俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

湯めぐりの石段濡らす秋時雨

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「芋煮会やろうか…」には沢山のコメント有難うございました。確かに、今はまだやっていないので、鍋やそれを囲む笑顔、笑い声などの景はないですね。
作者の頭の中にしかありませんでした。勉強になりました!

本句もお題です。つい先日、とある温泉街を訪ねた時のことを詠ませていただきました。薄暗くなりかけた頃でもあり、いい風情でした。
ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「湯めぐりの石段濡らす秋時雨」の批評

回答者 葉月庵郁斗

添削ありがとうございました
遊び心の俳句楽しいと思います。
入選するかどうかは別として(笑)
天使の青がやっぱり無理が
ありました。しかも青林檎が
夏の季語とは知らなかったです。
やはりボツです。
またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「湯めぐりの石段濡らす秋時雨」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、「斑紅葉」句へのコメントありがとうございました
特に配合についてはまだまだ手探り状態で色々と至らぬところがあると思いますが、いただいたコメントで勉強させてもらっています!

本句につきましてはしっとりとした雰囲気が時雨が濡らす石段の艶にとてもマッチしていて風情を感じました
感想コメントのみとなりますが今後ともよろしくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「湯めぐりの石段濡らす秋時雨」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます。

御句。いいですね、せっかくあったまってる体を冷やさないように、浴衣来て小走りで、草履の音がカラカラ聞こえて、雨宿りで寄ったところで一杯のんだりしてね。
秋時雨だから「濡らす」が必要か省けるかという意見はでるかもしれませんが、このままでもいけそうですね。省くとしたら石段を描く?秋時雨?

湯めぐりの石段黒し秋しぐれ

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「湯めぐりの石段濡らす秋時雨」の批評

回答者 マサト

句の評価:
★★★★★

秋時雨の句の添削ありがとうございます。
ご指摘になるほどと納得しております。
見た光景ですので、青い傘に深い意味はありません。待ち人を想像すると…「うーむ」ってなりますね。私もオッサンですから(笑)
読み手によって感想が様々なのは当然だと思っています。
添削句の「傘一つ」はとても良い表現だと思います。これなら読み違えが生じないですね。
とても勉強になります。

御句の感想です。
露天風呂に入っている景が見えます。雨がぽつぽつと降って風呂の石を濡らしているのが想像できます。
素敵な句だと思います。
頑張りたいと思います。

点数: 1

添削のお礼として、マサトさんの俳句の感想を書いてください >>

「湯めぐりの石段濡らす秋時雨」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

なおじい様

いつも温かいコメント有難うございます。
実はこの句は悩んで自選ボツにしたく句なのですが、悩みと鰯雲が合わせられるのか不安でした。
合うと言って頂きホッとしているところです。

御句、拝読させて頂きました。
情景がありありと浮かぶ佳句ですね!
湯めぐりでまた濡れた体を温めたりして
憧れます〜
そして.宿でゆっくり呑めたら最高です 笑

また、どうぞ宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「湯めぐりの石段濡らす秋時雨」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

なおじいさん。添削ありがとうございます。私も迷いました。
短く降って、また、降るというのは、振り続くとは、ちがいますね。
自分の力不足を感じます。
もっと、精進いたします。
なお、私の病は、月に1、2度、何もする気がおこらず、床にあおむけになり、一言も発せず、ただ宙を向いているだけのときがあります。医者には、双極性感情障害と診断されました。でも、俳句に出会いその楽しさを知り、だんだん、寛解に向かいつつあります。が、突然
頭があがらなくなったりします。思考することさえ、できなくなります。
で、私は、こう考えました。
私は、正岡子規の苦しみがわかる、それは、強みだと。芭蕉も旅先で倒れました。
お布団の中でも句は、つくれるのだと。子規も同じです。なにも心配ない。大丈夫。ながながと、自分のことばかり、すみませんでした。なおじいさんも御身体に気をつけて、また、素晴らしい俳句を作って、勉強させて下さい。生涯勉強生涯青春!

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

「湯めぐりの石段濡らす秋時雨」の批評

回答者 いくたドロップ

句の評価:
★★★★★

こんにちは! いつもありがとうございます!

御句ですが、とても良い句と思います。意味もしっかり伝わりますし、湯巡りの石段にフォーカスしている部分も句の素材として良いなぁと思います。温泉に行きたくなりました。

ひとつ気になったところは、秋時雨と来たら言わなくとも、石段は濡れてそうです。
私なら、五七五のリズムじゃなくなりますが、
秋時雨の夜や湯巡りの石段
とかはどうでしょう。

点数: 1

添削のお礼として、いくたドロップさんの俳句の感想を書いてください >>

「湯めぐりの石段濡らす秋時雨」の批評

回答者 マサト

句の評価:
★★★★★

夜寒の句の添削ありがとうございます。
ご指摘の通り、藤田先生の型にチャレンジしました。本にも宿題と書いてあったので…。
上五に季語の「や」以外の切れという宿題に頭を悩ませました。なかなか思いつかず、できたのが「夜寒なり」です(汗)
こんな言葉で良いかな?等と思ってはいました。
それと犬の元ネタは迷子のチワワでした。
愛くるしいチワワが野犬に…(泣)私の力不足です。
添削句はとても勉強になります。
本を何度も読み返して勉強していきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、マサトさんの俳句の感想を書いてください >>

「湯めぐりの石段濡らす秋時雨」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

この形なら「濡らす」は省略したい派です!
濡れているのは「秋時雨」で想像できるので。

他の描写を置きたいです。
かといって才能ナシなのでよい三音が出てきません!

・湯めぐりの石段狭し秋時雨

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「湯めぐりの石段濡らす秋時雨」の批評

回答者 土谷海郷

句の評価:
★★★★★

なおじいさんこんにちは。

夜学の句へのコメント、添削ありがとうございました。
自分の経験を詠むときは、相手もわかってくれるだろうという気持ちではいけないと改めて気づきました。

御句
湯めぐりとはなんとも乙ですね。
長崎にも雲仙という温泉地があります。来られたことはありますか?
かくいう私は行ったことないんですけど(笑)

他の方のご指摘の通り「濡らす」と直接言わない方がいいかもしれませんね。
例えば「つるり」なんてどうでしょう。

・「湯めぐりの石段つるり秋時雨」
足を滑らせそうでちょっと危険かもしれないですね(笑)

いつも勉強になります。
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、土谷海郷さんの俳句の感想を書いてください >>

「湯めぐりの石段濡らす秋時雨」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

早速ありがとうございます<(_ _)>
前半の意味ですが、人の投句欄を利用して自分の句の添削依頼はいけないって意味ですね?
そうですね!裏取引みたいですね😓
恥ずかしくて、あまり公にしたくなくって…ごめんなさい😣
気がつけばの事ですが、その通りですね~まだまだ勉強不足です。
それと、最初は若きにしたのですが
過去形にした方が…と若し(わかしとも読みます)にしましたが過去形でもないみたいです.
まだまだです、俳句は奥深いですね
いいね!の事は少し前まで代三者が付けるものと思ってました😓
御句は他の方も言われてるようにしっとりとした温泉街の風情が出ていて素敵です!濡らすはあってもいいと思います。
いろいろお手数をおかけしました<(_ _)>

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

水鳥やけふはそこかと古き橋

作者名 あつこん 回答数 : 2

投稿日時:

白鷺も身づくろいせり畦の上

作者名 負乗 回答数 : 6

投稿日時:

風薫る国境なき池の坊

作者名 黒徹 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『湯めぐりの石段濡らす秋時雨』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ