俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

遠ざかる友の背中の花吹雪

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

鳥雲の詠み直し。
背中に、背中へ、背中を
背中のどうか?
助詞は難しい。
教えてください。

最新の添削

「遠ざかる友の背中の花吹雪」の批評

回答者 コウ

佐渡様

いつも有難うございます。
登園の句にも有難うございました。
不安気な顔でバスに乗り込みました。
よく乗れたな〜と
バスを見送った時の様子です。
佐渡様の桜吹雪の句にもヒントを得ています。
助詞の使い方迷うし難しいですね!
提案句も有難うございました。

また、よろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「遠ざかる友の背中の花吹雪」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

あの某助詞オタクたちが来て解説してくれれば・・・

「を」もイけますよー

・遠ざかる友の背を花吹雪せむ

下五の助動詞の着地は私のお遊びですが、
助詞「や」「へ」「を」は作者の意図で選ぶべき助詞ですね。どんな風景を出したいか。
自分で作るなら、私もかこ様と同じで「切れ」を入れるかも。

「に」も入りますが、避けた方がいいと思います。説明的、あるいは遠山の金さんみたいな映像になっちゃいます。

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「遠ざかる友の背中の花吹雪」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

遠ざかる友の背へ花吹雪かな

はどうでしょう。動きぐある、へ、を選択しつつ、冗長さを減らしたいです。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「遠ざかる友の背中の花吹雪」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
再訪です。

・遠ざかる友の背中に花吹雪
 「に」だと背中に張り付いてる感じ。金さんっぽい。
・遠ざかる友の背中の花吹雪
 「の」は「に」よりは広くなるのはなりますが、遠い景色から、友⇒背中⇒とズームあっぷしていくのが「の」というイメージなので、とても狭い範囲の花吹雪しか見えない、あるいは、背中までアップして、そして、という光景がせわしいというイメージ。
・遠ざかる友の背中を花吹雪
 「を」だと背中だけでなく、そこに空間や時間が生まれてくる。
・遠ざかる友の背中へ花吹雪
 「へ」だと動き。背中の方へ花吹雪が動いている感じ。まあ、そもそも花吹雪という季語に動きがあるので、「へ」である必要性は薄い。
 「や」だとカット切れ。去っていく友にずーっと映像。そして、カット切れて、花吹雪。最後は友が見えなくなっててもいいよねー、花吹雪だけが見えているという感じ。映像が持っていき方、花吹雪の余韻の残し方、これがベスト。
かこ乃さんととイサクさんの見せたい映像が「や」なのは、そこにあるんでしょう。花吹雪が活きますからねえ。

私は、そのどれも捨てて、花吹雪に「かな」を使ってみたらどうなる?という質問に答えてない提案がげばのパターンでした。友と花吹雪がともにある映像です。
助詞の先生卓鐘さんが来てくれたら最高なのですが、真似して書いてみました。助詞の意味、合ってるかしら、、だけど。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「遠ざかる友の背中の花吹雪」の批評

回答者 くまた

句の評価:
★★★★★

佐渡様こんばんは。
添削ありがとうございました。
葉桜は夏の季語ですものね。
少し早いかな?とは思ったのですが、あまりにも今日見た葉桜が
立派だったもので。
添削句 すごく参考になります。
ありがとうございました。

御句
ほんと俳句の助詞の使い方深いですね。
いっぱい俳句に触れて行きたいと思います。
今後とも宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、くまたさんの俳句の感想を書いてください >>

「遠ざかる友の背中の花吹雪」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

いつもコメントありがとうございます
イサク様、げばげば様から
コメントがあったように
助詞の師匠であり私の恩師でもあるあの方から
助言を頂きたい位ぐらいですが
勉強になる素晴らしい句だと思います。
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「遠ざかる友の背中の花吹雪」の批評

回答者 春野ぷりん

句の評価:
★★★★★

こんにちは😊佐渡さん
いつもお世話になっております。
「初虹や」の句にコメントありがとうございます。そうですね。その瞬間を、ドラマのワンカットのように詠めるよう、たくさん俳句を作って、日々勉強していきたいと思います。いつもありがとうございます😊

点数: 1

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

「遠ざかる友の背中の花吹雪」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

今晩は。

友の背中の動きと花吹雪をわざわざ助詞で関連付ける必要はないと思います。
” 友の背の次第に遠く花吹雪

花吹雪の景色が広がる中友が行くとするなら、
” 花吹雪友の背の次第に遠く

今後とも宜しくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

禍事よ明日へ続くな三日の夜

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

計算はPC頼み納税期

作者名 イサク 回答数 : 5

投稿日時:

ジェット機や雲の峰より高く飛び

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『遠ざかる友の背中の花吹雪』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ