リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

ボクの転生物語第3話 全4話で完結

ボクの転生物語の第3話

作者 白猫 得点 : 0 投稿日時:


ルミナスは一体なにをしでかしたんだ。

怨嗟の目を向ける妖精、涙を流し続ける魔法使い。片腕のエルフが怒りに満ちた目で、レイピアを天に突き上げた。

「彼女こそ、諸悪の根源。世界を滅亡に導く、負の女神に鉄槌を!」

人々の怒りを前に、僕は呆然と呟く。

「僕は、女神を称えなければならない…」

それは果たして正しいのだろうか、とふいに思う。そもそも僕が死んだのも、ルミナスが原因だ。その彼女を讃える意味はなんだろう。

「言うことを聞かなければ、僕は死んでしまう」

生き物が生にしがみつくのは、本来あるべき姿。僕は間違っていない。いない、が!

世界の滅亡。それは、僕の世界もだろうか?

「にいちゃんのバーカ」

今朝、喧嘩して別れた弟の顔を思い出す。口うるさい母、何も言わないが優しい父。

失えない…

小さな引っ掛かりは、次第に大きくなり、強く強く心に刻まれる。その瞬間、胸が熱く震え、 涙が零れた。

溢れんばかりの感情に目をつぶっていると、周囲の空気が動いた。

「お、おい、あれを見ろ」「まさか、そんな…」「間違いない。女神殺しの矛、だ」

不思議に思って見た手の中に、光の矛が一振り。

これがあれば、ルミナスを殺せる。

理由もなく悟った。しかし、それは同時に、ルミナスの庇護下にいる自分の死をも意味することであり。

「あーら、まさか、あんたが私を殺す存在だったとは」

笑いながら現れたのは、ルミナスその人だった。
この物語の目次へ

他の小説の第1話

謎の呪文ブリムーチョと謎の大地ブリフガルド

作者 ロミオ 総得点 : 0

投稿日時:

舞台は現代日本。

生涯の中で20回だけ、耐えられないウザい奴やイヤな奴が居る場合に、
(そいつが概ね加害者の場合に有効である)
(そいつが概ね被害者の場合は無効である)
祈りつつ「ブリムーチョ」と唱えると、
そいつを一瞬... 続きを読む >>

文字数 : 503 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

福音のモーラ

作者 氏号一 総得点 : 0

投稿日時:

 夏の夜空に駆ける星。僕の目はまだたくさんの光が見えていた。大人になるにつれて少しづつ消えていったように思える。ただ目が悪くなって見えなくなったと思いたいんだ。何故なら僕はまだ子供だから。キラキラした世界を夢見ていたい、そんな年だから... 続きを読む >>

文字数 : 880 投稿数 : 1 全話数 : 4話完結

待ち望んでいたモテ期がきたんだがくるの遅くね?

作者 犬神 菱 総得点 : 1

投稿日時:

俺は輝牙春希(きが はるき)普通の高校生だ。
だが今は違う、そう来たんだ。
やっと、この時が来た。待ち望んでいたんだ!俺の人生の中でおそらく大事なイベント10に入るくらいに。
その名は、モテ期。
だけど、気のせいだろう... 続きを読む >>

文字数 : 1,541 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ボクの転生物語の『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ