俳句添削道場(投句と批評)
幸福来々さんのランク: 師匠36段 合計点: 226

幸福来々さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

靴履くや死んだ冬蝿とおざけて

回答数 : 4

投稿日時:

母の手が老いて幾度の小春かな

回答数 : 7

投稿日時:

オレを焼き殺す寒晴の太陽

回答数 : 7

投稿日時:

君の手や夏の限りをつないだ手

回答数 : 3

投稿日時:

雪女恐ろし心音はしんしん

回答数 : 5

投稿日時:

幸福来々さんの添削

「春風や工事現場の話し声」の批評

添削した俳句: 春風や工事現場の話し声

『冬蝿』の句のコメントありがとうございます。

提案いただいた句を読んで、『とおざけて』は説明的でもっといい表現があるかもなと思いました。

さて、本句ですが。

草花の恵みを運ぶ『春風』と『工事現場』で、いい家が建ちそうだなー。なんて気持ちの良い春風なんだ!感じですかね。

詩が少ないというか書かれていることのそれ以上でもそれ以下でもないなと感じてしまいます。

原因は『話し声』にあると思います。
『工事現場』とあれば、声がするものだと思います。
声がしないなら描写すべきそんな場所な気がします。
例えば、工事現場の静寂とかですね。
なので、『春風』か『工事現場』をもっと描写する方がいいかもしれません。
例えば、「春風や工事現場のヘルメット」とかですかね。

材料を変えずに詩の量というか読者が想像するための余白を増やすとしたら、こんなのはどうでしょうか。

工事現場をゆく春風の話し声

点数: 1

「永き日のああコスパとかタイパとか」の批評

添削した俳句: 永き日のああコスパとかタイパとか

『冬蝿』の句のコメントありがとうございます。

私が伝わればいいなと思ったことの大体を鑑賞いただけて嬉しかったです。
これはもう私の俳句力ではなくめいさんの鑑賞力のおかげかもしれませんね(汗

過去の嫌な人物って、もう会うこともないのにトラウマになってるのかたまに回想されることがよくある(特に新しいものに触れる際に。。。)ので、それを『冬蝿』の風景と重ね合わせたという感じです。
動かない冬の蝿ですら存在感あるのに、死んでもなお存在感のあるなーと。

能書き失礼しました。

さて、本句ですが。
なんだろう。
不思議な鑑賞になりました。
個人的にはかなり俳諧味を感じました。

この句の言葉全部効いてるんですよね。
しかも、この音数がないとこの俳諧味は感じれないし。。。
詩もちゃんとあると思うし。。。
ホント不思議だ。。。

特に私この『ああ』が好きで。
ここでちょっと笑ってしまったんですよね^^;

・『コスパ』=コストパフォーマンス
・『タイパ』=タイムパフォーマンス(コスパの後出しで、初めてこの言葉聞いたとき、タイパもコスパの一部だろ!って突っ込んだ覚えがあります。)

なので、『コスパとかタイパとか』言ってるから埋めないといけない2音をまた無駄に使っている。
そこから、『コスパとかタイパとか』言ってる人物が明るい時間帯をものすごく無駄にしてるんだろうなーと想像が掻き立てられるからです。

映像がないものはすべて俳句ではないということなら、川柳だろうし。
そうでないのであれば、『永き日』という季語の一側面を描写していると言ってもいいだろうし。
『去年今年貫く棒の如きもの』とあるので、映像を持たない季語の一物仕立てってこんな感じになるのかなとも思えました。

ま。あと一つの読みとして、「永き日なんだからコスパとかタイパとかいってんじゃないよ」という読みもありますけど、そっちの解釈はあんまりだったのでやめました。

なので、個人的には『永き日』を「や」で切りたくなっちゃいます。

個人的には大好きレベルで好きです。

点数: 1

「地方紙にアスパラくるみ宅急便」の批評

添削した俳句: 地方紙にアスパラくるみ宅急便

コメント失礼します。

これもいい句ですね。
『地方紙』にくるまれたアスパラガスは美味しそう!
包装に使われた『地方紙』にもいいニュースばかりのってるのではないかと思えるような句だと思います。
また、身近な人に送ることがわかりやすい状況だと思います。

ただ、これは好き嫌いの話かもしれませんが、季語「アスパラガス」を略さす書いてほしいなと思いました。
また、「地方紙にアスパラをくるんで宅急便で送りました」をちょんちょんと切って575にしてる感じがするので、『宅急便』のせいで散文の匂いがしてしまってると思います。
他人のためでなく、自分のために『アスパラ』を『地方紙にくる』むことは少ないと思うので、むしろ『宅急便』をなくして、カメラワークをつけたり「アスパラガス」の描写につかったほうがいいのではと思いました。

今コメントを読んで、自分がくるんだのか誰かがくるんだのか問題なのですが、作品としてはどっちでもいいと思いますが、2つ例を挙げておきます。

●自分がくるむ・アスパラガスを描写
地方紙にくるむアスパラガス香る

●相手がくるむ・カメラワークをつける
地方紙の包装を解き(取り)アスパラガス

まぁ。
とにかく地方紙にくるまれたアスパラガスを見て、俳句にできると思ったセンスがいいですよね。

点数: 1

「仏の座今朝ユータ君死にました」の批評

添削した俳句: 仏の座今朝ユータ君死にました

コメント失礼します。

私は、いろんな句柄に挑戦される姿勢好きです。
『仏の座』は、春の七草のひとつ。
日本の本州、四国、九州に広く分布する。
湿地を好み、田を起こす前の水のない田んぼの中や周囲のあぜ道、土手などに多く生える。
また、若い葉を食用とする。

季語『仏の座』と『ユータ君』で、地域で飼っている野良猫(≒地域猫)の死を私は想像しました。
その猫は季語からまだ若かったのかなと感じました。
また、カタカナ表記の名前から、作者はそういう猫がいるということだけしか知らず、自分はその猫の名前を呼んだことがないような関係性のような感じがしました。
その猫が生きている時間が短かったからなのか、それとも作者があまり興味をもてなかったのかはわからないけども。
近所の人から『ユータ君』の死を聞かされてなんともならないような気持ちになる。こんな感じですかね。

ただ、なにかが死んだことと『仏』の字で、起こったことと季語の因果関係を感じるので、傍題の『田平子』を使う方がいいかもしれませんという提案だけしておきます。

点数: 1

「山茶花やわれの一夜を買ってくれ」の批評

添削した俳句: 山茶花やわれの一夜を買ってくれ

コメント失礼します。

『山茶花』は立冬の茶色が目立つ季節に鮮やかな桃色の花を咲かせますね。
現代のパパ活や援助交際に身を投じる若い女性を想像しました。
また、いい感情を持ってやってるわけではないことも想像できました。

ただ、絶叫にも近いこの『一夜を買ってくれ』の理由をあまり想像できず、鑑賞が難しところです。
『買う』とあるので自暴自棄なのか。貧困なのか。寂しさなのか。どうとも取れなくなってる気がします。

・買われるので、寂しさではない
・買えと言ってるので、「お金」が行動原理となっている
・買われた金がどうなるかわからない

これらの状況と『山茶花』で誘導されていると思える読みは、若い女性の援助交際が限度かなと思います。

個人的な意見なので、参考にならないと思いますが、花魁が抱かれるしかないことが何故悲しい・切ないと「私が」感じるかというと。
花魁はお話もしますし、酒も飲みますし、芸事もしますし、将棋などの娯楽も行うのに、もう抱かれることくらいしか客が金をださないという状況となっているからです。

一発目の欲求が一夜を買う(≒抱かれる)ことという花魁は少ないかと思うので、花魁とは読めませんでした。

点数: 1

幸福来々さんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ