俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寒卵回して僕はくしやみした

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

谷川俊太郎へのオマージュ(になってるかどうか?)です。いま思いつきましたので何の推敲もしておりません。
よろしくお願いいたします。

最新の添削

「寒卵回して僕はくしやみした」の批評

回答者 かこ

ちゃあきさん、
金槌の句へ添削ありがとございました。実は
金槌の音の新年を起こしけり
金槌の音新年を起こしけり
で迷って前者にしたのですが、ちゃあきさんのおっしゃる通り後者の方がいいと考え直しました。ありがとうございます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「寒卵回して僕はくしやみした」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。くしゃみの句としてうけとりました!そうなると、寒の一文字に因果を漢字。

ゆで卵回して僕はくしやみした

これくらいがいいかなあ。この因果のない繋がり、めちゃ好きな句。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「寒卵回して僕はくしやみした」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再訪です。
こま爺さんの指摘、めちゃくちゃ響きました。「客観写生であり、一人称の物語である以上、モノを描写したい、僕は省ける。」本当にそう思います。
そういう意味では、二十億光年の孤独から来ている以上詩に近いのだとは思います。
一方で、俳句は詩なのだからこういう表現の俳句もあってもいいというのも思っています。だから好き句だったのでしょう。

「嚔」は季語になっていますが、人の動作を表す季語、そういう意味では、作者の行動だとしても俳句として成立することば。自分がする嚔という行動を客観視しているという意味だからおもしろい。

「僕」はどうだろうか。
最近一人称俳句ばかりに凝っている私としては好物でもあるのですよね。
(聖夜の灯アクリル板にうつる僕/生姜摺るわたくしを滅するやうに/ぼくんちの停戦の日のぶどうかな:げばげば)あえて一人称を詠み込むことによってできる何かを最近模索している感じではあります。

谷川俊太郎の詩のことは置いておいて、句単体で見ても
僕はくしゃみした
という措辞には、
くしゃみという言葉に、自分の存在を感じている句なんだと感じました。世の中のなかのちっぽけな自分がくしゃみすることで存在していると感じる。
そこに、因果のない卵を持ってくるところが詩的です。卵を回す行為は何を示すのか、動きだそうという自分なのか、僕のいる地球を回そうという意志なのか、また次の日が来るという意味なのか、手にある命のモチーフなのか。回したという行為とくしゃみに因果がない分いろいろ想像しちゃう。

ということで、いろいろ書きましたが、こま爺さんの指摘はほんとにそうだなあ、その指摘出るよなあと納得したし、ちゃあきさんの句はめちゃ好き句なのだということでした。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「寒卵回して僕はくしやみした」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

理由は説明出来ないのですが、最初面白いと思いました。コメント欄をあとで見て谷川俊太郎の詩はさっき読みました。
十分オマージュになっていると思います。
本来なら寒卵とくしゃみは、感冒をイメージさせるので近すぎますが、谷川俊太郎の詩がある事で卵を宇宙に見立てて、宇宙から現実へという構成を踏襲していていいと思いました。

点数: 2

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「寒卵回して僕はくしやみした」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

今日は。
イサクさんがコトよりモノを描写と添削されていましたね。くしゃみしたというコトに代わるモノはなに?
それと、俳句はそもそも一人称の物語、僕は不要ですね。

僕がくしゃみしたというよりは、くしゃみせざる得ないモノ、すなわち目の前のモノの情景を描写することは出来ないでしょうか。
参考までに。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「寒卵回して僕はくしやみした」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは。凡空です。
回し、ましたか。
御句について。
私のレベルでは、回す、と、くしゃみ、に意外性ありで、良いと思いました。

私も、回し、立て、陽にかざしたり、にぎったり、しています。^_^
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「寒卵回して僕はくしやみした」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

ちゃあくさん、こんにちは。いつもお世話になっております。
負の因果(*^-^*)、私もいつか決めてみたい!。本句も一瞬、良いなと思いましたが一瞬でした。寒卵とくしゃみ、何の因果も無いかと思いきや、両者ともに冬の季語。強く繋がっちゃいましたね。げばげばさんは寒卵をゆで卵に、では私はくしゃみを変えてみました。
・寒卵回して僕は寝ころんだ
谷川俊太郎へのオマージュならば僕は外せませんね。私は大澤誉志幸の「そして僕は途方に暮れる」オマージュかと思いました(笑)。今後とも宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「寒卵回して僕はくしやみした」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「僕はくしゃみした」という部分に詩がある!と作者が信じて出している句なので、尊重せざるをえないですね。
俳句としては季重なりの「くしゃみ」側に重さが行っているので、「寒卵」の必然性が消えました・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「寒卵回して僕はくしやみした」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

ちゃあき様

こんばんは。お世話になります。
冬ふかしの拙句にコメント有難うございます。主語がないので景が弱くなるんですね!
もっと物に寄った方が良いいですよね🤔
植物が自分を守る為の休眠に感動があり
詠みたかったのですが…
大変勉強になりました。
ありがとうございます。  

御句、拝読させて頂きました。
初読で下5のオチが面白いと思いました。
コメントを見て谷川俊太郎オマージュと
そこまで私には読めなくてすみません。
谷川俊太郎の詩はいいですね。
寒卵と生きるは響くと思います。
寒卵には苦戦中です。 

また、どうぞ宜しくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

不揃いの瞳の色ぞ雪兎

作者名 南風の記憶 回答数 : 4

投稿日時:

向日葵の種植ゑ祈る雪の果

作者名 鳥越暁 回答数 : 0

投稿日時:

指先をするりと抜ける氷柱かな

作者名 ドキ子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寒卵回して僕はくしやみした』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ