俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

大臣の顔触れ眺む神奈月

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「白菜のクリーム煮」には多くのコメント有難うございました。
もう一つ二つ白菜で、と頑張ったのですが、どうにも出てきません。そこで、第一次の組閣の頃から考えていた句を挙げさせていただきます。最初は「大臣を若造とみる秋の暮」でしたが…。

最新の添削

大臣の顔触れ眺む神無月

回答者 のぶ

 なおじいさま、拙句「縄にする藁上々に秋日和」を見て頂きありがとうございました。
 「秋日和」が兼題として固定されていました。「縄」は、来春四月の神社祭礼に作る牛蒡用のためのものです。祭礼当番になっているので準備しています。二語には意味があると考えていました。添削俳句参考になります。ありがとうございました。
 御句を拝読しました。時事俳句自体は勉強不足です。ただ、世の中の動きを読んでおきたいという意味でしか分かりません、それ以上を読めば、世相に答える川柳になるのではと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、のぶさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「大臣の顔触れ眺む神奈月」の批評

回答者 よした 山月

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、毎回ありがとうございます。
使い古されたもの、飽きが。。。
なるほどです。比喩の件もわかりました!

子どもの手は緑葉の楓に見えました。
そこから繋がっていった感じです。
先週してきた紅葉狩りの紅葉を机上にしながら連想してもいました。

深くて深くて難しくて面白い!!
俳句はいいですね~☺️

点数: 1

添削のお礼として、よした 山月さんの俳句の感想を書いてください >>

「大臣の顔触れ眺む神奈月」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

なおじい様、白菜の自由律の句のコメントありがとうございます。
挑戦なくして成長なしと思っているのでチャレンジしたのですが力量不足を痛感しました。
いつも丁寧な添削ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

大臣皆おとどにあらず神無月

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんばんは😅
いいのですが…うむ、やはり時事は避けたほうが…どうしてもジジ臭くなりますかね… 私も、まあ、爺ですが…

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「大臣の顔触れ眺む神奈月」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

なおじい様、羚羊の句のコメントありがとうございます。
なおじい様のご指摘通り少しわかりにくかったようで反省しております。
最初はなおじい様の添削していただいた句にあったようにミラー越しと詠んだのですが車のミラーとわかるように後写鏡と詠みかえました。
もう少し読み手の方にわかりやすい句を詠むように努力いたします。
いつもありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

手洗いの速し短し寒波かな

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

はんだづけ暑さにとける人のよう

作者名 あえば 回答数 : 2

投稿日時:

梅雨晴の風750CCの空ぶかし

作者名 げばげば 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『大臣の顔触れ眺む神奈月』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ