俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

節分や豆散らかして鬼気迫る

作者 よした 山月  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お願いいたします。

家庭内での情景です。
特定の家人の中傷ではございませんが、我が家ではなぜか、毎年怒る人と怒られる人が出ます。

最新の添削

「節分や豆散らかして鬼気迫る」の批評

回答者 ちゃあき

こんにちは。句意はすぐに読み取れましたので、諧謔的な面でくすっとさせて頂きました。視点はいいのですが散文的なので工夫が必要でしょうね。と言って僕も人の事は言えた義理ではないのですが・・・
・節分や散らかす豆に鬼の顔  あ!なおじいさんとほぼ同じになっちゃった。
・節分や散らかす豆に母の角  これならいいかな?

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「節分や豆散らかして鬼気迫る」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。よした山月様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。おっしゃる意味はわかります。要するに、おそらく、豆を散らかすだけ散らかして、「誰が掃除すると思っているの!」と怒られる、というような句ですね?面白いです。迂闊に豆まきも出来ませんね。

御句、句の中の複数の動詞の主体が違うので、句が「散らかって」います。散らかしているのは鬼気迫る人ではないですね。それはコメントからも明白です。
ここは、「豆散らかして」とか「鬼気迫る」とかの動作にするのではなく、描写してみてはいかがでしょうか。

・節分や散らかる豆に鬼の顔

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「節分や豆散らかして鬼気迫る」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

面白いですが「鬼気迫る」は微妙に用法が違うような気がします。怖いものが迫ってくるという意味ではないので。「危機迫る」の方が意味としては正しいかも。

俳句としては、なおじい様の言うとおり、少し散漫になっています。
〇〇して△△になった、という、二場面の経過を詠んでいる形になっているのがあまりよくないので、ひと場面にまとめましょう。
その際のテクニックとして、これもなおじい様のいうとおり「動詞を減らす、整理する」というのがあります。

理由と結果、もできれば避けたいのですが、この句意だと難しいかな。因果をなくすと鬼が突然現れるので。

・節分の鬼出て豆をかたづける

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「節分や豆散らかして鬼気迫る」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

なおじいさんのいう通り、動詞の主体が気になります。イサクさんの提案いいですね!
鬼出て、豆を打つのかと思ったら下五、片づけるの着地にくすりと来ます。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

早朝の紅ひく顔に手冷たし

作者名 白井百合子 回答数 : 2

投稿日時:

ゴールデンウィークの残骸の浜辺

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 3

投稿日時:

産卵の石噛む田螺ヌメる朝

作者名 世良日守 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『節分や豆散らかして鬼気迫る』 作者: よした 山月
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ