俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春立ちてチヨコの売り場の拡がりぬ

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句に沢山のコメント有難うございました。フェイスシールドと鬼の面の関係がわかりにくいというご意見が複数ありました。実は、鬼のお面がフェイスシールドみたい/代わりになるというような意味でした。
本句は、昨日までの鬼打ち豆はもう下げられて、華やかになったお菓子屋売り場の光景です。ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「春立ちてチヨコの売り場の拡がりぬ」の批評

回答者 かぬまっこ

なおじい様にチョコをあげたい、かぬまっこです。

「曇天や」の句にコメントありがとうございます。勉強になりました。

春立つやチョコの売場の広がりぬ

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春立ちてチヨコの売り場の拡がりぬ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
再訪失礼します!

ルービックキューブコメントありがとうございます!
なおじいさんのおっしゃる通りで、どちらもちょこっといいことだから、もう少し意味を話した方がいいのでは?ということで、完成せず置き去り、この提案めちゃいいです😆ありがとうございます!
どちらもちょっとイイこと、これをイサクさんは取り合わせの即きすぎとおっしゃっています。季語から即、近いところにある発想のものと合わせるとイマイチだよという指摘です!
取り合わせる場合は、季語と無関係なのに、なんだか響き合う、を求めたいので、なおじいさんの提案の方が、グッときます。何かを置き去りにしたまま春が来てしまうような、終わっていく冬とまだ未練のある冬と、、。

なおじいさん、いつも悔しいと言っていただいてありがとうございます!道場ですし、ライバルという気持ちもあります。一方で、先になおじいさんやみなさんが残してて、自分の考えたことと同じだったときは、むしろうれしく思います!気になる点は同じなんやなあ、鑑賞や作句の方向性もまちがってないのだなと。
俳筋力は作句と鑑賞の両輪で身につくということをよく聞くので、自分なりの指摘点を考えて、それがかぶったときは悔しくもうれしいです。
いつもありがとうございます😆

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「春立ちてチヨコの売り場の拡がりぬ」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・添削ありがとうございます。素直に詠めば「逃げ去る」の方の添削句になると思います。なおじい様のところは鬼はいないと思いますが、私のところはもう鬼が戻ってきている気配がありますね。
御句・・説明的になっているのは、上五の「て」ではないでしょうか。語順を変えれば、説明感は薄れると思います。

チョコ売り場倍に広がる春立つ日

点数: 2

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「春立ちてチヨコの売り場の拡がりぬ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます。

御句。チョコの季節が来ましたねー。私は最近甘いものを控えているので、昔ほど甘いものだ、やったーとはならなくなってきましたw
作りが、
「立春が来たので、チョコの売り場が広がりました」という報告形になっていて、
立春が「2/4」なので、「2/14」が近づいてきたというカレンダー的に読めてしまうのがもったいない気がしました。
立春のチョコの香りの売り場かな
こんな感じはどうでしょう。それでも、立春だからチョコの香がするのだというつながりは多少あります。
デパートにチョコの香ほのか春の風
これくらいなら気にならなくなりました。いかがでしょう!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「春立ちてチヨコの売り場の拡がりぬ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

先に出ておりますが、報告の形が気になります。
特に下五の「拡がりぬ」がたぶん説明的なのではないかと思います。
句材として「風」を持って来て

・春立ちてチョコの売り場に風とほし

などどうでしょう。

追記です。某御方へのコメントから引っ張ってきました。

>どちらもなんだか「ちょっといいこと」という感じ
>それではもはや面白くなくて、
>逆説でつなげる方が味わいが出るのではないですか?

「逆説」というわけではありませんが、なおじい様の練習中の「二物とりあわせ」とは、まさにそういうことがポイントだと思います!

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「春立ちてチヨコの売り場の拡がりぬ」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。今日もコメントありがとうございます。季語が生きていないの意味がよく分かり勉強になりました。
御句。感想は他の方の意見とそう変わりはないと思いますので提案句だけ・・・
・立春や女性許りのチヨコ売場

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「春立ちてチヨコの売り場の拡がりぬ」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、おはようございます😊
「朝青龍」と「豆掴み~」の拙句へ、コメントありがとうございます。
やりきれぬ思いは私にもあり、「豆で打ちたや世の鬼を」は、かなりの実感ですね … (しかし、身近な誰彼ではないですよ…😉)
出口大仁三郎ではないですが、''福は内、鬼も内''といきたいところですね…(笑)

さて御句、一読の感想ですが「春立ちて」~「拡がりぬ」が少し冗長に感じられなくもないです。
「立春や」と切った方が、良くないですか…
句意は、分かりやすいです。

「立春や売場一新チヨコの山」
とか…(三段切れっぽいですかね…)

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

庭先にぽつんと一輪鬱金香

作者名 鰐渕颯 回答数 : 2

投稿日時:

感想戦これも負けたり草の餅

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

秋しぐれ背より濡れし鎮魂碑

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春立ちてチヨコの売り場の拡がりぬ』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ