俳句添削道場(投句と批評)

よした 山月さんの添削得点の高い順の3ページ目

「しぐるゝや遠ざかりたる救急車」の批評

回答者 よした 山月

添削した俳句: しぐるゝや遠ざかりたる救急車

楓の句コメントありがとうございます。
季語が比喩~ご指摘、ありがとうございます。

細かいこと言うと
春の楓、緑葉の楓の葉に子どもの手が見えました。
そこから紅葉に連想が繋がり、といったことでした。
回りに楓探したが、楓ではない紅葉しか見当たらず、秋の季語が必要かなと至った次第です。

本当に深くて面白いですね
いつもありがとうございます!!

点数: 1

「大臣の顔触れ眺む神奈月」の批評

回答者 よした 山月

添削した俳句: 大臣の顔触れ眺む神奈月

なおじいさん、毎回ありがとうございます。
使い古されたもの、飽きが。。。
なるほどです。比喩の件もわかりました!

子どもの手は緑葉の楓に見えました。
そこから繋がっていった感じです。
先週してきた紅葉狩りの紅葉を机上にしながら連想してもいました。

深くて深くて難しくて面白い!!
俳句はいいですね~☺️

点数: 1

「補聴器の雑音きえて冬夕焼」の批評

回答者 よした 山月

添削した俳句: 補聴器の雑音きえて冬夕焼

おはようございます。げばげばさん、いつもありがとうございます。

季語は、「しし鍋」は確認できて、「牡丹」想像通りでしたが
牡丹鍋はなかったように思い、見落としですね。
葱はまさか季語と勘働きしませんでした💧
季語、覚えるまでは単語一つ一つ調べないとですね。

そして火の見櫓の句、流石です。
私は食い意地が張りすぎかな
あの絵といえばイノシシ止まりでした(笑)

点数: 1

「補聴器の雑音きえて冬夕焼」の批評

回答者 よした 山月

添削した俳句: 補聴器の雑音きえて冬夕焼

げばげばさん、ありがとうございます。
おっしゃる点、基本的なミスで失礼しました。

「その」が誤入力でした。
腸(はらわた)、命(めい)で

ああ秋刀魚腸に命迸る

ございました。ご指摘ありがとうございます

点数: 1

よした 山月さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

おちこちに音なき音の霜夜かな

回答数 : 9

投稿日時:

雪どけや泣きたゆたえど沈まぬ夜

回答数 : 4

投稿日時:

仰向けに詠むひとときや炬燵亀

回答数 : 4

投稿日時:

ゆっくりと眠れや友よ寒牡丹

回答数 : 3

投稿日時:

節分や豆散らかして鬼気迫る

回答数 : 4

投稿日時:

よした 山月さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

天神のご利益あるや藤まつり

作者名 博充 回答数 : 1

投稿日時:

春永や畑に母の頬被り

作者名 もんこ 回答数 : 9

投稿日時:

カタツムリ吾子と数える百地蔵

作者名 伊藤理恵子 回答数 : 4

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ