俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

金木犀の咲く路で立ち止まる

作者 森本可南  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

自由律を好まないかたには、地雷でしょう。

最新の添削

「金木犀の咲く路で立ち止まる」の批評

回答者 幸福来々

コメント失礼します。

自由律も韻文なので、思わず読みたくなるようなリズム楽しさが必要です。
が、リズムとして面白味があるわけではないので、自由律が好きとか嫌いとかの問題はあまり関係ないかと。

句として鑑賞するにしても、「金木犀の咲く路で立ち止まりました。」という情報しかないです。
なので、金木犀を見て立ち止まったのか。
それとも、金木犀の香りで立ちどまったのか。
金木犀とは関係がないもので立ち止まったのか。
この辺はわかるように表現することは必要だと思います。

表現者として、理解できるように書くというのは最低条件で、読者に理解させた上で読者が共感する・しない、好き・嫌いが生まれるって感じです。

個人的には、このサイトの活用方法は人それぞれで良いと思いますが、せっかくいろんな素敵なものに反応するアンテナがあるようですから、それを共有してほしいなと素直に思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、幸福来々さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「金木犀の咲く路で立ち止まる」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

散文になってますね。とりあえず語順だけ変えてみます。

・立ち止まる金木犀の咲く路で

それから、他の方へのコメントですが、「走る雲」が季語と言うのは初耳です。
どちらの歳時記に載っておりますか?

木枯やひろ野を走る雲のかげ/森鴎外  季語:木枯
砂の如き雲流れ行く朝の秋/正岡子規  季語:秋

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「金木犀の咲く路で立ち止まる」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

再訪です。

自由律というなら

・金木犀に立ち止まる

でも同じ風景がではないでしょうか。
「咲く」は不要ですし、「立ち止まる」と言うならその場所は通過するはずだった場所。想起されるのは道っぽい場所でしょう。

自由律俳句は単に自由な文章(散文)ではないので・・・韻文(詩)として成立していることが必要です。個人的には定型より遥かに険しい道です。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「金木犀の咲く路で立ち止まる」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

鷹司さん!おはようございます。
同じような気持ちになる人いるんですね。
私も金木犀の前に立ち止まります。

同じ気持ちで作った拙句を置きます。

・木犀の前に佇み深い息

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「金木犀の咲く路で立ち止まる」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

鷹司様
はじめまして 宜しくお願い致します。
一筆の拙句にコメント有難うございました。
雲走るが季語と認識はありませんでした。
イサク様のコメントも見させて頂きました。

御句、拝読させて頂きました。
私も金木犀の香りは大好きです。近付いて香りに触れたくなります。

木犀の香につつまれあの小路

いつも木犀の咲く小路に今年も… 鷹司様の句意とは違うかもしれませんが^^;
また、よろしくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

木犀の香り伝いを歩きをり

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

初めまして、こんにちは
精力的に投句されてますね!
結局金木犀は香りですよね?
どなたかも言われてるように、香りを表現した方が…
私はどこから香るんだろうと、誘われて歩く様子を読みました。
「木犀の香り伝いを歩きをり」
これも平凡ではありますが…😓

点数: 0

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「金木犀の咲く路で立ち止まる」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

鷹司晶子さん、こんにちは。
御句拝読しました。ご自身のコメントに、「自由律を好まない人には地雷でしょう」となっています。
私は自由律を好みませんが、この句は自由律ということではないですね?単に五七五が七五五になっているだけではないですか?
地雷の意味がわかりませんが、できれば定型がいいと私は思いますので、ちょっと考えてみましょうか(それが地雷か?)。

・足止めて金木犀に包まれり

なんだか月並みだなぁ…。

・行き過ぎる金木犀のない道は

御句を逆さにしてみました。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「金木犀の咲く路で立ち止まる」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

こんばんは🙂初めまして。
ここは、"呼吸"が必要ですね。その匂いを知らない人もいるでしょうから…
私も大好きな匂いです!
「金木犀の咲く路や深呼吸」
とか…平凡ですが…
原句、自由律という訳でもないですね。

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

絵の如く土手歩む人秋日和

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

キゥイの実残る枯葉に隠れんぼ

作者名 秋恵 回答数 : 3

投稿日時:

梅雨晴やごめんいいよと仲直り

作者名 気まぐれ亭いるか 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『金木犀の咲く路で立ち止まる』 作者: 森本可南
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ