リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

ボクの転生物語第4話 全4話で完結

最終話・ボクの転生物語の第4話

作者 白猫 得点 : 0 投稿日時:


「…ラミナス」
「なあに?」

ラミナスは、両手を広げて艶然と微笑んだ。
風に絹糸のような金髪が流れる。薔薇色のほお、煌めく瞳。

はじめに見た残念美人の面影など欠片もない、神々しい姿。
力に満ち満ちた姿に、知れず鼓動が高まった。

あれを倒すのか、僕が?

神に逆らう反逆の徒となることに怯み、僕は視線を彼女からそらした。

「殺されたくなかったら、これからはもう力を振るわないことを誓え、よ」
「あら、優しい。けれど、それは無理というもの。人の子が、生き物を殺し、食べ、生きると同じように、私が力を振るうことは、空気を吸うように当然のこと」
「…それはっ、ちがう…」
「同じよう?いえ、一つ違う点は、私が、再生と破壊の神であるということ。破壊なくして、再生はありえない。自然の流れを悲しむのは、情に縛られた人の勝手というもの」

ルミナスは宙から剣を取り出し、一振りする。

僕の横を斬撃が走り抜け、振り返れば、そこには何もなかった。すこし前までいた、エルフも。狼男も。

「あらあら、生ぬるいことを言ってるから、たくさん死んじゃった。人の子はこういうときどんな感情を抱くのかしら?」

許せない。彼女を許してはならない!

一気に距離を詰め、矛を振り下ろす。ルミナスに剣で阻まれたが、その力は思いの外強くなかった。

女神殺しの矛。

その意味を知り、いけると心の中で呟く。

殺せ、ルミナスを殺すのだ。
殺せ、殺せ、殺せ!

ルミナスの剣を掻い潜りながら、矛を振るう。女神が目の前で少しずつ切られていくのを恍惚とともにみながら、必勝の一撃をうかがい、そのときは訪れた。

「ルミナス滅せよ」

三人の若者が、ルミナスの手足に絡みついたのだ。

「今だ!俺たちもろとも殺れ!」

矛は彼らごとまとめて、ルミナスを貫いた。その瞬間ー

ルミナスが笑った。

「あーあ、殺しちゃった。私を、神を。摂理の一部である、この私を。それが何を意味するか、思い知れ」
「?…な、なにを」

僕は体中が熱くなるのを感じた。力が流れ込むのを知る。

「神の力は、お前に移る。そうして、お前は神となる」
「なにを…」
「もうこれで、私は誰も殺さなくていい。ああ、嬉しい」

呆然とする僕に、ルミナスは恍惚と微笑んだ。

「ありがとう。そして、これからは」

君が人の子を殺せ!



「お前を倒して、この

他の小説の第1話

ヒトリカクレンボ

作者 むらさき763 総得点 : 1

投稿日時:

カンタ「一人かくれんぼって知ってるか?」
カンタは俺の小学校からの親友で高校も同じところに入った
俺「いきなりなんだよ?」
カンタ「俺さ、この間 図書室でそういう本見たんだよ、で俺んち今日親いないんだよね」
カンタはオカルトや... 続きを読む >>

文字数 : 754 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

もしも今日世界が滅亡するとしたら

作者 リー 総得点 : 8

投稿日時:

1話世界が終わる日の朝

2017年10月10日その日は突然とやってきた。朝起きていつものように学校の準備をしながらテレビを
見て居ると、いきなり番組が緊急ニュースへと移り変わった。
(緊急ニュースをお伝えします。
今日、巨... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 487 投稿数 : 5 全話数 : 5話完結

陰キャだって、陰キャなりにいろいろあるんです。

作者 くろわっさん 総得点 : 4

投稿日時:

俺、山谷 悟流(やまたに さとる)は今、人生最大級の大イベントに直面している。

「ねぇ、お話って何? 」

俺の目の前にいる、白石 緋音(しらいし あかね)に、可愛らしい声で言われた。

「あ……ええと……。... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,028 投稿数 : 4 全話数 : 8話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ