俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

配達のカブを停めたり天の川

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

しりとりでない今日の一句。兼題天の川で詠んどかないとねー。

天の川に見惚れて立ち止まるという句はガンガン類想ありそうかな。

叔母が新聞配達をしていたことがあり、娘2人を育てつつ昼夜の仕事でハードそうでした。深夜から大変な配達様の心安らぐ秋であればいいなあという句です。

配達のバイクを停めて天の川
切れのないパターンもありましたが、切った方が天の川が広がるような印象もあり。「見上ぐ」などを使わないように見上げてもらいたくて。実験でも大仰でもなくただただ天の川の安らぎを詠んだ句。

みなさんご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「配達のカブを停めたり天の川」の批評

回答者 イサク

こんにちは。

読後からいろいろもやっとしておりまして、でもみなさん褒めているなと思いつつ・・・
いろいろ本を確認したり、「天の川」を調べたりしてもやもやの理由を探していました。
調べるのとまとめるのとで、まる一日かかっちゃったです。

◆初秋の季語「天の川」、時間帯は深夜0時よりも前ですね(季語的に)。「早朝」と捉える読みは違う。
 新聞配達員さんは深夜帯から動いており、その意味へ誘導は可能。
 ただ「夜遅くの配達」と捉えるのが自然なので、新聞配達の景色は出しにくいかも。これは、この句に関して言えば出前の帰りでも別業種でもよいので、さほど問題ではありません。
◆上五中七は自分(運転手?)が意図をもってカブを「停めた」としています。
 で、切っているので「停めたり(自分の意志で停めた)」と「天の川」の対比になっています。
 カブを自ら意図的に「停めた」ので、受け手は各々、停めた理由を自分なりに付けますね。とするとやはり「天の川」を見るために停めたのか・・・?
 そうすると今度は中七の切れ(終止形)にやや違和感、となります。

素直に詠むならよし造様の提案句と同じ形かな・・・?
・配達のカブを停めたる天の川

あるいは「自分が自ら停めた」にこだわらなければ、切った方がよいかもです。赤信号か道に迷ったか、ふとカブを止めてしまった、あるいはそういうカブを目撃した、のイメージになります。

・配達のカブ停まりけり天の川

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「配達のカブを停めたり天の川」の批評

回答者 幸福来々

句の評価:
★★★★★

『天の川』の句のコメントありがとうございます。

狙った読みをしてる人がいて嬉しかったですw
0.004度は初めて知りました。
地球の円周が4万kmなんで、最大約秒速4kmで回ってるってことなんですね。

本句ですが、『配達のカブ』の言葉の経済効率がめちゃめちゃいいですね。
時間帯・なんの仕事か・場所がわかりますね。

私はこの人は、新聞配達という常習性のある仕事に『天の川』を取り合わせているので『天の川』を見慣れてる人だと読みました。
また、現代を読んでいることを前提とすると田舎の新聞配達員さんと読みました。
ですので、『天の川』にも気にもとめれないほどあくせく働いてると読んでしまったので、『天の川』で忙しい感じを出せるんだなぁーと思ってしまいました。

天の川に見惚れると表現するなら、助詞「に」が必要だと思います(天の川に配達のカブを停めたり)。
もしくは、擬人化になっちゃいますけど、『停めたり』を「停めたる」に変える(天の川に配達のカブを停めたり)。
でもこうした瞬間に個人的には類想感とチープになっちゃう気がします^^;

メッセージ性は別として、結果『配達のカブを停めた』ことと『天の川』を取り合わせると、直接書かれていない情報を推測できるという意味で、かなりの相乗効果があると思いました。

点数: 1

添削のお礼として、幸福来々さんの俳句の感想を書いてください >>

「配達のカブを停めたり天の川」の批評

回答者 菊水

句の評価:
★★★★★

キティちゃんの句にコメント頂きましてありがとうございました。

いつも勉強させて頂いております。
御句、一人の配達員のアップから満天の星空へググーーっと引いていく情景が浮かんで来ますね。
日々のルーティンに勤む小さな人間を壮大な夜空の対比が面白いと感じました!!

点数: 1

添削のお礼として、菊水さんの俳句の感想を書いてください >>

配達のカブを停めたる天の川

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

花もそうですが、綺麗なものに立ち止まるあるいは佇むというのは、類想感がありますが、中七でオリジナリティが出ているので、類想を脱していると思います。俳句らしい俳句です。なお、掲句は連体形を使いました。この使い方は、天の川がカブを停めたと
なるので文法的におかしいという方も多いのですが、私は好きな用法です。連体止めで軽く切れているとも読めますし、天の川の美しさが停めたとも読めます。
今朝の新聞の句評で「・・・言葉失ふ草の花」という瑞々しい句が紹介されていましたが、これも終止形か連体形か分からないところがいいです。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「配達のカブを停めたり天の川」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

「配達のカブを停めたり」で見事に状況が分かります。お仕事中であること、そんなに長い時間は眺めていられないこと、一人でいること。
描写って本当に大切なんだなとよく分かりました。勉強になります。

「車をも…」の添削ありがとうございました。
しりとりでやり取りしていたのでコメント返したつもりになっていてごめんなさい。
またもただの説明の句になってしまい、伝えたいことを表現するのは難しいなあと感じます。そしてここでリフレインなのか!と。なるほど!私のヘナチョコ句も先人の力でいいかんじに…(笑)
ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

「配達のカブを停めたり天の川」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつもお世話になってます。

御句、やられた!いい感じの、句ですね。こういうのに出会うとホッとします。有難うございます。

類想感というのでしょうか、げばさんのようなお若い方はご存知ないでしょうが、井沢八郎さんの名曲「ああ上野駅」の一節に「♪配達帰りの自転車を止めて聞いてる国なまり」というのがあります。大好きな詩です。
げばさんのもそれに通ずるところがありますね。天の川を見て「すごいなぁ」とか「見とれてる」とかとはしないところはもう名人!

私は個人的にはカブよりバイクのほうがいいかな?と思いました。確かに配達バイクはカブは定番ですが、わからない人もいると思いました。こんないい句は、少しでも多くの人にわかっていただきたいと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「配達のカブを停めたり天の川」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、「だいだらばう」句の感想ありがとうございます。

御句について。

・「カブ」か「バイク」かのどちらかとするなら、景色として「カブ」が具体的でよいでしょう…といったコメントをしようとしていたら、なおじいさんの句宛てに既に言及されてました。
・あとは、句外のこととして。新聞配達のカブということなので、この景色は未明(まだ天の川が見える時間帯で、新聞配達としては仕事真っ最中)の景色だったというのが、私の初読とは違っていた、ということくらいでしょうか。初読では、私は新聞配達はイメージしておらず、配達仕事が終わって夜になって、店に戻る途中にふと一息ついて停めたものとして読んでいました。どちらの景色が良い景色というわけでもないでしょうが。

よし造さんの提案句は良いと思います。というか、この中七連体形(だけど、意味的には下五の名詞とは切れている)の句形に挑戦してみたいなあ、と思案中です。

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「配達のカブを停めたり天の川」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

げばけばさん、こんにちは😃
配達婦さん、大変ですね😌 夜になってもまだカブに乗って…
良い句だと思いますが、ここでは、"見上げている"感じがありますね。そういう余裕もあるかな、という印象ですが、「カブを停めたり」は面白い措辞だと思います。
添削句などとはいかないので、一句

「ほろ酔いのカブを停めたり天の川」
飲酒運転で、免許取消し、ですね😉

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「配達のカブを停めたり天の川」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

げばげばさま、秋の蝶の句の添削ありがとうございました。
季重なりにならないようにと考えすぎて向日葵の表現をどのようにしようか悩んでしまいました。

御句は天の川の安らかな美しさが目に浮かぶような良い句だと思います。

点数: 1

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

「配達のカブを停めたり天の川」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございますー。
はいご指摘通り、「呼べり」で切れちゃうと、呼んだ人間の感情に焦点が行くので、老猫に反応して欲しかったからです。まぁ常識的には、切れなんでしょうけど、意図が違うので。秋麗(しゅうれい)とも読むのと、漢字にするとうららかさの中に、凛としたイメージがある気がして。(うららの時には開くことは割と一般的な気がする)

御句、幸福さんの読みがいいですねー。日常の天の川にも気にも止めない配達員

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「配達のカブを停めたり天の川」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

名も知らぬの句の添削ありがとうございました。

げばげばさまの句の添削はいつも丁寧な説明が本当に勉強になります。

精進します。

点数: 1

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

楢もみぢふみて花いちもんめかな

作者名 げばげば 回答数 : 6

投稿日時:

ふりむけど姿みえねど金木犀

作者名 いなだはまち 回答数 : 11

投稿日時:

横罫に拙句縦書き緑さす

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『配達のカブを停めたり天の川』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ