俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

あけすけの令和のをとめ変わり雛

作者 ケント  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「あけすけの」は、
開かれた
解放された
自由奔放
の意で使いました。

最新の添削

「あけすけの令和のをとめ変わり雛」の批評

回答者 めでかや

この俳句を読むと、新しい時代の到来と、その中での変化と成長を感じます。まず、「あけすけの令和のをとめ」の部分では、令和という新しい時代の幕開けを象徴的に描いています。そして、「変わり雛」は、時間の経過とともに変わっていくこと、成長していくことを表していると思われます。
特に、「変わり雛」は季節の移り変わりや人々の成長を象徴していると感じます。それは、雛祭りが子供たちの健やかな成長を祈る行事であることからくるものでしょう。
全体として、新しい時代の中での変化と成長を秩序だった形で表現している美しい俳句だと思います。しかし、詩的表現は人によって異なる感想を持つものなので、他の方がこの俳句から何を感じ取るかは、それぞれの解釈による部分も大きいかと思います。

以上、チャットGPTから頂いた感想でした。

さて、ここからが私の感想になります。
『あけすけの令和のをとめ』なんとなくのイメージは付くのですが
具体的な姿が浮かんでこないので映像がボケているように思います。
なので変わり雛の姿も想像できませんでした。
・大谷の隣に無垢の変わり雛
変わり雛で詠んで見ました。隣の方の顔が想像できなかったので
無垢としてみました。のっぺらぼうやカオナシでは美しくありませんもんね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「あけすけの令和のをとめ変わり雛」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

こんにちは、いつもお世話になります、雛飾の提案句もいいですね!ありがとうございます。
助詞は本当に難しいです😓
俳句をやってると色々勉強になりますね、今回調べて内裏雛が天皇、皇后陛下まで遡ると知りました。
御句、竜子さんと同じく、あけすけが普通にはどう取られるか?と思いました。

・令和女子の選ぶイケメン変わり雛

ごめんなさい、句意が違ってきますね🙏
またよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「あけすけの令和のをとめ変わり雛」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

ケント様こんにちは。
御句これはこれで佳いと思います。
あけすけな乙女と変わり雛の取り合わせが面白いですね。
このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「あけすけの令和のをとめ変わり雛」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

ケント様 こんにちは
お世話になります。
拙句の厨のコメントありがとうございます。
ひなまつりを下五に置いて種明かしという感じに詠みました。
初心者なのでなかなか説明感なのかどうか理解していません。
ご提案ありがとうございます。
御句
上五あけすけが良いのか?私にはよくわかりませんでした。
ほがらかな令和の数多変わり雛
下手ですが、よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「あけすけの令和のをとめ変わり雛」の批評

回答者 春野ぷりん

句の評価:
★★★★★

こんにちは😊ケントさん♪お久しぶりです。
「大谷さん」の句にコメント添削ありがとうございます。ほんとお久しぶりでした。皆さん、頑張っていらっしゃって頭が下がります。
また時々おじゃますると思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
提案句頂きありがとうございます😊
わが家の猫ちゃん達、元気にしています。
ケントさんのおうちはワンコちゃんでしたね。
大谷さんのデコピン🐶ちゃんも話題になりましたね!もうすぐ猫のさかりの時期もやってきます。
ちなみにわが家の猫はみんな避妊手術を終えているので、さかりは来ませんが、春はもうすぐ。
春の妻や春の恋などの季節ですね!コメントありがとうございます。またよろしくお願いします😊

点数: 1

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

「あけすけの令和のをとめ変わり雛」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

ケントさん、今晩は😇
お酒、ちびちびとやってます、今…(笑)

雛祭り、遠くなりましたね…😢
私も姉がいるので、かろうじて家での雛壇は知ってます。

おじさんには、若い娘は"あけすけ"に見えますよ😉(笑) 令和に限ったことではありません…
まあ、若者には若者の人生があるので、私は他所ながらに見るだけです…。
良い意味で、弾けて、欲しいですね😉

「変わり雛」…は聞き慣れませんが、あるんですね。

"変わり雛"とは?
ひな人形の形式を踏襲しつつ、巷で話題になった人物や出来事をかたどって作られた人形の総称。 とりわけ、毎年末に発表されている、その年の世相を反映した変わりびなを指すことが多い。

令和の乙女…、多分これから出て来るんですよ。私は期待してます。(だって、令和は"コロナ"とやらにやられて、何にもないですもん…)

感想だけですが…
また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

中心は箸でつまむと逃げる葱

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

秋近しお腹を見せる兄貴猫

作者名 友也 回答数 : 3

投稿日時:

苺夥しゴールドラッシュのごと

作者名 鬼胡桃 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『あけすけの令和のをとめ変わり雛』 作者: ケント
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ