俳句添削道場(投句と批評)

つちや郷里さんの添削最新の投稿順の92ページ目

「炎天のアガパンサスの心意気」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 炎天のアガパンサスの心意気

コウさんこんにちは。

「心意気」という言葉が何を意味するのかがわかりづらかったです。
負乗さんの案をお借りしまして、添削してみました。

『アフリカを想うアガパンサスや夏』

それか、アガパンサスを季語として提案してみるというのはどうでしょう。
5月下旬から7月ごろに咲く花らしいので、夏の季語として使ってみるのもありだと思います。

『アフリカを想うアガパンサスや空』

点数: 2

「君の目に波ひかりて夏の海」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 君の目に波ひかりて夏の海

コウさんこんにちは

私の読み方が正しければ中七が六音で字足らずになっています。
「波」と「海」で内容が近いと思ったので、少し変えてみました。

『君の目にひかる波あり夏の浜』

「夏の浜」とすることで登場人物が立っている場所を明確にしてみました。
夏の浜で海を眺める君の目には光る波があった。
その光は波の光を映しているのか、それとも君の目そのものの光なのか。

点数: 1

「バイト辞めた冷素麺吸いこんだ」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: バイト辞めた冷素麺吸いこんだ

たーとるQさんこんにちは

前回のプレバト俳句はレベル高かったですね。
特に犬山さん、フジモンさんの俳句は見事でした。

御句
調べが面白く、勢いがありますね。
コメントに書かれたとおりの解釈ができました。
私がバイトしていた時も理不尽な上司がいましたし、変な客に絡まれるといった嫌なことがありましたが、それでも辞めた後は少し寂しさがありました。
そんな嫌なことも寂しさも吹っ飛ばすそうと素麺は豪快に吸い込む描写を持ってくるとは流石です。

いつも勉強になっております。

点数: 1

「滝浴びて悟れ己れに足らぬこと」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 滝浴びて悟れ己れに足らぬこと

なおじいさんこんにちは。
猫の句へのご意見ご指摘ありがとうございました。

御句
滝修行を詠んだ句ですかね。
私も同じような発想で作ろうとしましたが、なかなか言葉が浮かびませんでした。
「悟れ」という命令形はなかなか良いですね。
五七五のリズムになってはいますが、この句全体がお坊さんなんかが実際に話しているような文章になっていて面白いです。

いつも勉強になっております。

点数: 1

「蜜豆や母の友人退院す」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 蜜豆や母の友人退院す

ちゃあきさんこんにちは。

「蜜豆」が季語であることを初めて知りました。
質素な病院食を食べていた入院生活。
退院後に食べる蜜豆の甘さも想像できます。
明るく鮮やかな色どりを持つ蜜豆で、退院の安心感も表現できていると思います。

勉強になります。
次回も楽しみにしてます。

点数: 1

つちや郷里さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

ご立派な蜘蛛の巣軽く引きちぎる

回答数 : 8

投稿日時:

交差する飛行機雲や夏の夕

回答数 : 8

投稿日時:

梔子や遺書なく死せし祖父の部屋

回答数 : 7

投稿日時:

夏浅し手帖は駄句で埋まりけり

回答数 : 5

投稿日時:

猫の背にハートの柄や初夏の風

回答数 : 8

投稿日時:

つちや郷里さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

彼誰の手まくらに余香紅蜜柑

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

行く春や風の運んだ白い羽根

作者名 ちゃあき 回答数 : 2

投稿日時:

イマジンに仏陀の絵本秋あわれ

作者名 こま爺 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ