俳句添削道場(投句と批評)

よした 山月さんの添削得点の高い順の6ページ目

「眉墨を引く母の背や枇杷の花」の批評

回答者 よした 山月

添削した俳句: 眉墨を引く母の背や枇杷の花

げばげばさん、こんばんは

無理に「日向ぼこ」使おうとしすぎました💧
所用あり、帰省した実家の畑の光景が頭に焼き付いて、強引にお題に結びつけてしまいました。
教え、ありがとうございます!!

点数: 1

「こんな日は父母に逢ひたや日向ぼこ」の批評

回答者 よした 山月

添削した俳句: こんな日は父母に逢ひたや日向ぼこ

なおじいさん、こんばんは

枯葉の句コメントありがとうございます。
励みにいたします。

また
過去形ではなく現在形、現在の情景を切り取るのが俳句の基本で~
なるほど勉強になります。
時、経過を詠まないとはこういう点も注意なのですね。

つむじ風に父母は
蛇足ですが…

子どものころ、両親と散歩中に
落ち葉舞い上がるつむじ風に自分がのまれたことがありました。

その際に両親が駆け寄り、抱き上げ、
渦から出してくれたことが
未だに心に焼きついておりまして💧

提案句もありがとうございました。

点数: 1

「摺鉦のちきちきち秩父夜祭」の批評

回答者 よした 山月

添削した俳句: 摺鉦のちきちきち秩父夜祭

げばげばさん、こんばんは

省略できる言葉!
ですね、本質を理解しきれていないようで中々、見つけられてないです💧
ご指摘ごもっともですね

図太さが行く先化けて吉とでると
良いのですが💧
毎度、受け止めてくださりありがとうございます。

点数: 1

「花を愛で葉を愛で終の枯葉かな」の批評

回答者 よした 山月

添削した俳句: 花を愛で葉を愛で終の枯葉かな

なおじいさん、こんにちは

風の子の句、添削ありがとうございます。
他心詠まずですね!

作句にあたって、踏まえなくてはならないことが多々あり考えてしまいます。

しかし、きっと自然にその前提を踏まえられる日が来ると信じて鍛練鍛練。

鍛練と言いながら楽しんでしまっている
私の心がけが問題か!?💧
大人と子どもの対比に共感いただき、素直にとても嬉しかったです。
ありがとうございます!

点数: 1

「沢庵の重石に足せるトルストイ」の批評

回答者 よした 山月

添削した俳句: 沢庵の重石に足せるトルストイ

げばげばさん、おはようございます。

夢二の句ありがとうございます。
自分の中でも頭に残っている印象、風景と
句がいつもより一致した感じです。

感じたことをどうコンパクトにまとめる
もしくは精査して切り落とすか、自分なりのコツを掴みたいと思います。
ありがとうございます。

点数: 1

よした 山月さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

おちこちに音なき音の霜夜かな

回答数 : 9

投稿日時:

雪どけや泣きたゆたえど沈まぬ夜

回答数 : 4

投稿日時:

仰向けに詠むひとときや炬燵亀

回答数 : 4

投稿日時:

ゆっくりと眠れや友よ寒牡丹

回答数 : 3

投稿日時:

節分や豆散らかして鬼気迫る

回答数 : 4

投稿日時:

よした 山月さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

春潮の岬高くに鳶の笛

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

赤福へ集ひてよりの初詣

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

軒先の雪解雫のやはき音

作者名 あらちゃん 回答数 : 5

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ