俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

仰向けに詠むひとときや炬燵亀

作者 よした 山月  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

よろしくお願いいたします。

いまの私の体たらくぶりです。
炬燵に丸々と身体を突っ込み。。。

以下長文ほぼ独り言、ご興味なければ読み飛ばしてください

この半月ほどは、気の高ぶるような、かと思えば力の入らないような
なんとも言えない時を過ごしていました。
そんな中、気やみにしていた闘病中の友人が旅立ちました。
期間は数ヶ月、あっという間に…
弔いとして、なんとか一句。と思い詠んだのが前句です。

そんな中、皆さまからいただいた言葉の中に
気遣いや思いやりの心が大きく感じられ、素直に感激しました。
お顔も拝見したことない方々ばかり、ですがとても素敵な方々が集まっているこの場ってよいな、ありがたいな、と心から思いました。
運営されているかた含め、皆さまに感謝です。

ドラマチックに何もかもが元通り!とはいかず
やる気はムクッとはならないのですが
やる気を起こしたい気持ちは芽吹きました。
皆さまの言葉のお陰さまで…

ぬくぬく、ぼーっと過ごす時間
兎に角詠もうと思い立ちます。
今回の感動や生と死…
いや、今のまんまを詠んだらいいのではと

カッコつけずにありのまま、いってみました。。。
こんな私ですが、よろしくお願いいたします。

最新の添削

「仰向けに詠むひとときや炬燵亀」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

私が昔読んだ句。
亀の子の七転び十五起きかな

日常の中で少しずつ取り戻していくのですね。亀の子はよしたさんのことを指すわけではなく世の中の仰向けになってる亀のことです。
私が滅入ってる時に、テレビで、アンミカさんが、七転び十五起きや、と言ったのに、妙に笑えてしまったときの句です。ポジティブすぎる笑笑
でも、しばらく仰向けのままでもできることをやればいいやんとも思います。それもひとつのポジティブかと!ゆっくりいきましょ😆

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「仰向けに詠むひとときや炬燵亀」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「炬燵亀」という用法の賛否はありそうですが、不要な情報の少ない、受け取りやすい句だと思います。

・仰向けの亀となりけり置炬燵

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「仰向けに詠むひとときや炬燵亀」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

 山月さん、こんばんは。お友達の事お悔やみ申し上げます。僕は魂の転生輪廻は真実であると思っています。縁のある魂は必ず再会の日が来ます。
 御句:無理のない自然体の句であり、好感が持てました。下五「炬燵亀」で甲羅を下にして起き上がろうともがいている亀が浮び、今の山月さんの心情が描かれていて見事だと思います。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

スベリヒユを摘むおふくろ髪白し

作者名 孫春艶 回答数 : 2

投稿日時:

梅雨晴れやシャネル着こなし三越へ

作者名 黒徹 回答数 : 1

投稿日時:

渡り鳥完済祝う番いかな

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『仰向けに詠むひとときや炬燵亀』 作者: よした 山月
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ