俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

眉墨を引く母の背や枇杷の花

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句ポストまだ呼ばれない、、漏れたのかなあ。くー、、。

三面鏡に向かう母の後ろ姿ってなんかとても印象的でよく覚えています。今はいつもすっぴんですけど。

みなさんご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「眉墨を引く母の背や枇杷の花」の批評

回答者 小西晴菜

げばげば様。いつも丁寧なアドバイスをありがとうございます。拙句「ベンチの爺」へのコメントもありがとうございました。
さて、御句ですが、私が幼児の頃住んでいた家の庭に枇杷の木があり、小さな白い花からいい香りがしていた記憶があったので、とても懐かしく、お母さんの後ろ姿ともぴったりだと思いました。

ポストの秀作、おめでとうございます。
こういう句、すごく好きなんです。ただ、今までは、気取りがなくて何となく好きだな~と思うだけでしたが、夏井先生のコメントに「嘘の理由が詩になっている」等々の分析があり、なるほど、と大いに勉強になりました。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、小西晴菜さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「眉墨を引く母の背や枇杷の花」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

ポスト、緊張しますねー。
プレバトで1位と最下位を残されているときと似た緊張感なのでしょうか・・・?

御句、「眉墨を引く母」で母の顔を見ているはずが、突然「母の背」と背中に移動するという視線の転換に、感覚的な違和感があります。
頭で考えれば、鏡越しに顔も見えるのかもしれませんが・・・

提案句は上手く収まらず、字余りしています。

・三面鏡に向かう母の背枇杷の花
・化粧台に向かう母の背枇杷の花

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「眉墨を引く母の背や枇杷の花」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

物語にぴったりな季語でいい句と思います。

ポスト、私は3回連続没(並選)、私にはハードルが高い。げばさんの発想だと秀句以上を狙えると思います。以前にも書きましたが。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「眉墨を引く母の背や枇杷の花」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつもお世話になってます。
拙句「こんな日は」にコメント有難うございました。

御句、とてもいいですねー。私はこういう、親御さんを詠んだ句はとても好きです。お化粧をする母親の後ろ姿を詠むなんぞ、さすがげばさんです。
それに加えてまいったのは季語の「枇杷の花」。私は浅学にして、枇杷の花が冬の季語とは知りませんでしたが、なんともピッタリですね。げばさんのお母様がどのような方かわかるような気がします。
私が、「こういう句が詠めるようになりたいな」と思うタイプの一つです。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「眉墨を引く母の背や枇杷の花」の批評

回答者 よした 山月

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、こんばんは

無理に「日向ぼこ」使おうとしすぎました💧
所用あり、帰省した実家の畑の光景が頭に焼き付いて、強引にお題に結びつけてしまいました。
教え、ありがとうございます!!

点数: 1

添削のお礼として、よした 山月さんの俳句の感想を書いてください >>

「眉墨を引く母の背や枇杷の花」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

俳句ポスト秀作おめでとうございます!
げばげばさんの発想ってやっぱりさすがですね。毎日の投句もなかなかできることじゃないですし、俳句に向かう姿勢がほんとすごいなと思います。

この句の「枇杷の花」ってステキな季語ですね。また「三面鏡へ向かう母の後ろ姿」という素材もとてもいいなあと思いました。
げばげばさんは目のつけどころがほんといい!
これからも楽しみにしています。

「四人の婆」の句へのコメントありがとうございました。
ダーツの旅のめちゃくちゃ笑うおばあちゃんたち、いいですよね!あんなふうにいつも明るくありたいものです。
これからもよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

向日葵の二三本ごと結わきけり

作者名 なおじい 回答数 : 4

投稿日時:

今日こそと思えど君の日傘かな

作者名 なおじい 回答数 : 8

投稿日時:

水揺れて小川を蛇の渡りけり

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『眉墨を引く母の背や枇杷の花』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ