俳句添削道場(投句と批評)

添削と批評一覧最新の投稿順の2ページ目

「ひとの世をやはり花野とおもひけり」の批評

回答者 いなだはまち

添削した俳句: ひとの世をやはり花野とおもひけり

お世話様です。

水蜜桃、御指導ありがとうございます!
具体的で的確なコメントを頂きますと、目が醒める思いが致します。
今後も、私の句へも、私の添削コメントへも、お気づきの点がございましたら、御指導頂けますと、ありがたく存じます。

ただ、俳句を通して関わっていますので、
特定の個人を誹謗するような書き込みは、如何なものかと思います。
お心当たりはございませんか?

俳句や添削内容についての厳しいコメントは螺旋になりますが、相手の羽をもぐ目的の書き込みは、俳句に対しての背徳行為だと思います。

下手は下手なりのレベルで、思うこともございます。それが明らかに誤っているのなら、諭すのが上級者の役目ではないでしょうか。

また、宜しくお願い致します。

点数: 0

「リハビリの膝くすぐるやねこじやらし」の批評

回答者 千日草

添削した俳句: リハビリの膝くすぐるやねこじやらし

こんばんは!
百日紅の句にコメントありがとうございます。一枝のみの百日紅で咲かなかった寂しさを表現した積りでしたが駄目でしたね。
◆一枝の侘しく咲くや百日紅
これも句力のない証の駄句ですね。
膝を痛めましたか?お大事になさってください。ねこじゃらしではリハビリにはなりませんですね。ねこじゃらしそれでも当ててみれば、気分的には良くなりそうな感じが出ていると思います。コメントとも言えない感想でごめんなさい。

点数: 0

「消えかかるためらひ傷や水蜜桃」の批評

回答者 千日草

添削した俳句: 消えかかるためらひ傷や水蜜桃

お世話になります。
いつもコメントありがとうございます。
ためらい傷は作らない様に気をつけてください。水蜜桃で消える事をお祈りいたします。添削句は出来ません。こんなコメントで申し訳ございません。

点数: 0

「消えかかるためらひ傷や水蜜桃」の批評

回答者 一本勝負の悠

添削した俳句: 消えかかるためらひ傷や水蜜桃

コメントありがとう。~ためらい‐きず〔ためらひ‐〕【躊=躇い傷】 自殺しようとしてからだにつけた、致命的ではない傷。 また、その傷痕。リストカット//自傷。 ◆傷跡と、季語の桃の取合せが近過ぎであり、メッセも曖昧模糊としている。◆俳句は切れ、季語、句意の三要素から成り立つが、ご尊句はその要素すべてが不完全です。 ◆自解文に《推した》とあるが、貴君は《俳句生活》の撰者ですか?自分の投稿作品を推した、という言い方は普通しないと思うが? 実力もないのに場を牛耳るような態度はやめなさい。 消えたハオニーくんが良い前例です。 おとなしくしなさい!

点数: 3

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ