リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

私の人生を変えてくれた君に

作者 むりんぺ 得点 : 0 投稿日時:



学校に行きたくない。足が重くて動かない。でも行かなきゃ。そう思いながらまたあの地獄の学校へと歩き出した。

「おはよぉ」
席に座って、本を読んでいた私に声をかけたのは、私の一番の友だち、山口みくちゃんだ。
「おはよう!みく」
私は読んでいた本をやめてみくちゃんと話していた。
「てかまじで昨日ね川内先輩と話しちゃったんだよね!やばくない!?」
私はいつもみくちゃんの惚気話を聞いていた。みくちゃんには去年から好きな人がいる。それは同じバスケ部の先輩川内先輩だ。川内先輩はいつも笑顔で話しかけてくれるし、運動もできて、高身長で、かっこいいそんな先輩をみくちゃんは好きになったのだ。私は去年からずっと応援していた。今でもみくちゃんの恋実ってほしいなぁといつも思う。
「おーい、、席につけぇ!」
担任の先生が声をかけた。そしてあっという間に時間はすぎ、部活の時間になった。みくちゃんは今日用事があると言って部活を休み、私一人だけになってしまった。するとこっちに川内先輩が近づいてきた。
「あのっ!佐須みなちゃんだよね、、?部活終わりに話があるんだけど体育館裏で、、待っててもらえるかな?」
そういった川内先輩はピューとどこかに行ってしまった。もしかして、みくちゃんのことでの話かなッ?とワクワクしながら体育館裏へ行った。
「俺みなちゃんのこと好きなんだよね、、もしよかったら付き合ってくれないかな?」
びっくりした。川内先輩が私を、、なんで、、?緊張で声が出ない、、どう断れば、、
「ごめんなさい、、私、、先輩は好きじゃありません、、」
すごく声が小さくなった。断るのにはものすごくエネルギーがいるものなんだと初めて知った。
「わかったよ、、ごめんね、、ありがとう。」
川内先輩は悲しい顔で体育館裏を去っていった。そして次の日も少し緊張しながらも学校へ行った。
「おはようございます、、」
そういって自分の教室に入ると今までうるさかった教室が急に静かになった。そして女子たちの視線は全員私の方に向いた。それはすごく冷たい視線だった。
「え、、?」
私は動揺を隠しきれなかった。いつもはみんなおはようと返してくれるのに、、そう思っていたらみくちゃんとその周りにいた大勢の女子たちがこちらに向かってきた。
「ねぇみな!あんたみくのこと裏切ったでしょ!」
ある女の子がみくちゃんを抱きながらこっちに向かって言ってきた。
「どういうこと、、?私裏切ってなんか、、」
「私達見たんだからね、、川内先輩がみなに告ってるところ!そんで告白保留にしたんだって!?」
もう一人の女の子がまるでゴミを見るような目でこちらに言った。確かに私は告白された。でも保留になんかしてない、、!
「確かに、、告白されたけど、、保留になんてしてないっ!ちゃんと断ったよ!!」
私の言葉はみんなに届いていた、、なのに無視をした、信じてもらえないっ!そしてもう一度私に冷たい視線を送って席についた。そして昼休み、、結局誤解を解くことはできず、だれにもはなしかけられなかった。そしてトイレに駆け込んだ。
「ふぅー。どうしたら、、」
と一人で独り言を言いながらトイレに入った。するとクラスの女子達がトイレに来たことがわかった。
「ねぇまじでみなムカつかね?」
「まじそれなぁー友達の好きな人からの告白保留にするとかありえな」
「みくちゃんかわいそ過ぎッ!」
クラスの女子達が口々に言う。それを聞いていた私は今にも泣き出しそうになった。ホントは違うのに、、
「もういっそのことみなのことみんなでいじめない?」
そういったのは私の友達のみくちゃんだった。
「いいね、賛成!」
「うん!いじめよーぜ!うざいもん」
「あいつが悪いから仕方ないよなW」
私はついに泣き出した。声を抑えて。悲しかった。どうして信じてもらえないんだろう。どうして、、。いじめられる。漫画で少し見たことがあった。いじめられている子を、、、そんな風になってしまうのかと私は悲しくて悲しくて、、学校に行きたくなくなった。明日からいじめられる、、。

作者コメント

これは、私の経験を本にしたものです。少し省いているところや、変えている部分もありますのでそこは気にしないでください。いじめられている人、いじめている人に少しでも変わってくれればという思いで、今日から書いていきます。

追加設定(キャラクターなど)

佐須みな いじめられる子、
山口みく みなの友達、いじめのリーダー

他の小説の第1話

~東方二次創作~吸血鬼と人間の夏

作者 曙改2 総得点 : 1

投稿日時:

~プロローグ~

8月の上旬、あれは暑い暑いある日の事、俺は学校終わりにアイスを買って家に帰っていた。
学校終わりにアイスを買うのは日常になっている、家について椅子に腰掛けて特に今までとかわりない生活だった、
そう、このあと、... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 956 投稿数 : 6 全話数 : 10話完結

アイドルとかいう異能力の無駄遣い!

作者 †カノ† 総得点 : 1

投稿日時:

「みんなー!今日も私たちのライブに来てくれてありがとー!」
ワァッと歓声が上がり、1000を超える人々がステージ上の5人だけを見つめる。
その様子はなんだか私がカミサマにでもなって崇められてるようで、とても気持ちいい…私がアイドル... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 532 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

猫が死んだ。

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

うちに帰った。何時もなら。「にゃーん」て出迎えてくれるのに。名前を呼ぶ。気配すら無い。そうだ。縁側で日向ぼっこでもしているんだ。「ねーこー」障子を開けた。白いねこが横になっていた。「ねこ!どしたん!ぴーんとなっているよ?」返事しない。... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 311 投稿数 : 2 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

私の人生を変えてくれた君にの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ