小説のプロット相談掲示板

凍った瞳の返信の返信

元記事を読む

凍った瞳の返信(元記事)

サタン様、返信ありがとうございます。

とりあえず、プロットの不備に関して
① 冒頭部分で主人公が戦っている相手は、どこから来たのかよく分からない、異形の化け物です。元々妖怪やら何やらが居る世界線ですが、その地球と別の世界から来た存在と言うことになります。
② 最初の、主人公とその相手が会って、別れる部分は、ワンクッション置くための部分という認識であっています。同時に、第一幕4の部分での、キー人物っぽい、という印象を抱いてもらうために、塵が複数に渡ってその化け物と遭遇しているんだ、ということを見せるパートでもあります。
③一幕ラストの、『開門部分』は異形の化け物が通っている場所で、それを閉じることで、一幕の問題として想定されている化け物の大量発生を終わらせる、というつもりでした。
④二幕冒頭の異世界転移は、正直物語進行上、雲母凍華の戦闘力で地球で窮地に陥らせるのが難しかったために使ってしまっています。ただし、この異世界の設定自体は決まっていまして、原則的には人間を遥かに超える存在が率先して介入した地球の並行世界です。そして、主人公の凍華と塵が異世界へ呼び出された原因のは、一幕でも開けられていた様な異世界に繋がる穴が世界中に開けられているせいで、余計に異世界との穴が繋がりやすくなっていた所に、転移させられる先の世界の人が、呼び出そうとしたからです。また、それが凍華たちであった理由はたまたまと言うべきですが、理由を付けるなら、一幕で倒していた化け物の一部は、転移先の存在だったから、と言うことになります。
と言うのはまだ建前的説明で、さらに正確に説明しますと、一幕での空いている穴には、それを開けた犯人がいますが、犯人は、凍華が転移させられた先の世界の神様的な存在に囁かれて行動をしています。その目的は、凍華の妹を手中に収めることですが、そのための障害が多いために、障害となる日本の魔術協会を潰そうと戦力を放ってみたのが第一幕、その中で雲母凍華が特に目立ったので、殺すために異世界に呼び寄せたのが第二幕前半となりますが、その神様的な存在は第二幕前半から後半にかけてで適当に倒されてフェードアウトすることになります。ただし、このあたりの設定は、登場人物たちで把握し得るのが雲母夜月くらいしか居ませんので、あまり出すつもりはありません。

で、この話の全体としては、エピソードごとに仲を深めていく話、のつもりで書いています。ただ恋愛か? と言われると正直自分でも判然としていません。勿論最終的にカップルにはなるのですが、凍華と塵が、それぞれの事情によって先に自立してしまった節のある子達ですので、その彼らが甘えられる相手を見つける話、と言うイメージでもあります。
ご指摘のとおりに、たしかにバトルの方に重点を置いた方が良いんじゃないかと思います。そもそも恋愛的な意味で凍華を塵が意識するタイミング、塵が凍華を意識するタイミングは、第二幕の凍華がピンチに陥った所を、塵が助けたタイミングですので、そこに至るまでの節々でのバトルや事件解決をある程度中心に据えた方が、上手くいくのかなと思いました。

あとやっぱり、恋の障害ってあった方が良いのですかね……?
正直、主人公の女の子である雲母凍華に問題となることなんて恥ずかしさくらいですし、お相手ヒロイン枠の男の子である塵芥塵も、恋愛の上での最大の問題である、自立性のなさ、自己意識の希薄さなどは一幕と二幕の間で概ね解けてしまうので、明らかに恋愛方面が進行する二幕後半から三幕に掛けては恐らく殆ど存在しないのですが……。

上手く書けさえすれば面白そうと言って頂き本当にありがとうございます

凍った瞳の返信の返信

投稿者 サタン 投稿日時: : 0

>あとやっぱり、恋の障害ってあった方が良いのですかね……?
そこが、「バトル(というかメインの話題)に重点を置いたほうがいい」という話に繋がります。
基本的にどんな話であろうと障害はあるべきです。
何故なら、障害があれば「障害を乗り越えること」が物語であると認識できるためです。障害があることで物語に一連の流れが出来るわけですね。

でも一方で、二人の関係性を書きたいけどそんな恋愛恋愛してる話は想定してない、という場合も当然あります。その場合に「恋愛の障害」を作ってしまうと、「恋愛の障害を乗り越えることが物語である」というふうに見えてしまうので恋愛が目立ちすぎてしまう。
だから、こういう場合は発想を逆にして「物語を展開させることが恋愛である」というふうに考える。
すなわち、「メインの話題」に恋愛の象徴となる要素を置いて、これを解決させることが恋愛に繋がる、という感じにする。
例えば、ヒロインには自分の命よりも優先させる事があって、ヒロインもそれを運命であると受け入れている。けれど主人公の活躍によってその運命に別の手段が見えてきて、ヒロインは重荷から開放される。代わりに重荷を背負う形になった主人公に感謝もあるし負い目もあるし、もともと好意を抱いていたのもあって一気に好きになってしまう。
こういう感じの話を想定した場合、「恋愛」は一切してないけど恋愛の過程はわかりますよね。
それは「ヒロインの重荷」という問題が恋愛の象徴として書かれているため、「恋愛の障害」としても機能しているからです。
「この重荷があるからヒロインは恋愛できない」という形にすれば、「それを解決すれば恋愛できる」ということになるので、恋愛恋愛した青臭い恋の悩みとかを用意しなくても恋愛の障害として機能するわけです。

こういう考え方、つまり「恋愛を別の要素で表現する」という考え方をしておくと、
>そもそも恋愛的な意味で凍華を塵が意識するタイミング、塵が凍華を意識するタイミングは
このあたりもスッキリ綺麗にまとまると思う。
「ヒロインの重荷」の例で言うと、その重荷を軽くしてくれる存在であれば意識するし、重荷を軽くしてやりたいと思う相手であればそれは好意ということになる。
直接的に好きだの愛だの書かなくても、恋をしてるということがわかるわけですね。
しかもこれは間接的な表現だから、例えば「身動きが取れないほど重く伸し掛かっていた気持ちが、彼のたった一言でスッと軽くなる気がした」とか書けば、これは意訳するすと「あ、彼のこと好きかも」って事だけど、恋愛恋愛してる表現じゃないから段階的にちょこちょこ書いていける。

これはあくまで「恋愛を別の要素で表現する」ということなので、
>恋愛の上での最大の問題である、自立性のなさ、自己意識の希薄さなどは一幕と二幕の間で概ね解けてしまうので、
「恋愛の問題」で考える必要がなく、この場合は、例えば「自己意識や自立性を手に入れたからこそ、生まれてくる問題」を考えて、その要素で恋愛を表現するのがいいんじゃなかろうか。
こういうメインになる話に重点を置いて、恋愛はその結果って形にするのがまとまりやすいんじゃないかなって思う。

一応明記しておくけれど、
プロット板で私が「例えばこう」と書いてることは、説明のために例を出してるだけなので、「こうしたほうがいい」とか「こうすべきだ」って話ではないです。
恋愛を全面に出したいのなら恋愛をテーマに問題や障害を作るべきだけど、そうでない場合、あまり目立たせたくない場合はこのように別の要素で恋愛を表現する。
その一例としてこんな感じの展開や方法があるよ、というだけね。

スレッド: 凍った瞳

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「凍った瞳」の返信一覧

他の相談依頼

人間模様

投稿者 田中 返信数 : 1

投稿日時:

この先の展開を教えて下さい何卒、よろしくお願い致します。 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

まだ未定

投稿者 ああああ 返信数 : 3

投稿日時:

参考作品が9割クセ強なので基本的コメディ寄りです。たまにシリアスになるけど長続きはしない方針。 聞きたいこと その1:台本形... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

▼おすすめ小説!

ハピネスの舞台裏

投稿者 エア 返信数 : 12

投稿日時:

・純真な百合を主役組が悪役組の手から守ろうとする様子をどうしようか迷っています。 ・でも、ある出来事を機に団員が一致団結しようとす... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

小説のプロット相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ