俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

理を説く愚笑えや碇星

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

前投稿の『理を説く愚を赦せ碇星』を詠みなおしました。

最新の添削

「理を説く愚笑えや碇星」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。卯筒様、いつもお世話になってます。

御句、おっしゃる通りと思います。私は普段の星空でここまで思うことはありませんが、地方へ行って、よく晴れた日の夜に星がたくさん見えると、もう理屈はいらないと思ってしまいますよね。
とくに、もう兼題としては終わってしまいましたけど、天の川を見た時にはそう思いましたねー。

でも、星ばかり見ていても良くありませんよ。世の中には、道や理を説くより大事なことって、星以外にもありますからね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

霜柱老婆のごとく細い骨

作者名 めい 回答数 : 2

投稿日時:

いつか着るきっと着るよと衣替

作者名 おかえさき 回答数 : 3

投稿日時:

冬虹の端のはうほど濃かりけり

作者名 ちゃあき 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『理を説く愚笑えや碇星』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ