俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

おちこちに音なき音の霜夜かな

作者 よした 山月  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

よろしくお願いします。

帰郷時の雪国の夜
人里離れた隣家三軒のみの集落
辺り一面山
冷えきり、静まり返っている中、寝いるときの情景です。

普段は音にまみれての生活
シーンとし過ぎ、音がないとかえって
無音という音が気になり…
まさに霜夜とはこんな夜かなと感じました。

最新の添削

「おちこちに音なき音の霜夜かな」の批評

回答者 しゅうこう

よした 山月 様

失礼しました!自分の所に投句したつもりがこちらに…
削除機能がない為、お詫びだけとなりすみません。
大変申し訳ございませんでした

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、しゅうこうさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「おちこちに音なき音の霜夜かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「遠近」ですね。
「音なき音」という措辞を使うならば、「をちこち」という漠然とした範囲の言葉が勿体ないように思いました。
句の受け手に脳内に風景を出したいですね。自分はどこにいて何を見ているのか。

・集落に音なき音の霜夜かな
・ふるさとは音なき音の霜夜かな

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「おちこちに音なき音の霜夜かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。素敵な詩語です、音なき音。
私の好きな句。
蛍火の音なき音に湿る闇/樫の木
音なき音や八月の遠花火/東国原英夫

音なき音が聞こえるというのは詩的ですね😆イサクさんのおっしゃるとおり、どういう光景かヒントがあると、じわーとさらに来そう!
よしたさん、いいですね!がんがん行きましょ。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「おちこちに音なき音の霜夜かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。よした山月様、いつもお世話になってます。

御句拝読しました。これはなかなかいいですね。深閑とした雰囲気が出ています。また、「おちこち」とは、風雅な古語をお使いになりましたね。「音なき音」という風情のある表現と相まって、幻想的な効果を出しています。

ただ、イサクさんもおっしゃっていますが、「をちこち」と「音なき音」という、漠然としたイメージの言葉が一緒になってしまったので、良く言えば幻想的、悪く言えば捉えどころのない、よくわからない句になってしまったかもしれません。
光景が浮かびにくい語はどちらかにして、片方は具体的な言葉を入れてあげると読み手は想像がしやすいのではと思いました。

イサクさんが「音なき音」を残した提案句を置いていらっしゃるので、私は「をちこち」を使ってみます。

・をちこちに遠吠えを聞く霜夜かな

よし造さんの句をヒントにさせていただきました。

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「おちこちに音なき音の霜夜かな」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

こんにちは、前回中七が字足らずだと、きづき、反省しています。人様になんという添削をしてしまったのか。

御句とても、幻想的な句ですね。
まるで東山魁夷の絵のようです。としの暮れにしんしんと音もなく雪が降っている絵なのですが、タイトル失念、すみません。それで、勝手に想像して、
作りました。

大晦日音なき音の霜夜かな

すみません。私の勝手な、句にしてしまって。

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

「おちこちに音なき音の霜夜かな」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

こんにちは、前回中七が字足らずだと、きづき、反省しています。人様になんという添削をしてしまったのか。

御句とても、幻想的な句ですね。
まるで東山魁夷の絵のようです。としの暮れにしんしんと音もなく雪が降っている絵なのですが、タイトル失念、すみません。それで、勝手に想像して、
作りました。

大晦日音なき音の霜夜かな

すみません。私の勝手な、句にしてしまって。

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

「おちこちに音なき音の霜夜かな」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

よしたさん、なんどもすみません。大晦日は、季語です。
また、反省です。
本当に申し訳ないことです。
添削は、なかったことに、してください。

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

落暉紅葉混じり眼裏染め込めり

回答者 しゅうこう

句の評価:
★★★★★

芋煮会にはコメント有難うございました☺
俳句は「共感」でしたね~忘れていました。心に留めておきます。

投句。落暉と紅葉で橙色の残像が眼裏に残る程でした。

点数: 0

添削のお礼として、しゅうこうさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ラテアート君の描きし桜かな

作者名 かぬまっこ 回答数 : 2

投稿日時:

すずろなるレティットビーや春隣

作者名 こま爺 回答数 : 11

投稿日時:

菜の花や喜び長い滑り台

作者名 白井百合子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『おちこちに音なき音の霜夜かな』 作者: よした 山月
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ