リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

ボクの転生物語第3話 全4話で完結

ボクの転生物語の第3話

作者 白猫 得点 : 0 投稿日時:


ルミナスは一体なにをしでかしたんだ。

怨嗟の目を向ける妖精、涙を流し続ける魔法使い。片腕のエルフが怒りに満ちた目で、レイピアを天に突き上げた。

「彼女こそ、諸悪の根源。世界を滅亡に導く、負の女神に鉄槌を!」

人々の怒りを前に、僕は呆然と呟く。

「僕は、女神を称えなければならない…」

それは果たして正しいのだろうか、とふいに思う。そもそも僕が死んだのも、ルミナスが原因だ。その彼女を讃える意味はなんだろう。

「言うことを聞かなければ、僕は死んでしまう」

生き物が生にしがみつくのは、本来あるべき姿。僕は間違っていない。いない、が!

世界の滅亡。それは、僕の世界もだろうか?

「にいちゃんのバーカ」

今朝、喧嘩して別れた弟の顔を思い出す。口うるさい母、何も言わないが優しい父。

失えない…

小さな引っ掛かりは、次第に大きくなり、強く強く心に刻まれる。その瞬間、胸が熱く震え、 涙が零れた。

溢れんばかりの感情に目をつぶっていると、周囲の空気が動いた。

「お、おい、あれを見ろ」「まさか、そんな…」「間違いない。女神殺しの矛、だ」

不思議に思って見た手の中に、光の矛が一振り。

これがあれば、ルミナスを殺せる。

理由もなく悟った。しかし、それは同時に、ルミナスの庇護下にいる自分の死をも意味することであり。

「あーら、まさか、あんたが私を殺す存在だったとは」

笑いながら現れたのは、ルミナスその人だった。
この物語の目次へ

他の小説の第1話

楽園に囚われた少女

作者 あおいひつじ 総得点 : 1

投稿日時:

私達イチカ民は、太陽の女神と月の女神を信仰している。
姉妹である2人は、私達イチカ民にそれぞれ贈り物をくれた。
太陽の輝くころに生まれた昼の民は、7歳になると同時に洗礼の儀式を受け、太陽の女神より育みの力を受け賜う。
その反面、... 続きを読む >>

文字数 : 382 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

謎の呪文ブリムーチョと謎の大地ブリフガルド

作者 ロミオ 総得点 : 0

投稿日時:

舞台は現代日本。

生涯の中で20回だけ、耐えられないウザい奴やイヤな奴が居る場合に、
(そいつが概ね加害者の場合に有効である)
(そいつが概ね被害者の場合は無効である)
祈りつつ「ブリムーチョ」と唱えると、
そいつを一瞬... 続きを読む >>

文字数 : 503 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

絶対内緒のオタク生活!

作者 鈴木ゆずも 総得点 : 5

投稿日時:

「みはちゃん!こっちこっち!」

 かなが私・上野みはるを呼ぶ。
 隣にはあゆがいる。
 私は、小学六年。
 勉強が得意なただの女の子!
 なんだけど・・・
 いや今はあのことは黙っておこう。
 のちのち教えるからっ
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,481 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ボクの転生物語の『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ