俳句添削道場(投句と批評)

春亀さんの添削最新の投稿順の3ページ目

「朝ぼらけ西に余寒のお月さま」の批評

回答者 春亀

添削した俳句: 朝ぼらけ西に余寒のお月さま

こんばんは。
二句の添削、ありがとうございます。
花粉団子が応援団のポンポンに見えてきてクスッとしました。

余寒という季語が、澄んだ空気と暖かさの両方を伝えてくれますね。春はあけぼのとはよく言ったものです。朝ぼらけの中、薄くなってゆく月も優しく感じられました。

点数: 1

「公魚のてんぷら桜塩はらり」の批評

回答者 春亀

添削した俳句: 公魚のてんぷら桜塩はらり

こんばんは。
思わずお腹が鳴りそうな、旬のものを頂きたくなる句ですね。はらりとかけた桜塩が、香りを一層引き立たせてくれました。

点数: 1

「試合果つ白球のごと月見草」の批評

回答者 春亀

添削した俳句: 試合果つ白球のごと月見草

初めまして、南風の記憶さま。

山際の句への添削、批評ありがとうございました。
吹けばと直接表現すると、感触と共に若草や萌え出た新芽の香りも届くようですね。とても参考になりました。

白球は様々な物に例えることができると思いますが、その中で月見草を選んだセンスに感嘆しました。野村監督に、合掌。

点数: 1

「公魚の素肌に透くる水心」の批評

回答者 春亀

添削した俳句: 公魚の素肌に透くる水心

連投失礼します。
布団の句、添削ありがとうございます。
リフレインもいい感じですね!
句のイメージに合っていてほんわかしました。

点数: 1

「公魚の素肌に透くる水心」の批評

回答者 春亀

添削した俳句: 公魚の素肌に透くる水心

こんばんは。
虎落笛の句への提案ありがとうございました。
同じ季語を使った他の句はやはり勉強になりますね。紹介して頂きありがとうございます!

水心の是非とのことですが、私は魚心(公魚)あれば水心のイメージが強く感じられ、透くるとなるとパッと見で下心が透けてるかのような捉え方をしてしまいました。公魚と云えば氷や釣り穴といったものも合うのかなと、初心者ながらに考えました。

点数: 1

春亀さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

言葉にて引っ掻く二人猫の恋

回答数 : 1

投稿日時:

折り紙で作る我が家の雛祭り

回答数 : 2

投稿日時:

春月を食べる狐や親子の手

回答数 : 3

投稿日時:

桶の中ぬばたまの夜氷解く

回答数 : 5

投稿日時:

縁側で日向ぼっこのまな板よ

回答数 : 2

投稿日時:

春亀さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

そうにゃんのスタンプラリー日の盛

作者名 鬼胡桃 回答数 : 3

投稿日時:

炎天や吾の影みちに染みつきぬ

作者名 感じ 回答数 : 7

投稿日時:

日向ぼこ友と話した昼下がり

作者名 俳句好きの青年 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ