメントはユーモアがあるので読ませて頂くといつも明るい気持ちになり元気が出ます。この道場には、なおじいさんのファンが大勢いますので、これからもじゃんじゃん投句とコメントよろしくお願いしますね!

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「紫陽花のぐにやり赤子の首のごと」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

なおじいさんに戻ってる!
コメント専門の時はちょっと舞踏会の仮面でもつけてた感じですかね?笑

なかなか、なおじいさんっぽくない(悪い意味ではない)句ですね。ぐにやりと赤子の首でちょっとばかしどきっとします。 

ただ、紫陽花の柔らかい鞠のなんとも座らない様子を赤子の首と例えるのはすごいと思いました。

紫陽花は赤子の首のごとゆらぐ

点数: 4

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花のぐにやり赤子の首のごと」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

おー!なおじいさんの投句!すげえうれしい。
卓鐘さんも来たし!また秋沙美さんとかよし造さんとか鳥越さんとか来たらいいのになあ。
先月の父母の写真の日経歌壇一席も見ましたよ。月イチくらいで入ってません?すごすぎる。

さて御句。赤子の首ととらえるの、さすがです!
倒置にして答えを後出ししつつ、しかも答えを言わないみたいな形も好きです。委ねすぎだと怒られることもありますけどねー。またなおじいさんと話できるといいなあ。

赤んぼの首のごとくに紫陽花は

点数: 3

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花のぐにやり赤子の首のごと」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

なおじい様
(直次郎様もカッコ良かったですよ。)
お久しぶりに添削頂けて嬉しいです。
その節は、たくさん、たくさんご指導頂き有難うございました。
お陰様で、まだまだではありますが
俳句生活、俳句ポストでは投稿すれば
何とか掲載はしてもらってます 笑😅
もう少し上手く詠めるようになりたいです。

蝶の句にもご意見有難うございます。
実際の投稿句は「初めての園バス」と変えましたが、初登園とハッキリさせて方が良かったですね!音数が合わず指を折々あれこれ考えていました💦
蝶々もバスについて行くのは大変ですね😅

御句。さすがなおじい様らしくよく観察されていますね!花が大きくなると重そうに茎がグニャっとなりますね。首の座らない赤ちゃんのように、恐る恐る赤ちゃんを抱き上げたことも思い出しました。

また、ご指導宜しくお願い致します。

点数: 3

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花のぐにやり赤子の首のごと」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

わぁーなおじいさんお帰りなさい!!
朝見つけたのに、今日はリハビリ、通院と…帰って疲れて昼寝したらもう七番目になっていました😵
皆さんに愛されているのがよく分かりますね~✴
早速の(一番目?)のコメントありがとうございます<(_ _)>
まだまだ未熟ですので、これからもよろしくお願いします。
でも、全ての方に愛があるなおじいさんなので…無理なさらずに😅
御句、流石の観察力ですね!確かにうん、うん…
私も前に作った紫陽花の句を推敲して、出そうか?どうしようか?と考えていたところでした😓
似て非なるもののような……
朝日俳壇まだ手元にあります、そろそろ期限かな~

点数: 3

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花のぐにやり赤子の首のごと」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんばんは。ずっと以前の句が出てきているのかなと思ったら新作だったんですねえ、すごくうれしいです!他の皆さんも大喜びですね。
また拙句の方へもコメントくださり、どうもありがとうございました。(自宅のパソコンからの参加なので返事が遅れてすみません。)
さすが、なおじいさんの鑑賞力は深いものがありますね。作者本人にはあそこまでの意図はありませんでしたが、逆に勉強になりました。<(_ _)>

御句。ちょっと強い雨に打たれた後の紫陽花なのでしょうか「ぐにやり」が効いてますね。手の感触が伝わって来るような表現がとてもいいと思います。
・紫 陽 花 や ぐ に や り と 柔 き 嬰 の 首 (嬰=やや と読んでください)
とかどうでしょうか?取り合わせになってしまいましたが・・・。
朝日俳壇2022持ってますよー。「薔薇」と「虎落笛」の句も読ませて頂きました。なおじいさん、すごいです!
また来てくださいね。よろしくお願いします。

点数: 3

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花のぐにやり赤子の首のごと」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

お帰りなさい🙇
他のところの入選拝見してます。
1年前のメンツが戻ってこられ
私も初心に戻り精進したいと思います。
御句季語の比喩ですが
赤ちゃんの首と見る感性は
なおじい様ならではと感心いたしました。
またご指導よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花のぐにやり赤子の首のごと」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。お久しぶりです。
懐かしいお名前を拝見して嬉しいです。
 若い方ばかりの中でもたついておりましたが、先の時間は短くなるばかりなので、もう少し頑張ってみます。
 宜しくお願い致します。

点数: 2

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花のぐにやり赤子の首のごと」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

なおじいさんお久しぶりです!
つちや海郷(旧土谷海郷)です。覚えてますか?
以前は大変お世話になりました。
戻ってこられたこと嬉しく思います。

御句
紫陽花を赤ちゃんのまだ座っていない首に例えるとは流石です。
リズムもいいですし、声に出して読んでも楽しい句です。
私としてはこのままいただきたいですね。

またお時間があったら是非来られてください。

点数: 2

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花のぐにやり赤子の首のごと」の批評

回答者 もんこ

句の評価:
★★★★★

なおじいさん
嬉しいです!

はじめまして、もんなと申します。
なおじいさんのことは、こちらの道場の方々のコメントから、皆に愛され尊敬され親しまれていらっしゃる方だと感じてました。

とても嬉しいです!
私は今年の1月から俳句を始めました。
昨年亡くなった父は俳句を愛していました。なので、私も俳句を学んでいくことが1番の供養だと思いまして。

紫陽花の句にコメントありがとうございます。
寡黙な人で、照れ屋の義父さまを思い出されたと。。
梅雨の時期に咲くということもあるのでしょうか、紫陽花はしみじみと思い出させる、そんな花のような気がします。

これからもどうぞ宜しくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

「紫陽花のぐにやり赤子の首のごと」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

再訪です。
七変化句コメントありがとうございました。
拙句の中七~はおうちdeようにかなり攻めました(笑)
提案句のほうが俳句とすっと入ってきます。
なおじい様には初心者から色々教えて頂き感謝しかありません。本当に嬉しいです。
今後ともご指導よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨晴れの水たまりうつす青い空

作者名 みん 回答数 : 1

投稿日時:

風薫るこころ清まる五十鈴川

作者名 乙姫 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

シャッターの連写の音やつばくらめ

作者名 いなだはまち 回答数 : 15

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『紫陽花のぐにやり赤子の首のごと』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ