リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

ボクの転生物語第4話 全4話で完結

最終話・ボクの転生物語の第4話

作者 松本ゲカイ 得点 : 0 投稿日時:


 交差点は、騒然としていた。
 光の女神を殺す武器を与えられたボクと、渦中のルミナス。
「いいの? せっかく助かった、あなたの命」
 崇めるはずの女神を、この手で殺す。その意味するところに、ボクは気付いている。
 それでも、地球だってもう以前の状態では無いはずだ。
「女神様、あなたにも戦う理由があったんでしょう。でもボクの元にも、こういった牙が現れた」
 街に広がったルミナスへの憎しみ、ボクがそれに同調した瞬間、手にしていた矛。
 周囲の風景を鏡のように反射する切っ先を、彼女の白い首筋へと向ける。
「もう、終わらせましょう」
 ルミナスは、ボクにだけ聞こえるように、そっと囁く。その時に気付いた。ボクに矛を与えたのは、彼女自身だったと。
 全てが。地球で死ぬはずだったボクを生き返らせたところから、その筋書き通りだったのだろう。
 人の目が集まったここでボクに討たれれば、彼らの気持ちも少しは晴れる。元々死ぬはずだったボクも、復讐を遂げてから死ぬ。
「ごめんなさい」
 彼女の口が、そんな形に動いたのが見えた。
「……ルミナス、覚悟するんだ!!」
 ボクは彼女の肩に掴みかかり、同時に矛を突き刺した。
 二人の立つ、間の地面へ。

「いいの? せっかく助かった、あなたの命」
 ルミナスは、ボクにまた聞いてくる。
 女神を殺せる矛。その強大な力は、ボクらを見知らぬ荒野まで吹き飛ばした。
「一度、いや二度死んだようなものだから。今更気にしても」
 言いながら矛を適当に投擲すると、遠くの猛獣を仕留めた。
 それは、生き返る際にルミナスがボクに与えた能力。荒野でも労なく食料調達が可能で、解体時の切れ味も抜群、何より錆びない優れものだ。
 ボクは結局生きることを選んだ。そのためにはルミナスも生かしておかなければいけないし、また誰かに殺されようとしないか、見張っておかなければいけない。
 だから、誰もいない荒野での共同生活。本当にそのためだけか、と問われれば、答えに詰まるが。
 二人で獲物を担いで、小さな家へと向かう。
「私また、殺されそこなってしまったのね」
 また、というのは気になるところだが、そう呟いたルミナスは、微笑んでいる。
「前も結局、誰かに甘やかされてたのか? ボクはあなたのだらしなさ、絶対改善させるんで!」
「えーめんどーい」
「そう言って、家の中も既にごちゃごちゃだろ! 夕食前はまず片付けだな」
 そういえば、長い時を生きた彼女の過去については、まだ何も知らない。
 こんな晴れ渡った日の星空の下で、聞いてみるのも悪くないと、ボクは思った。

他の小説の第1話

首無し姉妹

作者 粘膜王女三世 総得点 : 10

投稿日時:

 カブトムシという生き物は、死んだ後何もしなくても首が胴体から勝手に外れてしまう。それはというのは、首と胴体を繋いでいるゼラチン状の物質が死後に壊れてしまうからなのだけれど、当時の幼い私はそれを知らなかった。だから、朝目を覚ました時飼... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,745 投稿数 : 2 全話数 : 5話完結

学校で上履きを履かない靴下生活への憧れ

作者 ロミオ 総得点 : 3

投稿日時:

私は地方都市の進学校に通う高2の圭子。
同じクラスの琴子さんを見てドキドキしている。
琴子さんは高2の最初からずっと上履きを履いていないのだ。
高1の時の琴子さんはずっと上履きを履いていたのに。
琴子さんの足元は高2の最初から... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 384 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

~東方二次創作~吸血鬼と人間の夏

作者 曙改2 総得点 : 1

投稿日時:

~プロローグ~

8月の上旬、あれは暑い暑いある日の事、俺は学校終わりにアイスを買って家に帰っていた。
学校終わりにアイスを買うのは日常になっている、家について椅子に腰掛けて特に今までとかわりない生活だった、
そう、このあと、... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 956 投稿数 : 6 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ