俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

黄落の小径鮮やか足軽く

作者 水越里絵  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

紅葉の葉が落ちる帰り道。もうすぐ家に帰れるという嬉しさを詠みました。

最新の添削

「黄落の小径鮮やか足軽く」の批評

回答者 そうり

水越里絵さま
こんにちわ。情景が浮かびます。中七の「鮮やか」、、、どう鮮やかなのかを句に入れると、更に良くなるかと思いました。例えば韻を踏んで「黄落の小径明るし足軽し」、、、句意に沿いませんでしたらご容赦を。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「黄落の小径鮮やか足軽く」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

水越さん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

いいですね、光景が浮かびます。黄落の小径を足取り軽く歩いている姿。秋の空気感も伝わってくる一句ですね。
個人的には下五「足軽く」が、黄落の小径とはこういうものですよ、という説明の匂いがしました。

スキップで帰る小径や赤落葉

としてみました。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

囀りの真中の椅子と文庫本

作者名 みそまめ 回答数 : 1

投稿日時:

道場の師なき寂しさ花時雨

作者名 佐渡 回答数 : 21

投稿日時:

イーゼルを畳みて秋の夕焼よ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『黄落の小径鮮やか足軽く』 作者: 水越里絵
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ