俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白鷺のためだらうこの朱き橋

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

また自選ボツ句の使いまわしですみません。
作句不調で楽しい新作が生み出せない・・・
投句先増やして回らなくなってるだけかな?
楽しめる範囲にしておかないと・・・

最新の添削

「白鷺のためだらうこの朱き橋」の批評

回答者 げばげば

こんばんは!
コメントありがとうございます!

記憶違いよくわかりました!
まず視線誘導はイサクさんの指摘。卓鐘さんの季語は夏蛙や!誕生日にミスるという。これぞげばのはやとちりでした!
2年目もよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「白鷺のためだらうこの朱き橋」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

イサクさん、おはようございます😉
いつもコメントありがとうございます。
「白鷺」と「朱き橋」が合う!という根拠、出典は何ですかね…?🤔
イサクさんの色彩感覚ですかね…
うむ… 合いますかね、美しいですかね… うむ…
ちょっとした違和感です。

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「白鷺のためだらうこの朱き橋」の批評

回答者 郁爺

句の評価:
★★★★★

げばげば様とのやり取りをちゃんと読んで頂き
ありがとうございます。一物はまだまだ勉強しなければ…。
取り合わせで意図的に全く違うものをぶつけるのと
光景や実景を詠むと季語+状況の説明または近い物を詠んでしまうところがまだまだです。
勉強になります。

点数: 1

添削のお礼として、郁爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「白鷺のためだらうこの朱き橋」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます。

たしかに、題詠投句先が増えると、雑詠で新作が詠みにくくなったりますね。でも句作不調とも思わないというか、投句先で結果が出ているやーんというところなので、問題ないのかなと思います。

さて、御句。中七の工夫の句。おあつらえ向きの朱橋があって、白鷺がいるという光景、この橋は白鷺のためにあるとしか思えない。このパターンも面白いですね、そう思うのはなぜなのか?を知りたい気はします。
秀作の句は、直喩に癒しのある、フクシマの川をイメージしました。ちがうかな?結果ありきですが、野の花の方が好きです(^▽^)/ そりゃそうですね、イサクさんが自選して省いたのがこっちですもんね。当たり前のこと言ってました。

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「白鷺のためだらうこの朱き橋」の批評

回答者 土谷海郷

句の評価:
★★★★★

イサク様
コメントありがとうございます。
季重なりの件ですが、あれはビギナーズラックというか、たまたま当たってホームランになったような感じです(笑)
ですが、これからも挑戦は続けていこうと思います。

御句
朱橋が白鷺のためにあるのではないかと感じることのできる感性にただただ脱帽です。
「白鷺のためだらう」ときて、「餌でも置いてあるのか」と思いましたが、それが朱橋なのかと分かった瞬間に美しい光景が浮かびました。

いつも勉強になっております。
これからもよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、土谷海郷さんの俳句の感想を書いてください >>

「白鷺のためだらうこの朱き橋」の批評

回答者 郁爺

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございました
なかなか説明感から抜けられません。
自分でも薄々感じてはいるのですが
言葉が出て来ないんです。
う~ん
勉強になります。

点数: 0

添削のお礼として、郁爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「白鷺のためだらうこの朱き橋」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再訪です。
コメントありがとうございます。

そうですね。サーカスにおいて「夏の宵」の無難な斡旋と「ブランコ」を「ブランコ乗り」としていくことの是非です。でも、「手」で着地していきたかったんですよね、あの一回離れて、空を飛んで、次掴むのか、何を掴もうとしてるのか、という感じも好きで。あの離れた瞬間を詠みたかったというところだったんです。
シンプルではありつつ挑戦でもありつつ。
いつもありがとうございます(*'▽')

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「白鷺のためだらうこの朱き橋」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。いつも添削ありがとうございます。パラパラパラと弾けるようなビニール傘の雨音です。説明的にならないように注意しながら考えていたらあんな形になってしまいました。自分としては違和感があるかなと思っていたので御意見うれしかったです。

御句*白鷺と朱き橋で天の川を連想しました。七夕伝説ではカササギだったでしょうか? 地上的な情景よりも天上的なそれを感じました。朱き橋は太鼓橋が相応しいですね。あと中七が平仮名なので、パッと見た瞬間 白鷺のためらう と読んでしまったので 為だらう にしてみたら・・・ 駄目だらうな。
またよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「白鷺のためだらうこの朱き橋」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

イサク様
こんばんは。麦わらの句にご意見ありがとうございます。
麦藁と麦藁帽は全く違うものになってしまうのですね。麦藁帽の背後からの景を詠みたいと思いましたがそれも欲張りでなってないですね😭
また考えます。いつも有難うございます。

点数: 0

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「白鷺のためだらうこの朱き橋」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

イサク様
こんばんは。麦わらの句にご意見ありがとうございます。
麦藁と麦藁帽は全く違うものになってしまうのですね。麦藁帽の背後からの景を詠みたいと思いましたがそれも欲張りでなってないですね😭
また考えます。いつも有難うございます。

点数: 0

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「白鷺のためだらうこの朱き橋」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

いつもコメントありがとうございます。
アスファルトwww黒歴史の一つです。当時はあれで良いと本気で思ってましたからね😫あれはよみなおしようがありません。。

僕もインプットよりアウトプット過多でちょっと苦しくなってます(笑)げばさんの俳句体力が尋常じやない。。

そして、大山。五音なにもでてこない苦し紛れ一発でばれてしまいました。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初明り明日は見るべし君ヶ浜

作者名 游歩人 回答数 : 0

投稿日時:

菓子パンを齧る余寒の四畳半

作者名 回答数 : 2

投稿日時:

寒暁の天迄登る五百缶

作者名 マツスタ 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白鷺のためだらうこの朱き橋』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ