俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

記念日は手帳の中に年の暮

作者 慈雨  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

1年間使った手帳にいろんな出来事が書きこまれたなぁ、というのを句にしました。
迷った点もいくつかあり、ご助言いただけると嬉しいです。

①助詞「は」「に」などの使い方、散文的になってしまっているでしょうか。
②「手帳」が今年の手帳とも、来年用の新手帳とも受け取れそう。
③『日記買ふ』『新日記』などが冬の季語として歳時記に掲載されています。また「歳時記には載っていないが『手帳買う』も冬の季語と言える」という主張もネット上にいくつかありました。
今回は単に「手帳」ですし、来年のものではないので季語として扱いませんでしたが、季節感もあり、季語と見なせる気もして迷いました。
その他の点も含め、ご指導いただけると幸いです。

最新の添削

「記念日は手帳の中に年の暮」の批評

回答者 竜子

慈雨様 おはようございます。
お世話になります。
御句の記(き)としました。間違いではないとおもいますが、慈雨様の仰るように記す(しるす)の方が良かったです。失礼しました。
それと拙句の水鳥は鳥は全般的にじっとしていない習性があり、水鳥も常に動きまわっている様子を眺めて詠みました。
くるりとしてもよかったのですが、ひょいも面白いかなと使ってみました。
水に潜る時は頭を水中ふかく突っ込み両足を空に向けます。でんぐり返るような感じでいきなり水中ふかくもぐる様です。
「ザブン」もあるかなと思いますが、自分の感覚ではありませんでした。
長々失礼しました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「記念日は手帳の中に年の暮」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

今晩は、お世話になります。
暮れになると、振り返ってあんな事こんな事あったな~と感慨に浸りますよね!私は手帳ではなく、今は3年日記を付けています。
御句ですが、記念日と日記の中の措辞が気になりました、記念日はそう多くはないでしょうし…
竜子さんの仰る通り、手帳だけでは季語ではないですね、

「できごとの溢るる手帳年の暮れ」

あまり上手くありませんね~
できごとに変わる詩的言葉がないかな~と思いましたが…😓
思いついたら再訪します、
よろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「記念日は手帳の中に年の暮」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

おっしゃる通り散文的と思います。記念日はコメントにある出来事ていいのではと思います。

とにかく主役の年の暮れに向けての表現にしたいです。
”出来事を綴り終えたる年の暮れ

あってるかどうかわかりませんが、よろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「記念日は手帳の中に年の暮」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

慈雨様 こんにちは
お世話になります。
俳句の韻文はなかなか難しいと私も感じています。
御句は切れがあった方がいいように思います。
提案句です。
一年を記したる手帳大晦日 
たるの助動詞は完了たりの連体形です。
一年を記せる手帳や大晦日
るの助動詞も完了りの連体形です。
手帳だけでは季語ではないと思います。季節性がないからだと思います。
季語はネット情報でなく歳時記を使った方が句会などに投句した時安心です。
私は古文も苦手なのでいつも辞書を手元おいています。
日記買ふの季語の傍題に古日記がありますよ。
大晦日の季語が良いのか自信ありませんが、よろしくお願いします。
長文失礼しました。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「記念日は手帳の中に年の暮」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

初めまして。慈雨さま。素敵な俳号。

さて、御句。
ぶっちゃけると、当たり前のことを詠んで、感動は、あるか?
詩は、あるか?と感じました。

▪擦り切れた手帳の角や年の暮

提案句です。
また、よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「記念日は手帳の中に年の暮」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

再訪です。

すみません。中七以降は良いのかもしれません。物の描写として手帳は存在感があります。中七以降は出来ているんでしょうか。

ちょっとひっかかったのは”記念日”かも。これを”あれこれと”として形のある物の”手帳”で受けると安定感がありますね。
主題が年の暮れで副題が手帳という構成ですね。

”あれやこれ手帳の中に年の暮れ
”よもやまの手帳の中や年の暮れ

上五のもっと良い措辞がないかなという思いです。

今後ともよろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「記念日は手帳の中に年の暮」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

慈雨さん、こんにちは。
御句拝読しました。

・記念日の溢るる手帳年の暮

これを提案句としてコメントしようと思っていましたが、歯医者さんの予約時間になったので中断。
いま、診療が終わって見てみましたら、なんと、おかえさきさんに先を越された!(笑)

悔しいですが、私は記念日のままで。なぜなら、年を取るとなんでも記念日にしてしまうのですよ。サラダ記念日ではないですが(笑)。

これを、

・思ひ出の詰まりし手帳年の暮

とかにすると類想ですね。

でも、一年の終わりに手帳を見て一日一日、たくさんの記念日が詰まっているなぁというのは感慨深いですね。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雪払ふ翁の肩に積もる雪

作者名 あらちゃん 回答数 : 2

投稿日時:

晩夏にて遠い世界が日常へ

作者名 Giorgio 回答数 : 0

投稿日時:

饒舌な夫の沈黙たまご酒

作者名 竜子 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『記念日は手帳の中に年の暮』 作者: 慈雨
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ