俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鬱王の足音せまる忘れ霜

作者 つちや郷里  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句ポスト兼題「囀」で水曜佳作に選ばれました。
2月結果発表の兼題「蜜柑」で木曜秀作に選ばれてから、2連続で水曜以上入りできました。(3月発表の「余寒」には投句できなかったので厳密に言うと連続ではありませんが・・・。)

さて、俳ポの方の句でも使っている「鬱王」という言葉ですが、これは赤尾兜子という俳人が詠んだ「大雷雨鬱王と会うあさの夢」という俳句に出てくる造語であり、それを採用してみました。
うつ病と戦いながら句作に励んだ赤尾兜子が造ったこの言葉を後世に残していきたいと以前から考えていて、鬱でも何でもない私が使うのはどうかとも思いましたが使わせていただきました。

ここからは余談ですが、気付けば1ヶ月以上こちらに顔を出していませんでしたね。
この句もそうですが、今年に入ってこちらのサイトに投稿した句は俳ポか生活のボツ句、または結果報告句ばかりなので、そうではない句も投稿しなければいけませんし、お邪魔でなければこちらに顔を出す頻度も増やしたいですね。

最新の添削

「鬱王の足音せまる忘れ霜」の批評

回答者 なおじい

つちや郷里さん、こんにちは。
こちらこそご無沙汰しています。私もちょっとこちらに顔を出せずにいたのですが、有難いことに、どうしているのかと聞いてくださる方がいらして、また出てきました。

つちやさんの俳ポでのご活躍、嬉しく拝見しております。元々俳句に対して非常に真摯に取り組んでおられますよね。その成果が出ているのだと思います。素晴らしいです。
御句は、ちょっと難しいので私にはすぐにはわかりかねたのですが、コメントを拝読するとなんとなく深いものが伝わってきました。さすがです。

拙句「鹿尾菜」にコメントおよびご提案句、有難うございました。一句目のご提案、自然でいいですね!いただきます!

しかしこれ、読めないでしょう?(笑)
実はエピソードその2。その撮影のとき、最初は私もまるで読めなかった。そこでスタッフが答えを教えてくれた。そして「もう一回撮りま〜す!」と。「はい、これはなんと読みますか?」もう答えを聞いているから私は「ひじきでしょ」と答えました。「はい、OKで〜す!放送は◯月◯日で〜す、お楽しみに!」

私はわけがわからなかったのですが、どうやら放送では、私の答えられなかったほうか、答えられたほうかのどちらかが使われるらしい。放送の日まで気になって仕方なかったですよ(笑)。
さて、放送ではどちらが使われたか?
それは、長くなりましたので、他のどなたかへの返信で書かせていただき(笑)、この辺で失礼します。

つちやさん、引き続きよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鬱王の足音せまる忘れ霜」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。
俳ポ水曜おめでとう御座います🎉

鬱王、組長もYouTubeではじめて見た句でした。いいなあ、オマージュ。
囀と鬱王の距離がいいですね。忘れ霜だと少し近くはなりますね!
またいろいろお話できてうれしいです。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「鬱王の足音せまる忘れ霜」の批評

回答者 山口雀昭

句の評価:
★★★★★

つちや郷里さま、初めまして雀昭(雀昭)と申します。

「風車・・・・」の拙句をお詠み頂きありがとうございます。

当たり前の事を当たり前に詠んだ句で恥ずかしいですね^0^

花見に行った時の屋台の風景を詠んで見ました。

ありがとうございました。

御句「足音せまる忘れ霜」いいですね!感動いたしました。時々顔を見せて下さい。

点数: 1

添削のお礼として、山口雀昭さんの俳句の感想を書いてください >>

「鬱王の足音せまる忘れ霜」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

つちや郷里様 おはようございます
お世話になります。
俳句ポスト「囀り」水曜日掲載おでとうございます。
拙句の雀蜂のコメントありがとうございます。
警邏ですから飛び回るは余分でした。
ご提案の上五に場所を入れるとよくなりますね。例えば軒下をとか・・・
ありがとうございます。
御句
鬱王とは雷雨を伴って現れた龍の化身らしいですね。
なにかぞくぞくさせられます。
佳いですね。
つちや郷里様のように素晴らしい句を詠めるようがんばります。
これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「鬱王の足音せまる忘れ霜」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

つちや様、こんばんは🙂
コメントありがとうございます。嬉しいです😂

日常の、"チマチマ俳句"は…良いのですが、私のような"ますらお"(笑)は、ついて行きませんね…😄
大きな、広い世界を詠みましょう!…😄

という訳で、フラットアース、なんです。
"女子供"…(あ、ポリコレに引っかかる…😱)の句では、飽き足りません…

御句、「鬱王の足音」…なんかゾクゾクしますね。("鬱"の人、ごめんなさい🙇)

「霜の墓抱き起こされし時見たり」
石田破郷
なんて句を思いました。

格調ある句と思います。
ありがとうございました😌

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

色変えぬ木曽三川の薩摩松

作者名 石垣 回答数 : 3

投稿日時:

猫カフェのタイムラプスや夏の空

作者名 鬼胡桃 回答数 : 0

投稿日時:

携帯の向こうに君と蝉の声

作者名 かこ 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鬱王の足音せまる忘れ霜』 作者: つちや郷里
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ