俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

桶の中ぬばたまの夜氷解く

作者 春亀  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

真っ暗な夜の中、桶に張った氷がぴしりと溶ける音が聞こえる。そんな光景を描きたかったのですが、オノマトペを入れるかぬばたまを外すか悩みました。

最新の添削

「桶の中ぬばたまの夜氷解く」の批評

回答者 南風の記憶

春亀様、こんにちは。拙句の批評ありがとうございます。

この句は、かなり実験的に詠みました。普通なら、何かの始まりを詠む時は、「梅」より「さくら」の方が合っているのですが、あえて「梅」で詠んだ時にどのような変化があるのか、試したかったのです。

私としては、「梅」とすることで、もっと奥深さが出せるのではないかと期待したのですが、他の方の批評を読み比べていただけると分かるように、開花時期はバラバラ。ここで読み手を混乱させてしまうということは、この取り合わせは良くなかったのかなと思います。

もう少し勉強する必要があるようです。ご意見、参考とさせていただきました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「桶の中ぬばたまの夜氷解く」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★
★★

春亀様、こんにちは。御句ですが、気になる点が一つあります。

真っ暗闇なのに「桶の中」の氷が解けていくと分かるのが、矛盾を感じます。もし「夜」の光景を描きたいのでしたら、あえて桶と場所を限定する必要はないように思います。あるいは「桶」と場所を定めたいのでしたら、逆に”夜”と限定しない方が良いのではないでしょうか。

主役は、季語「氷解く」です。その他の措辞は、あくまでも脇役。二つも入れ込むと、主役が目立たなくなってしまいます。どっちを選んだ方が、季語を引き立てることができるのか。再度推敲なさることをオススメします。

点数: 2

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

消灯や氷の解ける音かすか

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

春亀様、こんにちは。拙句への批評ありがとうございます。
御句ですが、「何も見えない中での出来事を主軸」にしたいとのことですので、その趣旨に沿って提案させていただきます。

まず上五「消灯」とすることで、自分は屋内にいることが分かります。消灯し、真っ暗な部屋。そこに、どこからか氷の解ける音が、かすかに聴こえてくる。いかがでしょうか。

点数: 2

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「桶の中ぬばたまの夜氷解く」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

春亀さま
こんにちわ。「ぬばたま」・・夜、黒。万葉集にも出てくる「枕言葉」ですね。スゴイ!素直に、、、「オノマトペ」より「ぬばたま」を生かすべきと思いました。詠ませていただき、想像させて頂き、、、、庭の桶ぬばたまの夜に氷解く(夜は「よ」と読ませました)、、、「に」を入れて「切れ」を解消、、、と提案句を作らせて頂きました。

点数: 2

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「桶の中ぬばたまの夜氷解く」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

春亀さま
よろしくお願いいたします。

ぬばたま、ですか~!
たらちねの母みたいな奴ですか?
違っていたらすみません。😅

俳句は、17音しかありませんので、無駄な言葉をどこまで削ぎ落とせるかを考るのが一般的かと存じます。
ボクサーの減量みたいな感じかと。

御句、映像がパッと浮かんで、グッとくるものは何も感じませんでした。
私の感性の問題かと存じますが、何をどうしたいのか、分かりませんでした。😅

参考にならずすみません。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

味噌つける野菜スティック目が楽し

作者名 沼尻 有宇 回答数 : 0

投稿日時:

上京の黒けむ列車風ひかる

作者名 竜子 回答数 : 1

投稿日時:

大臣の顔触れ眺む神無月

作者名 なおじい 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『桶の中ぬばたまの夜氷解く』 作者: 春亀
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ