俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

太鼓焼き輪行の袋を提げて

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

電車に自転車を持ち込んで、遠出サイクリングが流行ってるみたいですね。自転車袋を提げて今川焼食べてました。

輪行の、が説明感あるなあ。倒置にしたけど、効いてるかなあ。5・5・7

みなさんご意見をよろしくお願いします。

最新の添削

「太鼓焼き輪行の袋を提げて」の批評

回答者 中村あつこ

 こんばんは。
いつもありがとうございます。
「輪行」なんて、いいですね〜。
拙句「白菜」はあれこれと、こねくり回して、結果は振り出しに戻った感じです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「太鼓焼き輪行の袋を提げて」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

「あいこでしょ」の句との違いは、「その状況を説明しよう」という気持ちが溢れて見える点でしょうか。
倒置があまり倒置になっていません。一物句ではないせいでしょうか。素直に二物にしてしまった方が生きそうです。

・輪行の袋の重さ太鼓焼
・左手の輪行袋太鼓焼

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「太鼓焼き輪行の袋を提げて」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつもお世話になってます。
拙句に毎回温かなコメントを有難うございます。げばさんの提案句のほうがいい感じのことが多くて悔しい毎日(笑)。日々精進です。

さて御句。色々発見、学びました。
まず「太鼓焼」。なんのことかわかりませんでした。次の「輪行」もわからなかったので、二つ合わせて何かお坊さんの宗教的な儀式かとマジ思いました。
コメントを拝読して、なんだ、今川焼か、と少しホッとしました。でも、なんでコメントが今川焼なのに俳句では太鼓焼?これまで、大判焼とか回転焼とかは聞いたことありますが、太鼓焼は初めてでした。

次に「輪行」。コメントでわかりました。ツーリングのことですか?それとも、電車に自転車を持ち込んで遠くまで行き、そこで走ることをいうのでしょうかね。これも初耳でした。
でも考えてみれば、山歩きのことを我々は普通に「山行」と言いますが、これも通じないかもしれませんね。

さらに鈍い私は、輪行の袋とか、自転車袋とかを、そういう時によく持って出かけるバッグのことかと思って、よもや自転車そのものを詰めるあの馬鹿でかいバッグのこととは思いませんでした。すみません。

そんなこんなで、わからないことが多かったので、提案句は次のようなものでご勘弁ください。

・自転車と今川焼と両の手に

俳句的には、今川焼で六音使うより、太鼓焼のほうが置きやすそうです。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「太鼓焼き輪行の袋を提げて」の批評

回答者 よした 山月

句の評価:
★★★★★

けばげばさん、あたたかくご指摘、教えありがとうございます。

句帳に書き留めて、あとあと違うもの同士を繋げあうこともできますし、考えればできることでした。
一つの句だけを練ろう練ろうとして、毎日夢にも出てきて考えてる毎日です。
(本人は楽しいです)

メモだけですませず、句帳を付けだしてみます。
ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、よした 山月さんの俳句の感想を書いてください >>

「太鼓焼き輪行の袋を提げて」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

げばげばさま、いつも丁寧な添削ありがとうございます。
河豚の句は少しわかりにくかったようなので詠みなおしてみました。
お時間があればそちらの句の添削もよろしくお願いいたします。

御句の太鼓焼きは初耳で勉強になります。

点数: 1

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

木犀に燻る医院や人の列

作者名 三男 回答数 : 4

投稿日時:

水鳥の声のみぞ聞く名を知らず

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

ウィルスの下ぐる株価や冴返る

作者名 かぬまっこ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『太鼓焼き輪行の袋を提げて』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ