俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

洗剤の残りのわずか秋時雨

作者 春野ぷりん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんばんは😊前回の句「男飯」の句にたくさんのコメント添削ありがとうございました!句作する上での工夫やヒントを頂き感謝です。全てのコメントに返信できず、こちらで改めてお礼を申し上げます。
さて、「秋時雨」で一句。残りわずかの洗剤と取り合わせました。中七の「は」にすると
・洗剤の残りはわずか秋時雨
“散文的“から脱出できず悩みどころです。
よろしくお願いします😊

最新の添削

「洗剤の残りのわずか秋時雨」の批評

回答者 なおじい

春野ぷりんさん。こんにちは。
御句拝読しました。
ずっとコメント考えていましたが、なかなかまとまらず、時間がかかりました。

私は個人的に、なぜ洗剤なのか?洗剤から始めなくてはダメだろうか?洗剤から始めるとして、その後の助詞は「の」なのか?
とか、そんなことを考えていました。

そこでまず思いついたのが、洗剤を他のものに替えさせてもらおうかと。

・柔軟剤残りのわずか秋時雨

これからセーターとか増えて、柔軟剤が必要な季節なのに、いま見たら少ししかないよ…という感じです。

でもなぁ、作者が洗剤とおっしゃっているのに勝手に柔軟剤はどうかな…と思い、次の提案句です。

・残りたる洗剤わずか秋時雨

洗剤を後の方に移動させたら、個人的に少し落ち着きました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「洗剤の残りのわずか秋時雨」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

こんばんは😃🌃
かぬまっこと申します。
俳句の形としては出来ていると思います。
ただ、季語が動くように思います。
雨の日は洗濯はしようと思いません。
なので、こんなのはどうでしょうか。

洗剤の残りのわずか秋晴る

点数: 2

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「洗剤の残りのわずか秋時雨」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

ぷりんさんこんばんは。
フライ食う、気にいって貰えてなによりです。
貴句も主婦目線のいい句と思います。晴れていたので洗濯しょうとして、洗剤のボトルを持ち上げたら軽い!あっ足りない!
一瞬で分かった。ああ~あ。
今日はやめとこっと。作者がそう思ったとき、運良く外は急な雨。やっぱり止めて正解だったわと自分に言い聞かせる作者であった。なんてね。
ところが雨はすぐに止んで、また晴れるのであった。残念!
中7を名詞止めにすると、少し散文感がなくなるかなと思いました。

あとわずか足りぬ洗剤秋しぐれ

秋しぐれ洗剤わずか残りしが

どちらもイマイチですが
お許しを。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「洗剤の残りのわずか秋時雨」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。いつも丁寧なコメントいただきありがとうございます。

さっそくながら「残りのわずか」について一言。

やはりこの表現は主観、説明だと思います。その背景にあるのは、底の見える箱、その箱が軽い、振ったら音がする、などの事象でしょうか。ということで、
”洗剤の箱のカサカサ秋時雨”

「カサカサってなんのこと」、とちょっと謎めかすのはいかがでしょうか。

今後ともよろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「洗剤の残りのわずか秋時雨」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

春野ぷりん様  おはようございます。
お世話になります。
しぐれだから洗濯はどうするかな?洗剤もすくないし・・・
提案句です。
洗剤も残り少なし秋しぐれ
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「洗剤の残りのわずか秋時雨」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

春野ぷりんさん、もんじゃ焼きの拙句にご意見ありがとうございました。
二人で行った横丁の風呂屋~♪ 神田川じゃないですが、なんとなく横丁って
使ってみたくて、もんじゃ焼き屋が合いそうな気がしたもんですから・・・。(^^ゞ

御句。洗剤が残り少ないので買いに行きたいけど外は雨だしどうしようかな、と
いう感じでしょうか。洗濯用とは言ってないので食器用洗剤かもしれませんね。
・洗 剤 を 買 い に 行 き た し 秋 時 雨
・残 り 少 な き 洗 剤 や 秋 時 雨
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

甲子園投げてた春のサウスポー

作者名 鳥田政宗 回答数 : 2

投稿日時:

畝高く凛と列なる千住葱

作者名 そうり 回答数 : 2

投稿日時:

のほほんと生き生きてきて雪間草

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『洗剤の残りのわずか秋時雨』 作者: 春野ぷりん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ