俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白き蝶白き画帳に止まりけり

作者 ケント  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

前句は、「蝶」と「翅」が近すぎました。

最新の添削

「白き蝶白き画帳に止まりけり」の批評

回答者 みつかづ

こんばんは。拙句へのコメントありがとうございました。
https://weblike-tennsaku.ssl-lolipop.jp/haiku/corrections/view/24848

解説に書き忘れましたが、「窓の外」の「窓」。実は和室の障子の窓でして、開けないと外が見えませんので、「窓の」を捨て石に致しました。
又、「しとしと」が副詞で本来は主として連用修飾語になりますので用言(動詞、形容詞、形容動詞のいずれか)に続けないと文法的におかしくなりますし、動詞「眺む」の連用形との誤読を避け「ながめ」を名詞として確定させる為、やむを得ず三段切れの最終形を選びました。

ただ、この拙句のコメントについては皆さんのコメントを、特に初心者・初級者の方にはご覧いただきたいと、三段切れや掛詞を安易に真似してほしくないと私は思っておりますので、初心者・初級者の方が安易に三段切れを用いられていらっしゃる場合には、その方にケントさんから理由と共に指摘いただけると幸いです。

これからも、どうぞよろしくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、みつかづさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「白き蝶白き画帳に止まりけり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。けり、が効いてますねえ。
いまはって止まったことに気づいた、そんな同化してる感じの発見が、けり、で伝わってきます。
普通なら色のある蝶をもってきて、画帳を彩ったみたいに詠みがちですが、そうなると類の範から脱けない。そこまでの白さに春の発見を感じました。好きな句ですねえ。

点数: 3

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「白き蝶白き画帳に止まりけり」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

ケント様。こんばんは。
白き蝶、白き画帳。蝶と帳。
よく思いつきましたね。凄いです。
止まりをりじゃなくて、止まりけりにしたのも
いい効果だと思います。
このままいただきます。🙆

点数: 2

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「白き蝶白き画帳に止まりけり」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

ケント様、おはようございます。
わー佳いですねー。すでに皆様がコメントされているのに後追いコメント失礼します(笑)。
初めて買った夏井先生の入門書にあった「けり」の詠嘆、ずっとそこにあったものに気づいた瞬間の感動であると。
まさにその詠嘆が生きていますね。

また「白き画帳」ですから、これから絵を描こうという場面であることもわかります。
どんな場所でどんな絵を描こうとしているのか、蝶をヒントに想像も広がっていきます。
素敵な句をありがとうございました。

点数: 2

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

「白き蝶白き画帳に止まりけり」の批評

回答者 笠原宏実

句の評価:
★★★★★

ケントさんはじめまして!
笠原です。本日は添削ありがとうございました!
私は初心者ですので素晴らしい句に感想など、おこがましく何も言えませんが、お礼の言葉を伝えたくコメントしました。
季重なりも分からず投稿したにも関わらず、丁寧な添削をして下さり、大変勉強になりました!これから良く勉強をして俳句を作ってみたいと思います。
本当にありがとうございました!

点数: 2

添削のお礼として、笠原宏実さんの俳句の感想を書いてください >>

「白き蝶白き画帳に止まりけり」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

ケントさん、こんばんは🙂
コメント有り難うございました✨
嬉しいです。

"やけくそ"は、句作に対してではなく、世の中に、です😢
"無頼漢の最後の拠り所"…?😔 "愛国心"ですよ😁😢

御句、皆様の評どおり、見事な句と思いました。
一読、色のある蝶々の方が、"絵になる"かな、と思いましたが、やはり類想的になりますかね…
「白き」の畳掛けで、リズムが良く、「けり」の潔さが、良いですねえ。
"このまま頂きます"です!👌

またの句を期待しております✨

点数: 2

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「白き蝶白き画帳に止まりけり」の批評

回答者 みつかづ

句の評価:
★★★★★

こんばんは。貴句、拝読しました。

きっと外でのスケッチの場面で、まだ描き始める前の段階で白蝶が止まっていた事に、今気付いたという場面でしょうけども、屋内に迷い込んできた白蝶だったとしても問題無いですし、幻想的でステキな句と私は思いました。

「けり」の詠嘆の使い方を私は存じておりませんでしたが、使い方の勉強になりました。

この句をお詠みくださり、ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、みつかづさんの俳句の感想を書いてください >>

「白き蝶白き画帳に止まりけり」の批評

回答者 やん

句の評価:
★★★★★

ケント様
 初めまして。
 私の金柑酒の句にコメントと提案句を有り難うございました。
 今、うちの庭に金柑の実がたくさんなってたので全然気付かなかったのですが、金柑は秋の季語だったのですね。
 御句、白い蝶々がヒラヒラ舞い寄って来る様が目に浮かび、春らしい素敵な句ですね。
 今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、やんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

テラス席に繋がれる犬すさまじき

作者名 いくたドロップ 回答数 : 4

投稿日時:

春暮るるくるる回転木馬かな

作者名 あらちゃん 回答数 : 7

投稿日時:

停車せぬ名も知らぬ地の冬銀河

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白き蝶白き画帳に止まりけり』 作者: ケント
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ