俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寒き夜のテレビの猫を観る猫よ

作者 あらちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

飼い猫がテレビに映った猫を観ていて微笑ましかった

最新の添削

寒き夜やテレビの猫を観やる猫

回答者 南風の記憶

 あらちゃん様、よろしくお願いします。

 御句ですが、「寒き夜」と「テレビを観る猫」との取り合わせがしっかりハマっていると存じます。冬の季語と猫の組み合わせ自体は、ありがちと言えばありがちですが、「テレビを観る猫」とすることでオリジナリティが感じられます。やはり実体験は強いですね!

 惜しいのが一点。他の方も書かれていますが、上五「寒き夜」は”や”で切り、季語を際立たせるのが定石です。それに伴い、最後の詠嘆の”よ”は省いた方が良さそうです。

 寒き夜やテレビの猫を観やる猫

 少しでも参考になりましたら幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「寒き夜のテレビの猫を観る猫よ」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様 おはようございます。
お世話なります。
拙句主のコメントありがとうございます。
そうですね。主おらぬの方がいいですね。ありがとうございます。
御句
面白い場面ですね。結構猫ちゃんテレビ見るんですね。
下五は見やる猫とするのはどうなんでしょうか。
上五やと切っても良いかもしれません。
提案句です。
冬座敷テレビの猫にじゃれる猫
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「寒き夜のテレビの猫を観る猫よ」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

今晩は。

猫が仲間と勘違いしテレビの猫を見るんですね。面白いシーンを詠まれた良い句だと思いますが、一点申し上げたいことがあります。

寒き夜に猫がテレビを見るだけでは季語との響きが乏しいので、猫が丸くなるとし寒き夜を描写してはいかがかと。

”寒き夜に猫丸くテレビの猫と

よろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「寒き夜のテレビの猫を観る猫よ」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃お世話になります。
はじまして、?、かな。
まあ、さて、御句。
私も、高校の頃、家で飼ってた犬が、犬が出ているテレビをみてました。
①「観る」を「見上ぐ」として、「猫」の様を少し描写したいと。
②結果、「よ」はなくなるので、上を「や切り」に。
・寒き夜やテレビの猫を猫見上ぐ
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「寒き夜のテレビの猫を観る猫よ」の批評

回答者 秋恵

句の評価:
★★★★★

あらちゃん様
コメント、有り難うございます!
そうですか、
やっぱり季語ではないのですね。
教えてくださってありがとです。

うちの猫も一生懸命
テレビを観ては
チョィチョイしてますヨォ~o(^-^)

点数: 1

添削のお礼として、秋恵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

武者すがた列燦々と風薫る

作者名 竜子 回答数 : 3

投稿日時:

やうやうに林檎の芽吹く伊那の丘

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

三十六度九分でしのぐ夜寒かな

作者名 いなだはまち 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寒き夜のテレビの猫を観る猫よ』 作者: あらちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ