俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

手の甲に手の甲と書く春夜かな

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

やったあああああああ!おめでとうございます!!!🌟

最新の添削

「手の甲に手の甲と書く春夜かな」の批評

回答者 なおじい

げばさん、こんにちは。
コメント有難うございました!
律儀な息子です(笑)。

3月4月は企業の決算の関係で、この道場へもご無沙汰していました。
またまたおかえさきさんに呼びかけしてもらいました(笑)。

ちょっと落ち着いたので、これからまた、少しずつ、お邪魔しようかと思っています。
よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 4

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「手の甲に手の甲と書く春夜かな」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

草叢をとってもちゃんと宇宙が機能していますね。実景とは違いますが意図が明確です。
小生、この辺りがなかなか基本並盛一丁からぬけだせない理由がありそうです。

ありがとうございます。

点数: 3

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「手の甲に手の甲と書く春夜かな」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

おはようございます(*^^*)
私の蜜柑の句にコメントありがとうございます。

曼珠沙華どなたですかと吾に母
女正月といふといへども割烹着
風の弾く短三和音雪女
関節の曲りいとほし桜餅

私の句を良くご存じで…。
桜餅の句は忘れかけていました。
ありがとうございます(*^^*)

点数: 2

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「手の甲に手の甲と書く春夜かな」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

げばげば様、こんにちは。
拙句「蒲公英の~」へのコメントをありがとうございました。
語順も悩んでいましたが、季語を中七に置く型は除外してしまっておりました。ご提案句は中七にありながら季語が立っており、映像もわかりやすいですね!
嬉しいメッセージもありがとうございます。

追伸
推敲段階の一案で、子どもを登場させたパターンとして「子の声響(とよ)む」という措辞を考えていました。
「響く」じゃ工夫がないなぁと類語を調べて「響む」という表現を知り、使ってみようかと。それで「響む」を使った俳句を検索しておりましたら、ありました!
・響み出すキッチンタイマー梅雨の入り(2022.6.4/げばげば)
うわーげばげばさんが使っておられる!となりました(笑)。
いつも巧みな表現技法に勉強させていただいております。今後ともよろしくお願いいたします。
(御句も「手の甲に手の甲と書く」の発想、秀逸すぎます)

点数: 2

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

「手の甲に手の甲と書く春夜かな」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

げばげばさんこんにちは。
拙句、平凡の石句に好感を寄せて頂きありがとうございました。
N俳大賞句は知りませんでしたが、さすがにスケールが違いすぎますね、
太陽を平凡な星と言い切れる度量は私にはありません。
私のは、せいぜい自分のちっぽけな人生を語れる程度です。
でもたとえ、げばさん一人であっても、拙句が人の心に僅かであれ「さざ波」を立てることが出来たのであれば、もうこれ以上の喜びはありません。
(えっ、さざ波は立ってない?)
(そんなぁー!)
ここからは、最近私の感ずるところを少し聞いて下さい。
私がこのサイトに投句させて頂いている理由は、ただ添削を受けたいからではありません。
俳句の技巧的な指摘や文法についてのご指摘は、勿論勉強になります。また、このサイトでコメントの遣り取りを通じて「句友」になれた方も何人かいます。そういう人間交流の場としての意味もあります。
しかしそれ以上に、
拙句を読んだ人が
「何を感じてくれるだろうか?」いや、「何かしら感ずるものがあるのか無いのか?」
そのご意見をお聞きしたいからであります。
句の鑑賞もそこそこにして、これでどうだ!とばかりに添削や提案句を置いて行かれると、もはや興ざめしか残りませんね。
勿論、わざわざのご行為に対して感謝の返信は致しますが、、
げばさんもおっしゃっておりましたが、めいさんはその点、たまにキツイ(笑)ところもありますが、「いいものはいい。」
「ダサイものにはダサイ。」とか「物語があるとかないとか」の正直な感想を寄せてくれるので有り難く思います。
以前、げばさんも人の句を添削することの難しさを述べておられましたが、添削をするということは、まずしっかり鑑賞するところから入るべきと私は思っております。鑑賞して感想のみで終わっても良いのではとも思います。その感想のコメントの方がよっぽど貰った人は嬉しいのではと思います。
私も今後ともそういうところに気を配りながら、このサイトの句友さんとお付き合いして行こうと思っております。
誰かひとりでも、心にさざ波を立ててくれる句作りを目指します。
私事長々と申し訳ありませんでした。
またよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「手の甲に手の甲と書く春夜かな」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

げばげば様 こんにちは
お世話になります。
拙句の下校のコメントありがとうございます。
ここに載せる前に下校と上五を変えて季語も夕桜はつきすぎかなと思いさくらの別な季語で某句会に出してみました。
厳しい句会なのでどうなることでしょう。
げばげば様の添削はいつも私など思いつかない措辞がでてくるのでとても勉強になります。
これからもご指導よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「手の甲に手の甲と書く春夜かな」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

げばさんこんにちは。
翅の相棒句にコメントありがとうございました。
翅なきものを暗示致しました。
げばさんのコメントを励みにしてまた努力致します。
よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「手の甲に手の甲と書く春夜かな」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

げばげば様 おはようございます。
お世話になります。
さっそくつちや郷里様のポスト秀作のお祝いオマージュ俳句ですね。
つちや郷里様ポスト秀作おめでとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「手の甲に手の甲と書く春夜かな」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

げばげばさんこんにちは。
ついに木曜取りました!
げばげばさんのわかりやすいご教示のおかげです。
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「手の甲に手の甲と書く春夜かな」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

げばげば様こんにちは。
拙句『菜の花忌』にコメント頂きありがとうございます。
ご評価いただき感謝しております。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「手の甲に手の甲と書く春夜かな」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

げばげば様。同意です。
嬉しいです。ありがとうございます。感謝いたします。
これからもよろしくお願いします。✌️🙆

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ツーリング猪苗代湖に迫る初夏

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

入道雲へと流るる月の舟

作者名 ジャマイカ丼 回答数 : 3

投稿日時:

終電のドアに涙にかすみ草

作者名 丼上秋葵 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『手の甲に手の甲と書く春夜かな』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ