俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

芒きらきら新幹線が速すぎる

作者 つちや郷里  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今週から俳句ポスト兼題「芒」の結果発表が始まりましたね。
中級者以上コースデビュー作となったこちらの句は並選でした。

以前、西九州新幹線開業を祝し句をこちらのサイトに投句しましたが、この句は実際に新幹線に乗ったときの実感を詠んでみました。
今考えれば、新幹線から見ている景色なのか、新幹線自体を見ているのかわからないですね。
あとは素直に実感を書きすぎたかな。
「芒きらきら新幹線の車窓より」みたいな感じの方が良かったかな。

ひとまず中級者コースデビューで全ボツを喰らわなくてよかったです。
次回はもっと上を目指したいです。

最新の添削

「芒きらきら新幹線が速すぎる」の批評

回答者 なおじい

土谷海郷さん、こんにちは。
俳句ポスト中級者並選おめでとうございます!海郷さんのお名前を見つけて、ホント、「おっ」と喜んでしまいましたよ。

さて御句拝読しました。いい句ですねー。
この句の良さは、「これでは新幹線に乗っているのか、見ているのかわからんではないか!」ということではなく、「これなら、新幹線に乗っているとでも、見ているとでも読めますね♡」という点にあると思います。
要するに、光景の浮かぶ要素を提供して、あとは読み手の想像に任せるという、読み手もそれぞれに楽しく想像の世界に入っていける、佳句だと思います。いいなぁ。

型も、私であれば、

・芒きらきら速すぎる新幹線

とかにしたかも。しかし原句の「AがBである」という俳句としては意外な構成のユニークさが失われて、いかにも俳句的になり、面白くないかもしれません。
やりましたね、海郷さん!

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「芒きらきら新幹線が速すぎる」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。中級並選おめでとうございます!
初挑戦で凄い手練れの中で没でもなく月曜でもなく火曜に入るのは素晴らしいことです。入れない人もたくさんいます!

組長の月曜のコメントを見ても、車窓の芒は類想の束になっていたので、コメント欄の句だと月曜だったかもしれません。が、コメント欄の句の良さはどこに詠み手がいるかわかりやすいという点がよいですね。

選の句は速すぎるという言葉にオリジナリティをまぶせたところが良かった句です!掲載句の方が私は好きです。おめでとうございます㊗️㊗️

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「芒きらきら新幹線が速すぎる」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

土谷海郷さん、「盆の月」句へのこめんとありがとうございました
コメントのおかげで次句「稲妻」句での挑戦につながり配合の距離感の勉強になりました

さて本句ですが七七五の字余りですが上五の字余りによって、中下の「早すぎる」のスピード感がリズムとしてマッチしていると思います
「芒きらきら」の語感も景と相まって心地よい感じですし

個人的にはコメントの訂正句よりもこちらの方が動きがあって好きですね
落ち着きある読み方だと以下のような感じでしょうが面白味も何もないですし
・芒野や新幹線の車窓より

訂正句なしの感想コメントのみとなりますが今後ともよろしくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「芒きらきら新幹線が速すぎる」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
並選掲載おめでとうこざいます。

私も「車窓より」より掲載句「速すぎる」の方がよいと思います。すでに出ている類想の問題だけではなく、

◆「車窓より」は自分の行動の説明になっていて、風景をあまり補完してません。すでに「新幹線」ということばがあるので。
 「速すぎる」は新幹線の風景を補完しています。
◆車窓からではなく、新幹線を眺めている風景として読んで違和感がなく、どちらかな?という迷いはあまり気になりません。
 ちなみに私は「芒」と「新幹線」の二物としてとらえたので、芒野を通り過ぎていく新幹線を遠景で見ている風景として受け取りました。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「芒きらきら新幹線が速すぎる」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

土谷海郷さん、こんにちは。

御句について。

言われてみれば、コメントにあるような車外から新幹線自体を眺める風にも見えるのかも…、と思いながらも、私は初読から車窓の景と見ていました。字余りで用いた「きらきら」が、「速すぎる」と相まって効いているのではないかと思います。芒の群れが輪郭を失って光として目に入ってくる感じ。

「次回はもっと上を目指したい」とのコメント。…いやまあ、目指すのは結構なのですが、「次回」は目標として急すぎる気がします。げばげばさんのように中級2回目にして木曜秀作に選ばれる方も居れば、初の水曜佳作選までに季節が3回ほど変わった者も居る(私です)わけで、さしあたって、火曜以降に選ばれ続けること、くらいが、気の持ちようとしてはよいのではないかと。

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「芒きらきら新幹線が速すぎる」の批評

回答者 岩住涼太

句の評価:
★★★★★

土谷海郷さん、おはようございます。

御句を拝読しました。
個人的には新幹線に乗る楽しさが伝わってきて面白いなと思いました。勉強になります。

私は初心者で普段は感想しか述べていませんが、土谷さんが頑張って中級者としてデビューしていますので、私も頑張って添削句を書かせていただきたいと思います。

車窓から芒野の景色を楽しんでいますが、新幹線が速すぎてすぐに通り過ぎてしまうという、ちょっとした切なさが感じられる情景が浮かびます。その切なさをもうちょっと間接的に伝えようとすれば、
・新幹線に飛び越した芒かな

過去形にして「もう過ぎてしまったな」という気持ちを出したかったんですが、どうでしょうか?ご不満があったら、ごめんなさい。

次回作も楽しみにしています。

点数: 1

添削のお礼として、岩住涼太さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

丸ビルの一樹の灯る夜の秋

作者名 卓鐘 回答数 : 6

投稿日時:

サヨウナラまるちゃんあたしゃ寂しいよ

作者名 めい 回答数 : 10

投稿日時:

戦禍あり防寒具なき聖夜かな

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『芒きらきら新幹線が速すぎる』 作者: つちや郷里
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ