俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

カアカアと俺に用かい寒鴉

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

前句「花の生涯」にはコメント有難うございました。花は桜のこと、そして「花の生涯」に過ぎた栄光の日々を、枯葉に現在の自分を重ねたつもりでしたが、表現力不足でした。
本句は一昨日の実景です。何か私に呼びかけているような気がして…。ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

寒鴉カアカア鳴くは用有りて

回答者 翔子

なおじい様
何だか変な句にしてしまい、すみません🙇添削本当にありがとうございます。変な句ばかり詠んでお恥ずかしいです💦今度、俳句教室に通います。上達すると良いなあ…💦

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「カアカアと俺に用かい寒鴉」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・添削句ありがとうございます。俳句は現在を詠むという発想から言えば、添削句の方が優れていると思います。
御句・・げばさんの感想と同じです。俳句は捻るものではないという見本です。今は頭で作り過ぎます。なおじさんの詩心は十分感じます。ちなみに、私が俳句をやりだしたのは、死刑囚の俳句「秋の暮蠅といっしょにお茶を飲む」?に感動したからです。

点数: 2

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「カアカアと俺に用かい寒鴉」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます。

御句、力が抜けたいい句だと思います!
鴉は鴉でも寒鴉は、寒い寒い餌も少ないそんな中を生き抜くイメージで、世知辛い世を生きる俺に呼びかけてきたようなカアカア。あえて俺と口語的に詠んだのもよいように感じますねー😆

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「カアカアと俺に用かい寒鴉」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

なおじい様
こんにちは、はじめまして。鴉は賢い鳥なので、もしかしたら本当になおじい様に話しかけていたのかもしれませんね🍀✨九官鳥は人の言葉の真似だけですが、鴉はもう少し高度な頭脳の持ち主で、人や他の動物の声真似もしますし、胡桃を電車に割らせたりもするそうです。(調べた事を並べてみました🙏💦)それから、添削ありがとうございます。嬉しく思います😊出来ればまた、宜しくお願い致します🙏今日は俳句を三つ詠んだのでこの辺で失礼しようと思います。

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「カアカアと俺に用かい寒鴉」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

初読では「カアカアと」に説明感を感じました。

が、そういう句ですね。上五中七が自分のセリフでした。
このままいただきたいと思います。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「カアカアと俺に用かい寒鴉」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

いつも優しいアドバイスをありがとうございます。冬の虹~の提案句はとても気に入りました。最初は「両脚」にしたんですが、どうも気に入らなくて「両端」と変えて満足してしまい「足元」までは思いが至りませんでした。句として、柔らかい響きになりましたね。次回もご指導よろしくおねがいします。御句は、上五がいま一つ物足りないような気がします。鴉はカアカア鳴きますものね。う~ん何だろう?なおじいさんは、カラスが何と言って呼びかけてる様に感じたのでしょうか?例えば喧嘩売ってる様に感じたとか、からかわれてる様に感じたとか。また「俺に用かい」という なおじいさんの言葉も取り様によっては売られた喧嘩を買おうとしてるようにも見えるし・・・「僕に用かい」に替えてみると「カアカア」のイメージも変わりますよね。この辺りにヒントが有りそうな気がします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「カアカアと俺に用かい寒鴉」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんにちは😊
いつもコメントありがとうございます。
「俺に用かい」の口語体、軽くて面白いと思います。
「カアカア」のオノマトペがありきたり過ぎて、どうかな?と思いましたが、かえってぶっきらぼう味があって、良いのかなとも思いました。

また宜しくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「カアカアと俺に用かい寒鴉」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
いつもありがとうございます。
拙句「霜」では、日頃の暮らしぶりがバレバレでしたね!
 やはり、春はあけぼのから始まって、せっかくの情緒を損することになりますね

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

「カアカアと俺に用かい寒鴉」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 おはようございます。
いつもありがとうございます。
拙句「霜」については、お題を詠むには、やはり季語を際立たせるようにするべきなんですね。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

寒鴉見つむ我が手のメンチカツ

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

寒鴉が物言いたげにしつこく鳴いてくる…というのは光景として共感出来る物があります。
ただ、「カアカアと」この上五が寒鴉の動作を説明しているように見えて、少し変えたくなりました。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋灯下ひとり無言の轆轤の座

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

一山を統べるがごとく滝ひびく

作者名 よし造 回答数 : 5

投稿日時:

かぶりつく妣の嫌いなトマトかな

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『カアカアと俺に用かい寒鴉』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ