俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏めくやひとつの区切り二千段

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「車窓より眺む通学路の柳」にはたくさんのコメント有難うございました!
「車窓より眺む」が説明、「眺む」でなく「眺むる」、単に「通学路」では懐かしさが出ない・・・、どれももっともなコメントで、まとめてお礼してしまうのをお許しください。勉強になりました。

本句は添削依頼ではなく、報告です。本日、2000段になりました。
一つの区切りと思っていましたのでご報告させていただきます。
この道場の段位は、俳句の出来ではなく、コメントについての「いいね!」で上がっていきます。
ということは、まさに皆さんのおかげということであり、あらためて感謝します。
これは単に通過点として、まだまだ続けていく所存ですので、これからもよろしくお願いします!

最新の添削

「夏めくやひとつの区切り二千段」の批評

回答者 つちや郷里

なおじいさんこんにちは。

二千段おめでとうございます!
誰の句に対しても親身になって、添削やアドバイスをしてくださるなおじいさんのお人柄がこの数字なのだと思います。
私も大変お世話になりました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夏めくやひとつの区切り二千段」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

おはようございます、いつもありがとうございます。
おめでとうございます🎉🎉すご~いですね✨私も丁度800点(段ではありません😓)になった時、末広がりで縁起がいいと思い、何か投句しようとしましたが…機を逸しました。
なおじいさんは皆さんより投句は少ないのに2000段とは、いかに多くの人の句を添削されて、またそれを指示されていらっしゃるかの現れですね!いつかのコメントで校正のお仕事をされていらっしゃるのを知り、なる程と納得しました!あの文章力は真似できません。
このサイトでなおじいさんとお会い
(実際会っていませんが😅)出来たのは、私の俳句生活で宝だと思っています。
まだお仕事もされて、こんなに多くの添削も…どうかお身体も大事にされて末長くこれからもよろしくお願いします🙇
私が2000段行くのは後20年以上かかりそうです😵寿命が持つかどうかなぁ~?

点数: 4

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「夏めくやひとつの区切り二千段」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

なおじい様、こんばんは。
おお、本当だ!(疑ったわけではないですが(笑))
凄いですね。おめでとうございます~~~!!!

私が道場に来たばかりの頃に、なおじいさんの「ゆうちゃみとみちょぱ見紛ふ花野かな」を拝見し、俳句でこんなのもアリなのか!と思うと同時に「面白い人がいるなぁ」と感じたのを今も印象深く覚えています。

いつも、なおじいさんの俳句はもちろん、他の方への丁寧でわかりやすいコメントに学ばせていただいています。もちろん私に対しても。あらためていつもありがとうございます。
なおじいさんが皆さんから慕われている理由がよくわかりますし、だからこその2,000段ですね☆

…と言いつつ最後に記念の句に突っ込ませていただいて(笑)、御句、微妙に三段切れっぽい感じがするのと、「区切り」より「通過点」かなぁと思い、
・夏めくや通過点なる二千段
でどうでしょうか。
次は3,000段ですね!

点数: 3

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

「夏めくやひとつの区切り二千段」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます。

御句。二千段ですか、いつもありがとうございます。たくさんのコメントを置かれてきたのだなと出会ったころを思い出します。

句はあいさつ句ですね。
何の二千段か句だけみてもイメージだけで景がないので、神社の階段いるとか、そういう景にして挨拶句にするのもありかも。少し飲んでまた登り出す。
ということで、アンサー句です、いつもありがとうございます💫

風あをし二千段目の踊り場へ

ほんとはなおじいさんだし
ビール干す二千段目の踊り場に
としようかと思うたけど感謝のアンサーだから。

点数: 3

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「夏めくやひとつの区切り二千段」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

なおじい様こんにちは。
二千段おめでとうございます。すごいですね!
ただ一つ、ここの方たち以外の方が読まれて、二千段の意味が分かるのか心配です。
あえて二千段としなくてもアリなのかと思いました。

夏めくや段位区切りてなほ上る

なんてのも思ったりします。普通に読めば何の段位かなと思われそうですが。
なおじい様の的確なご添削には、日頃より心から感謝しております。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 3

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「夏めくやひとつの区切り二千段」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
二千段おめでとうございます。
なおじいさんの温かいコメントには、疲れて帰った時にずい分癒されました。
ところで自分は何段なんだろうと改めて見てみたら500段にも達していませんでした。
なかなか出来ることではありません。
これからもよろしくお願いします。

・夏めくや積み重ねたる二千段

点数: 3

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「夏めくやひとつの区切り二千段」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
二千段おめでとうございます!
もうすぐ抜かれますね、というか通過点宣言!頼もしい!
抜いてってくださ~い

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「夏めくやひとつの区切り二千段」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

まずはおめでとうございます。
一人ひとり、一句いっく丁寧に指導されているなおじいさまにはいつも感服しております。これからもよろしくお願いします。

さて、御句ですが、ひとつの区切りと体言に止めて、強調されるお気持ちはお察し申し上げます。俳句の原則を取るかお気持ちをはかるか、難しいところですが、あえて前者の立場から、
"夏めくやひとつ区切りて二千段
"夏めきてそこに区切りの二千段

あくまでもご参考迄に。

点数: 2

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「夏めくやひとつの区切り二千段」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

なおじい様 おはようございます。
お世話になります。
拙句の風薫るのコメントありがとうございます。
たくさんご提案ありがとうございます。
推敲してみます。
御句
二千段おめでとうございます。
語順を変えて
夏めくや区切りひとつの二千段
いつも貴重なコメントをいただき感謝しております。これからもよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「夏めくやひとつの区切り二千段」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

なおじい様 おはようございます。
お世話になります。
拙句の窓全開のコメントありがとうございます。
漢字のほうが分かりやすいですね
ありがとうございます。
またよろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「夏めくやひとつの区切り二千段」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再訪!
いやー、活動の場所が違うだけで、いつまでも同期のげばでございます。
同期ってういうもんですよね、あいつはどこどこで部長になったあとか言いながら、自分も経験重ねてその場所で相応のひとになっていく。

だからこそ、日経でなおじいさんをさがしてしまうし、見つけたら、奥さんに、ほらなおじいさんまた載ってるで、と自慢しちゃうし。奥さんはなおじいさんファンですからねえ。今でも私は張り合ってます(*^^)
ご健吟で、よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初雀餌箱に入れるささにしき

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

社務所には奉納とあり菊の鉢

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

ハムカツはうすつぺらくて残暑かな

作者名 たーとるQ 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏めくやひとつの区切り二千段』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ