俳句添削道場(投句と批評)
幸福来々さんのランク: 師範代9段 合計点: 85

幸福来々さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

朧月澄む風に煙草一服

回答数 : 1

投稿日時:

あの月は3405グラムの月

回答数 : 0

投稿日時:

手の腹に受けるこぶしや秋の空

回答数 : 3

投稿日時:

初恋や大きな傘をさす幼女

回答数 : 1

投稿日時:

まっ暗の秋の嵐や窓の音

回答数 : 2

投稿日時:

幸福来々さんの添削

千灯と真暗き水面風の盆

添削した俳句: 千灯といえど小暗き風の盆

コメント失礼します。

沢山の光があっても照らせない部分がある。
沢山の悼みでも届かない部分がありえるのではないか。というちょっと厳かな感覚を風景で表せていると思います!

『いえど子暗き』と説明するより、灯りの柔らかい光から真っ黒な風景に焦点を向けた方が情景を描けていると言えるのではないでしょうか。
水面である必要はありませんが。

点数: 0

「秋遍路行けども行けども地獄花」の批評

添削した俳句: 秋遍路行けども行けども地獄花

お久しぶりです!
「手の腹」の句のコメントありがとうございます!
ちょいちょい悠さんの句は拝見してましたよー。

まぁーだ続いてるから、最初で最後こういうコメントしますけど、私は悠さんの添削に対して不満だったり不愉快に思ったことありませんし、個人的に悪いと思ってないです。

句力がない人に発言するなと言いたい訳じゃなくて、他人の句を雑に批評してるように見えることをやめてほしいということですよね。

私もまだ初めて1年半くらいで、全然わからないことばっかりですけど、添削するときは、自分がどういう風に読ませてもらったか
を記載してるし、季語やわからない言葉はきちんと調べてました。
だって、初心者の自分が俳句作るとき、こういう情景伝えたいって思うから、いろんな言葉調べるし、いろんな季語も調べるので、初心者の人たちはみんなそれをやっていると思うから。
調べた上で私の読む力が無いことによって、句意を捉えきれなかったら、コメントしませんでした。
初心者は初心者なりの行動をとるってこういうことだと思います。

ここから下は悠さんのコメント欄汚すことになりますが、すみませんでした。

自分が言葉知らないだけの癖に、「いつも句が難しい」とか「この言葉の意味がわからない」というだけのコメント残したり。
勝手なイメージで決して良い側面ではない作者の人格をコメントに残したり。
これって添削なの?マジで何したいかわからない。嫌いとか嫌なら単純にコメントしてこないでほしい。単純に不愉快。他人の人格否定してる暇があったら、マジで勉強しろ。そういう人が粘着して、ここが荒れてるってなぜわからないのかわからない。

悠さんに初心者の私の句に、雑なコメントもらったことないです。
わからないことについては、沈黙してくれています。
私は、「個人的に」悠が可哀想だと思っている立場です。

大体いい大人が集まってんだから、ジャイアン理論を振りまくようなサイトになんでなってんだよ。
って思ってますw

点数: 2

「放れ犬リードを供に花野駆け」の批評

添削した俳句: 放れ犬リードを供に花野駆け

「手の腹」の句のコメントありがとうございます。

お久しぶりです。
実家で飼っていた犬もこんな感じでした^^;

「寒犬」は冬の季語ですよ。
作ってみてはどうでしょう。

点数: 1

「大男の怖さは雷鳴の怖さ」の批評

添削した俳句: 大男の怖さは雷鳴の怖さ

不意の大きな存在感に本句みたいに思うことあります。

点数: 0

幸福来々さんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ