俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

うつし世は色即是空初桜

作者 感じ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

宜しくお願いします。

最新の添削

「うつし世は色即是空初桜」の批評

回答者 山口雀昭

感じさん、おはようございます。

そうです、まるで諺のようで「亀は万年鶴千年」を利用して、ダジャレで詠んだ句ですが、ご指摘ありがとうございます。

ただ、こういう句もあるんだな~と思っていただければ幸いです。

御句、色即是空初桜の一句ですが、桜と結びつけるのは如何なものかと感じます。
桜とはそのもの存在するものですから、仏教の基本の存在から離れてと私なりに解釈してみました。

添削ありがとうドざいました。参考にさせて頂きます。 雀昭

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、山口雀昭さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「うつし世は色即是空初桜」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、雰囲気のある句ですね。上五中七が観念であるなら、季語はもう少し外していくか、もっと寄っていくか。
もし花で詠むなら、初、ということばが気になりました。
うつし世は色即是空花の影

ぎりぎりまで寄せてしまいました。

逆に、もうすこし外していくのも。ここで凧とか。

うつし世は色即是空いかのぼり
うつし世は色即是空凧の糸

すいません、実景は初桜なのに、斡旋論みたいな話をして。
詠みたいことがあふれて言葉がおいつかないみたいな時ってありますよね。十七音って短い、だから魅力的。

点数: 4

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「うつし世は色即是空初桜」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

上五中七は確かにその通り納得です。ただ初桜をあれば実体はないんだよと言ってしまうと季語が立たないと思いますが。

率直な感想です。 的外れでしたらお許しのほどを。

点数: 2

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「うつし世は色即是空初桜」の批評

回答者 笠原宏実

句の評価:
★★★★★

初めまして!笠原宏実です。
添削ありがとうございました!
初心者の私には添削などはおこがましくてできませんが、お礼の言葉を伝えたく、コメントさせて頂きました。
直して頂いた句が、私の思いにとても近く素敵だなと思いました。
季重なりにも気づかず、大変勉強になりました!しっかりと勉強し、俳句を作ってみたいと思います。
本当にありがとうございました!

点数: 2

添削のお礼として、笠原宏実さんの俳句の感想を書いてください >>

「うつし世は色即是空初桜」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

蒲公英にこだわりはあるわけでなく、中七の字余りとの音数調整のつもりです。
中八下四のバターンは以前おうちで俳句で人を頂戴したので癖になっています。
”廃園の木馬に芒のふわふわ

ご参考迄に。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「うつし世は色即是空初桜」の批評

回答者 もんこ

句の評価:
★★★★★

感じさま
お礼が遅くなりました。
拙句『歳時記に』へのコメント、『に』で、一呼吸おくことで、奥行きが出る、大変勉強になります!
『ひらり』については私の思った通りに読んでいただき、感激してます。

御句
深いです。
言葉を調べました。
生きているこの世の万物の形は仮のもので本質は空であり不変のものではない。

ならば今日のこの桜は。。

とても考えさせられます。
拙い句ですが、勉強させてください。

・うつし世は色即是空花の香

宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

「うつし世は色即是空初桜」の批評

回答者 ききら

句の評価:
★★★★★

感じさま

拙句の添削ありがとうございました。
「花の屑」とはまた素敵な表現ですね。桜が細かく散らばっている風景ですね。勉強になります。ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、ききらさんの俳句の感想を書いてください >>

「うつし世は色即是空初桜」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

感じさま。お世話になっております。

▪現し世は紙一重なり花林檎
現し世も常世も紙一重であるよという句意です。
🙇

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「うつし世は色即是空初桜」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

感じ様こんばんは。
拙句『月光に』にコメント下さりありがとうございます。
ご評価いただき感謝しております。
即吟でしたので、どうなのかと思いつつ投句しました。
御句、佳いですね。
うつし世と色即是空がよく効いていると思います。
またのご投句楽しみにしております。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初蝶へ転がり駆けるブルドック

作者名 佐渡 回答数 : 2

投稿日時:

卒業す赤門の朱も見納めか

作者名 肥川 稔 回答数 : 2

投稿日時:

藁婚式桜蘂ふるオアフ島

作者名 紀州鰹節 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『うつし世は色即是空初桜』 作者: 感じ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ